アクセンチュアは副業できる唯一の外資コンサル!詳細を詳しく解説!

アクセンチュアは副業できるの?就業規則やOKな理由を紹介!

日本で有名な外資系コンサルと言えば、どの企業が思い浮かぶでしょうか?

ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)や、ベイン・アンド・カンパニー(Bain & Company)などが有名ですが、アクセンチュアも1995年に日本事務所が設立し成功を収めている企業です。

外資系コンサル企業は、一般的な日本人の平均年収よりも高い傾向にあり、アクセンチュア社員の平均年収も800万円〜1,000万円と言われています。

そんな高給料のアクセンチュア社員が、副業OKとされているという話を聞きました。

そこで「アクセンチュアは正式に副業を認めているのか?」に重点を置き、記事にまとめます。

合わせて、外資系企業の社員に人気の副業もリサーチしています。

この記事を読んでわかること
・アクセンチュアは正式に副業を認めているのか?
・副業をするメリットとデメリット
・アクセンチュア社員におすすめの副業
・アクセンチュア以外で副業ができる企業

この記事を読んでいるという方は、少なからず副業をすることに興味をお持ちでしょう。

とにかく、早く実践できる副業を探しているという方や、副業をするにしても何から始めれば良いかわからないという方には、初心者でも無料で副業を紹介してくれるスマホdeマネーを紹介します。

ラインで無料登録する事で、副業案件を紹介してくれるサイトです。

\スマホだけの簡単副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

アクセンチュアは副業を認めている?

副業を認めている?

外資系企業で副業をOKとしている企業はありますが、外資系コンサル企業は副業を認めているところは少ないです。

アクセンチュアは外資系コンサルとして有名な企業の1つです。

社員の平均年収が800万円を超えるというデータもありますので、従業員は本業で十分と言える収入があると言えるでしょう。

そんなアクセンチュアは、副業をOKしているのでしょうか?

実態に迫っていきます。

アクセンチュアは副業OK

結論からいうと、アクセンチュアは副業を認めています。

外資系コンサル企業では社内規則として副業をNGとしている企業が多い中、アクセンチュアは数少ない副業を正式に認めている企業です。

ただし、何も言わずに副業をして良いという訳ではなく、事前に申請をする必要はあります。

副業をするのであれば、事前に申請をし、許可をもらったうえでスタートするようにしましょう。

副業の許可をもらい、いざ副業をしようと考えた時に、「何をすればよいかわからない」という方もいるかもしれません。

そのような方には、スマホさえあれば簡単に始められるスマホdeマネーをおすすめします。

登録も完全無料で、すぐに始めることができます。

\スマホだけの簡単副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

日本全体で働き方改革が起きている

2018年1月、日本厚生労働省のモデル就業規則から、「許可なく他の会社等の業務に従事しないこと」という規定がなくなりました。

これにより世の中の企業の風潮としては、副業に対して寛大になりつつあると言えるでしょう。

それでもまだまだ副業を認めていない企業もあるのは事実です。

企業側が懸念している点は「本業がおろそかになる」という理由なのでしょう。

もしくは、これは建前であり「優秀な社員にやめてほしくない」という考えの企業もあるかもしれません。

しかし、企業側にも副業を解禁するメリットがあると言われています。

副業を解禁することで、従業員のスキルアップに繋がり、結果的にさらに優秀な人材の集まりになるとも言えるでしょう。

また、企業側が懸念する離職ですが、副業をすることで離職率が下がるという報告もあるのです。

このような背景から、今後さらに副業OKの企業が増えていくことが予想されています。

アクセンチュア社員が副業をするメリット

副業をするメリット
2019年の国税庁の調査によると、日本人の平均年収は約441万円とされています。

それに対して、外資系コンサル企業として有名なアクセンチュア社員の平均年収は800万円を超えるというデータがあります。

アクセンチュアの従業員は、日本人の平均年収をはるかに上回る年収を得ているということです。

アクセンチュアは正式に副業を認めている企業ですが、本業で十分と言える給料をもらっているアクセンチュア社員の副業をするメリットとは何なのでしょうか?

