警察官でもできる副業できるの?バレずにできる副業5選を紹介

警察官でもできる副業できるの?バレずにできる副業5選を紹介

警察官は公務員ですし、リスクが伴う仕事なので、できればこの仕事に専念したいと考える人も多いでしょう。

とはいえ警察官をしていても、その給料に納得できないということもありますよね。

このご時世、公務員といえども収入に不満を感じている人は多いものです。

しかし公務員の鉄の掟として、「副業は禁止」というものがあります。

そうなると他に仕事をするわけにもいきませんから、給料に不満を持っていてもどうすることもできずにストレスを抱えてしまうこともあるでしょう。

しかし、実は100%副業がダメというわけでもないのです。

警察官とはいえども、条件さえクリアしていれば副業をすることはできます。

ということで今回は警察官の副業について紹介していきます。

結論から言うと、警察官に最もおすすめな副業はスマホdeマネー。

LINEだけで登録でき、非常におすすめなので、まだ登録していない方は今のうちにしておきましょう!

\スマホだけの簡単副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

警察官って副業をしても大丈夫なの?

警察官の副業は大丈夫?

「警察官が副業?それってやばいんじゃ…」なんて思う人もいるでしょう。

確かに基本的に公務員というのは副業が禁止されている職種ではあります。

しかしそうはいっても、条件さえ満たしていれば副業ができる場合もあるのです。

基本的に課税の対象となる額を稼いでしまうと、それは副業とみなされてしまいます。

課税の対象になるのは年収20万円を超える場合なので、20万円以下の収入であれば所得は発生せず、副業という扱いにはなりません。

そのため、警察官でも年間の所得が20万円を上回らなければ、仕事をしてお金を稼いでも問題ないのです。

ただこれはもし仮に少しでもオーバーしてしまった場合に課税の対象となって罰則が課せられることがあるので、注意が必要です。

きちんと計算をして、年間20万円以下に収入を抑える必要があります。

警察官が副業をするメリット

副業をするメリット

警察官を副業をすることには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

収入が増える

本業として警察官を行っていても、他に収入を得ることができれば、単純に考えて自分の貯蓄や資産を増やすことができます。

警察官の給料だけでは満足できていないという場合でも、年間20万円までということであれば、月に1〜2万円はプラスでもらうことができるというわけです。

警察官は体力を使いますし、常に危険との隣り合わせの生活になります。

そのため一般的な仕事を比べると高い給料をもらえることもありますが、それでも不満に感じてしまうことはあるでしょう。

月単位にすると微々たる額の副収入かもしれませんが、副業で収入を得ることができれば、自分の生活をより潤すことができます。

他分野の知識がつく

警察官の仕事というのは、案外ルーティーンワークも多いものです。

そのため毎日続けていると、刺激が足りなく感じてしまうこともあるでしょう。

もちろん緊急性を要する事態に直面することもありますから、そのような時のために日々鍛錬をしておくことも大切です。

ただ、警察官はケースバイケースで対応をしなければならない事態というのもやってきます。

そのような場合に他の仕事で得た知識を役立てることができればさらに仕事もうまくいくでしょう。

副業をすることで他のジャンルの仕事の知識を得ることができれば、それを本業である警察官の業務に役立てることができます。

その結果、難しいと思われていた問題でもすんなり解決できるなど、様々な効果が期待できます。

このように他で得た知識を生かすことができるのが、副業の大きなメリットです。

警察官が副業をするデメリット

副業をするデメリット

警察官はルールさえ守れば副業をすることも不可能ではありません。

しかし国家公務員として働いている以上、副業を行うことでなんらかのトラブルに発展してしまうこともあるので、注意してください。

ということでここからは、警察官が副業をする際のデメリットについて紹介していきます。

規約を超えた副業をすると厳罰がある

警察官が副業をする時の原則として、年間20万円までの収入に抑えること」が絶対です。

他の仕事であればたとえ規約を破ってしまってもさほど大きな罰にならないこともありますが、国家公務員である警察官の場合はこの規約を超えると大問題になってしまいます。

警察官としての将来を絶たれてしまうリスクもあるので、規約については今一度しっかりと確認をしておきましょう。

懲戒免職や懲戒解雇などの厳しい罰が課せられることもあるので、副業をしようか迷っている警察官の人はしっかりと考えてからにしてください。

一ヶ月にどれくらいの額までであれば規約違反にならないのかということをあらかじめよく計算した上で、副業を始めることが大切です。

そうでないと自分の将来にも大きなダメージを与えてしまう可能性があります。

業務に支障をきたす恐れがある

警察官は常に危険と隣り合わせの仕事です。

事件があれば現場に駆けつけなければなりませんし、緊急性を要する事態に直面することは多くあります。

副業をして副収入を得たい気持ちもわかりますが、そちらにばかり没頭してしまうと、肝心の本業で緊急な事態に直面した時に即座に動けないこともあります。

副業で無理をしすぎて心身ともに疲れてしまうと、本業へのモチベーションを保つことも難しくなってしまい、様々な弊害が生まれることもあるでしょう。

