弁護士は副業をしても大丈夫?弁護士でもできる副業を紹介!

弁護士は副業をしてもいい?弁護士でも許可されている副業を紹介

弁護士はもともと高収入な職業の代名詞でした。

それは今でもある程度維持されていますが、ワーキングプアと揶揄されるほど稼げない弁護士も出てきた事実も一部であります。

そのような状況の中「弁護士の仕事だけでなく、副業でも稼ぎたい」と思っている人は少なくないでしょう。

この記事では、そのように副業を考えている弁護士の方におすすめのお仕事を紹介していきます。

また、弁護士の副業のルールなど、関連知識もまとめていきます。

これから副業を始めたいと思っている弁護士の方には、きっと参考にしていただけるでしょう。

結論から言うと

  • 弁護士の副業は、弁護士会に届け出が必要。
  • 一般的な副業はほとんど許可が出る。
  • おすすめの副業は、家調・プチ起業など10種類。
  • どの副業でも稼げるが、一番稼ぎやすいのはスマホビジネス。
  • 一般人でも稼げるが、弁護士の能力があればさらに稼げる。
  • 当サイト「副業のすすめ」が選んだ1位のビジネスは、下の画像か「人気急上昇中のオススメ副業」をタップしてチェックしてみよう。

Life-guide副業のすすめ一押しのスマホ副業はこちら

\副業のすすめ一押し!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

弁護士は副業をしてもいいの?

弁護士は副業をしてもいいの?

弁護士は副業してもOKです。

ただし、所属する弁護士会に届出をするというルールがあります。

これは弁護士法第30条に定められています。

一応弁護士会の許可が必要ということで、不許可になる可能性もゼロではありません。

しかし、よほど問題のある副業でなければ許可され、実質届出のみとなっています。

何にしても、届出だけは必ず必要です。

そして、副業をしている弁護士は、営利業務従事弁護士名簿にその事実を記載する必要があります。

この名簿は弁護士会が保管していて、誰でも閲覧できるようになっています。

つまり、副業をしていることは弁護士会の名簿でバレるということです。

見るような人はめったにいないでしょうが、一応その点だけ理解しておきましょう。

弁護士の副業を選ぶポイント

弁護士の副業を選ぶポイント

弁護士が副業を選ぶとき、どのようなポイントに注意して選ぶべきかという点も気になるでしょう。

ここでは、弁護士の副業探しのポイントを解説していきます。

届け出が必要な副業か

まず、届出が必要な副業かどうかを考えます。

たとえば、投資業務は資産運用の範囲内であれば届出不要とされています。

明確に決まっているわけではありませんが、たとえば定期預金は明らかに不要です。

同じように、iDeCoで運用する利率がやや高めの定期預金も、おそらく不要といっていいでしょう。

実際、iDeCoで定期預金を運用している弁護士のほとんどが、それに関する届出をしていないでしょう。

このように「資産運用の範囲内」であれば、基本的に投資でも届出は不要です。

そして「明らかに投資業という事業である」とみなされるレベルになったら、必要となります。

同じ副業の種類でも、このように「レベルによって異なる」こともあるものです。

そうした点も踏まえて、届出が必要な副業かどうかを最初にチェックしましょう。

いくらぐらい稼ぎたいのか

これは弁護士の本業に支障が出ないようにするため、特に必要なことです。

たくさん稼ぎたいならたくさん副業をするべきといえます。

しかし、そもそも副業の内容によっては弁護士の本業の方が圧倒的に稼げるでしょう。

それでも「本業が固定給」などの場合に、副業を考えるのだといえます。

だとしたら、副業をして稼ぐにしても本業に影響が出ない程度にすることが必要でしょう。

どの程度副業をするかは、稼ぎたい金額にもよるので、まずそれを決めることが必要というわけです。

どれくらいの時間を使えるのか

稼ぎたい金額が「希望」なら、こちらは「現実」といえます。

たくさん副業をして稼ぎたいけど、実際に使える時間はないという弁護士の方もいるでしょう。

自分が使える時間をまず明確にし、その範囲で問題なくできる副業をチョイスすることが必要です。

ドラッカーが成果を出す人はまず時間からスタートするという有名な名言を残していますが、それと同じです。

時間簿などを簡単につけて、どの程度の時間を捻出できるか考え、そこから副業を探しましょう。

弁護士におすすめの副業10選

弁護士におすすめの副業10選

ここでは、具体的に弁護士におすすめできる副業を10種類紹介していきます。

いずれも弁護士であれば特に稼ぎやすい内容なので、おすすめ副業の記事と合わせてご参考ください。

家調

家調

家調は、専門調査員がゼロ円で自宅の診断やお見積をしてくれるというサービスです。

これによってまだもらっていない保険金をもらえる可能性があります。

たとえば自然災害で屋根が凹むなどのトラブルが起きている家もあるでしょう。

その場合、本来地震保険や火災保険などの保険金をもらえるのです。

しかし、これを申請していなくてもらっていない家が多いわけですね。

それを調査して、もらえる保険金はすべてもらえるように申請してくれるのが家調です。

もちろん、普通に家を調査してくれるというホームインスペクションの効果もあります。

家の精密検査をしてもらうことと兼ねて、ぜひ一度家調のサービスを受けることを検討してみてください。

\誰でも保険金を得られる!/

家調に
無料で相談する!