ここではアクセンチュア社員が副業をするメリットとデメリットを紹介します。

スキルアップに繋がる

副業をすることで1番にあげられるメリットは、「個人のスキルアップ」ではないでしょうか?

本業を確保しつつ、別の業種のビジネスモデルを知ることができるのは貴重な経験です。

従業員を続けるにしても、いずれ独立をするにしても、その経験は大きな財産となります。

また、副業をすることにより、その分の収入は上乗せされ、収入が増えれば自信にも繋がっていきます。

それが本業の成果アップにも繋がっていくというのが、もっとも良いサイクルと言えます。

副業をする事で、個人のスキルアップにつながるというメリットには、異論の余地が無いでしょう。

スキルアップに繋がる副業は、こちらの記事で紹介しているので合わせてご一読ください。

独立につなげる事ができる

副業で得た経験から、独立してビジネスをするビジョンが見えることもあるでしょう。

「本業の収入より副業の収入を超えて独立した」という話も、たびたび耳にした事があります。

独立を夢みていて、副業で十分な収入を得られているのであれば、独立する背中を押してくれます

将来、独立をしてみたいと考えているアクセンチュアの社員は、申請をした上で副業からスタートするのが良いでしょう。

どのような業種で独立したいのか、明確でない場合もあるかと思います。

様々な業種を知ることで、将来どの業種で独立したいのか、考えもまとまっていくことでしょう。

その副業で成果を出し、精神的に余裕を持って独立することをおすすめします。

アクセンチュア社員が副業をするデメリット

副業をするデメリット

副業がOKな企業であれば、「副業をすることにデメリットなどあるのか?」と考える方もいるではないでしょうか?

収入が増えてスキルアップにも繋がるのが副業なので、デメリットを連想するのが難しいのも無理はありません。

しかし、副業をすることのデメリットが一切無いとも言い切れません。

ここでは、アクセンチュア社員が副業をすることで考えられるデメリットをご紹介します。

本業に支障が出ることも

アクセンチュアの従業員の年収は、日本人の平均年収を大きく上回っております。

アクセンチュアは外資コンサルであり、働き方改革が進んでいるとはいえ、プロジェクトの繁忙期はとても副業なんてしている暇はありません。

基本的に本業に集中して、プロジェクトがひと段落した、いわゆるアベイラブル期間に副業することをおすすめします。

申請しないと副業できない

アクセンチュアは副業をOKとしていますが、事前に申請をする必要があります

せっかく副業をOKとしているのであれば申請をして堂々と副業をするべきです。

しかし、申請をして副業をすることで、より会社への貢献度の目が厳しくなるという側面はあるでしょう。

例えば、本業でミスをしてしまった時に、「副業をしているからそのようなミスが起こったのではないか?」と考えられてしまうかもしれません。

会社への貢献をした上で、副業に取り組むという姿勢が大事です。

最初は本業の妨げにならない、お手軽な副業から始めるというのもおすすめです。

アクセンチュア社員におすすめの副業

おすすめの副業

アクセンチュア社員は申請さえすれば副業をスタートすることができます。

それでも、初めて副業を探すという方であれば、何から始めようか迷う方もいるのではないでしょうか?

副業に関して調べていくと、外資系従業員に人気の副業があるということもわかります。

ここではアクセンチュア社員におすすめの副業を紹介します。

おすすめの副業の記事でもたくさん、副業を紹介しているので、自分にあった副業を見つけてみましょう。

スマホ副業

スマホでマネー

副業と言っても、数多くの業種があります。

その中でも最初はスマホのみで完結できる副業が始めやすいのではないでしょうか?