そのため、副業をする際には本業に支障のない程度の負担でできるものを選ぶことが大切です。

そのためには、次に紹介するネット副業などを選ぶと良いでしょう。

警察官におすすめ副業

警察官におすすめ副業

警察官でも副業をすることはできますが、副業選びに失敗すると自分を苦しめてしまうことになります。

本業に影響を与えにくく、隙間時間にできるおすすめの副業をピックアップしたので、おすすめ副業の記事と合わせてチェックしてみてください。

副業アプリ

スマホdeマネー

副業アプリは、基本的にスマホやパソコンがひとつあれば行うことができます。

操作自体も非常にシンプルで簡単なものなので、ハードな作業をして本業に影響を与えてしまうこともありません。

基本的に隙間時間に行うことができるので、本業にしっかりと集中しながら、空いた時間に効率的に稼いでいくことが可能なのです。

副業アプリにも様々な種類がありますが、おすすめはスマホdeマネーです。

これはスマホが1台あれば誰でも気軽に始めることができますし、操作も簡単なのでスマホの基本操作ができれば問題なく始めることができます。

\スマホだけの簡単副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

アフィリエイト

そもそもアフィリエイトって何?

アフィリエイトは、ブログに広告を貼り付けてそこから収入を得ることができるものです。

最初はなかなか注目が集まらずにクリック率なども低迷しがちですが、継続していくことで次第に読者も増えやすくなり、収入も増えていきます。

ただアフィリエイトは人気が出るとどんどんクリック率が上がって収入が増えるので、警察官の場合は年間の20万円以下という副業の収入条件を守れるように管理してく必要があります。

不動産投資

不動産に投資をして、お金を稼ぐ方法もあります。

最初に少しお金はかかってしまいますが、マンションなどを購入してそれを他者に貸し出すことで、毎月安定的に家賃収入を得ることができるのが大きなメリットです。

ただこれも毎月コンスタントに収入を得ることができる分、年間の収入が20万円を超えないように調整していく必要があります。

知らない間に20万円を超えていた!なんていうことになると非常にまずいので、事前にきちんと計算をしておきましょう。

株式投資

株式投資

企業の株を購入してその配当を受け取ることができるのが、株式投資の醍醐味です。

慣れるまでは稼ぐためのコツが習得できずに悩んでしまうこともあるかもしれませんが、こればかりは体で覚えていく必要があります。

ある程度ノウハウが身についてけば、自然と稼げるようになっていくので、さほど心配をする必要はありません。

何よりもコツコツと続けていくことが大切なので、株式投資を迷っている人は少額からでもいいので毎日練習するクセをつけてください。

FX

FX

FXは日本円と外貨の価値を見極めてトレードすることで、収益を得ることができるものです。

チャートの見方などについては株式投資と同じようなシステムなので、こちらに慣れている人であればさほど苦労はしないでしょう。

バイナリーオプションなどの初心者向けのジャンルもあるので、やり方がよくわからないという場合には、まずは初心者向けのサービスから始めてみましょう。

こちらも継続していくことで次第に稼ぐためのポイントなどが理解できるようになってきます。

FXでの副業の記事もご参考ください。

警察官の副業に関するQ&A

Q&A

警察官が副業をすることについて、まだ少し疑問を感じている人もいるでしょう。

そこでここからは、警察官の副業に関するQ&Aを紹介していきます。

絶対にバレない稼ぎ方を教えてください!

警察官たるもの、副業は絶対に会社や組織に知られるわけにはいきません。

外で働いてしまうと知り合いに見られてバレてしまう可能性がありますが、スマホdeマネーなどのネット副業であれば自宅でできるので、誰かに知られるリスクが低いです。

また、年間20万円を超える利益を得てしまうと申告の必要が出てきて税務署から勤め先に連絡が行く可能性があります。

そのため、利益は年間20万円以下というのを徹底的に守るようにしましょう。

なぜ公務員は副業をしたらダメなの?

そもそも、どうして公務員に副業が禁じられているのかという点を疑問視している人は多いものです。

公務員が副業をしてはならない理由は法律で定められており、大きく分けて以下の3つあります。

①信用失墜行為の禁止

バレた際に本人だけでなく会社や団体の信用ががた落ちになってしまうこと

②守秘義務

本業の秘密事項が外部に漏れないようにすること

③職務専念の義務

副業による心身の疲れによって、本業に支障が出ることを防ぐこと

どれも国家公務員としては大切なことなので、副業は業務に支障が出ない程度に抑えることが大切なのです。

【まとめ】警察官って副業をしても大丈夫なの?メリットデメリットも紹介!

副業をしても大丈夫なの?

今回は、警察官が副業をしても良いのかということについて紹介してきました。

原則的に警察官は副業が禁じられていますが、課税の対象となる額を超えなければ、副業で利益を得ても罰則はありません。

とはいえ警察官はリスクと隣り合わせの仕事なので、副業を選ぶなら本業に支障をきたさないように手軽にできて心身の負担が少ない仕事を選ぶことが大切です。

上手に副業選びをして、効率的に稼いでいきましょう。

警察官の方はスマホdeマネーという副業サービスを使うのがおすすめ。

まだ登録していない方は今のうちに登録しておきましょう!

\スマホだけの簡単副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*