スマホdeマネーは、スマホやタブレットがあれば始められると公式HPに記載されています。

まずラインで無料会員登録を済ませると、スマホ1つで完結する副業を紹介してくれるという触れ込みです。

登録は無料なので、情報をもらってから判断しても構いません。

初めての副業ということであれば、大きく稼ぐ事ができなくても、小さな成功体験を積むことが近道です。

公式HPにも完全無料で紹介と記載がありますので、まずは登録してみてはいかがでしょうか?

\スマホだけの簡単副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

株式投資

外資系企業に勤めている方には、投資系の副業が人気というデータがあります。

日本人の平均年収よりも、外資系企業の平均年収の方が高いというのも、投資系が人気な理由の1つかも知れません。

投資系の副業と言えば

・FX
・仮想通貨
・不動産投資
・株式投資
・etc…

この中でも長い歴史があるのが株式投資です。

シンプルに、株価が安い時に株を買い、株価が高い時に売却することにより利益を出します。

証券会社に口座を作りさえすれば、簡単に始められるのも特徴です。

株式投資の勉強をした上で実践し、長く稼いでいる人も多いです。

勉強するのが苦ではなく、コツコツ続けられる人には、株式投資をおすすめします。

アクセンチュア以外にも副業ができる企業

副業ができる企業

厚生労働省が副業解禁としたことで、副業OKとしているところが増えてきています

今では、「副業禁止は時代遅れ」という風潮すらあります。

アクセンチュア以外にも、副業を正式に認めている日本の大企業もあります。

ここで、いくつか日本の企業で副業OKな企業を紹介します。

ソニー

日本の大手企業、ソニー(SONY)も副業を認めています。

ソニー公式HPを見る限り、2015年以降に兼業、副業を推進する制度を加えたと記載があります。

事前申請は必要ですが、副業はOKな企業です。

実際にソニーに在籍しながら、自身の会社を立ち上げ成功されている方がいます。

起業家の正能茉優さんは、ソニーの社員でありながら、株式会社ハピキラFACTORYの代表取締役として活躍されています。

ソニーに社員としての席を置きながら、様々に分野にチャレンジできるという仕組みは素晴らしいと評価を受けています。

このようなケースで成功している方がいるということは、今からチャレンジしようと考えている方の背中を押してくれる事でしょう。

ソフトバンク

日本を代表する起業家、孫正義さんが代表を務めるソフトバンクも副業を解禁しています。

2017年11月から、かつての副業の原則禁止を改定し、副業を認める姿勢になりました。

ここには、「従業員個人の成長」という考えがあるようです。

副業をする条件に、「本業に支障を出さない」という条件のほか、「従業員の成長に繋がること」という条件も加えられています。

従業員の成長がソフトバンクの成長にも繋がるという考えが、副業解禁の背景にあります。

ソフトバンクの副業事情はこちらの記事でもまとめているので合わせてご一読ください。

【まとめ】アクセンチュアは副業を認めている

副業を認めている

外資系コンサルとして有名なアクセンチュアは副業を認めている企業です。

アクセンチュアに限らず、日本の大企業も徐々に副業を良しとする風潮です。

ここには、「従業員の成長が企業の成長にも繋がる」という考えが共通して見えてきます。

本業をおろそかにしないというのは前提にありますが、時代の流れとともに副業に対しても寛大になってきています。

副業をする従業員側には、「いざという時に自分で稼げるようになっておかなければならない」という考えもあるでしょう。

本気で仕事に向き合えば、それはスキルアップに繋がります。

副業をすることで、スキルアップする機会が増えることになるので、副業OKの企業に勤めているのであれば、チャレンジする価値があると言えるでしょう。

その経験を会社に還元できる副業、自身にあった副業、独立に向けての副業など、様々な選び方があります。

もし、何から初めて良いのかわからないということであれば、情報収拾も兼ねて無料で始められる副業をおすすめします。

\スマホだけの簡単副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*