プチ起業

プチ起業

プチ起業は、今弁護士の方も含めて、あらゆる職業の人の間で話題となっているサービスです。

名前通り、副業のような感覚でスモール起業をできるというのが特徴となっています。

自分だけの独占市場を作る仕組みで、ブルーオーシャンで稼ぎやすい内容です。

特に弁護士のように有力な資格があれば、このシステムを有効活用しやすいでしょう。

プチ起業の公式サイトでは「自分にこれといった強みがない人」でも、成功できると書かれています。

そのような条件でも成功するほどですから、弁護士のような強みがあれば、なおさら成功しやすいといえるでしょう。

プチ起業は期間限定で、無料特典を配布しています。

この特典はLINEで友だち登録をするだけで手に入るものです。

それ以降強引な勧誘があったりということは一切ありません。

インターネット上でも評判となっている稼ぎやすいノウハウなので、わざわざ勧誘をする必要がないのです。

具体的には、スキマ時間を有効活用してスマートフォンを中心に稼ぐという内容になっています。

たとえば夏休みやゴールデンウィーク、通常の休日や昼休み、そして通勤中などの時間でも稼げるものです。

弁護士の方であれば、このような隙間時間を有効活用して資格を取得した経緯があるでしょう。

その経験から「塵も積もれば山となる」ということを、よく理解しているかと思います。

プチ起業でも、そのような仕組みによって稼げると理解してください。

詳しい特徴ややり方などは、下の公式サイトをご覧いただけたらと思います。

\話題沸騰中!/

プチ起業に
無料で登録する!

アフィリエイト

ワードプラス

アフィリエイトは、自分のホームページやブログ、SNSなどに広告を貼って収入を得るものです。

弁護士の場合、債務整理などのアフィリエイトで稼ぐのがおすすめです。

たとえば法律事務所や司法書士事務所が、アフィリエイターを募集しています。

彼らの債務整理の相談が1件入るたびに数千円などの報酬です。

弁護士だからこそ、他の士業事務所を紹介しにくいということもあるでしょう。

しかし、自分の名前を伏せて弁護士という肩書だけだしてサイトを運営することもできます。

名前を出さなくてもレベルの高さは文章に現れるので、読者の評価はきっと高まるでしょう。

ただ、記事は書けたとしても、それをアップロードするやり方やサイトのデザインがわからないということも多いはずです。

その場合、下のリンク先のワードプラスがおすすめです。

独自ドメインの取得代行やワードプレス設置などサイト運営に必要なサービスがすべて含まれています。

詳しいサービスの内容は、ワードプラスの公式サイトをご確認いただけたらと思います。

\簡単にサイトを作れる!/

WordPlusを
今すぐ確認する!

株式投資

株式投資も弁護士には特に推奨できる副業です。

決算資料などの情報を的確に把握して考察できるという点で、弁護士は有利といえるでしょう。

また、株式投資で成功するのに必要な元手についても、弁護士は稼ぎやすいといえます。

本業での高額所得を、浪費せずに投資に回していくようにすれば、株式投資は非常にいい副業になるでしょう。

転売

メルカリ

転売は、安く仕入れて高く売るという昔ながらの商売の基本です。

現代は上の画像のメルカリ、あるいはラクマのようなフリマアプリが登場し、スマホでも転売ができるようになりました。

また、昔ながらのYahoo!オークション(ヤフオク)などのネットオークションもあります。

Amazon.co.jpなども含めたあらゆるチャンネルで仕入れも販売もできるので、転売をやりやすい時代といえます。

弁護士の方は法律の問題をクリアしやすいので、特に海外輸入などが適しているでしょう。

Uber Eats

Uber Eats

Uber Eatsは、あらゆる飲食店の料理を出前で注文できるものです。

本来デリバリーに対応していなかった店舗の料理が、Uber Eatsのおかげでデリバリーしてもらえるのです。

まだシステムに未熟な部分があり、トラブルが報告されることも稀にあります。

しかし、特に体を使って運動するという点で健康にも良くデスクワークが多い弁護士の副業としても適しているでしょう。

懸念としては、バイクなどの運転が多いため、交通事故に遭うリスクがあります。

これもシフトに多く入るほどリスクが上がるものです。

交通事故が心配な弁護士の方は、できるだけシフトを抑えめにして、Uber Eatsに副業をするのがいいでしょう。

Webライター

ランサーズ

弁護士の資格を持っている方がWebライターとして活躍するケースもあります。

上の画像のランサーズのWebライターの中で、トップレベルの方のお一人が弁護士さんです。

ランサーズ上で明かされている報酬だけを見ても、Webライターとしては破格の金額となっています。

このため、ある程度文章力やタイピング力がある弁護士さんなら、Webライティングでも稼げるといえるでしょう。

また、自分が文章を書かずに監修に専念するという方法もあります。

興味があれば、ランサーズやクラウドワークスといったクラウドソーシングに、まず登録してみるのがいいでしょう。

YouTube

YouTube

弁護士でもYouTuberとして活躍している人は多くいます。

法律の解説といった真面目なものから、悪人に電話するものまであります。

特に悪徳業者に電話して論破する内容などは、人気があるようです。

ある程度リスクもありますが、自己表現が好きな弁護士さんには向いています。

世間のイメージほど楽に稼げるお仕事ではありません。

しかし、タレント性がある弁護士の簡単なら、YouTuberにチャレンジしてみるのもいいでしょう。

添削

たとえば司法試験の通信講座の添削などの副業などがあります。

資格のスクールも、運営している社員さんたちは当然司法試験の知識がありません。

そのため、添削は弁護士などのプロがしているのです。

そのような仕事を副業・アルバイトとして受けるのもいいでしょう。

不動産投資

不動産投資は、特に弁護士の副業として相性がいいものです。

理由は、不動産では法律が関わる場面が多くあり、弁護士が活躍できるところが多いためです。

たとえば再建築不可物件のルールや狭小地、旗竿地あるいは囲繞地など、弁護士なら「ああ」と思うでしょう。

一般人ならすぐにわからない法律も弁護士なら理解できるというのが、不動産投資でのアドバンテージです。

また、弁護士は社会的信用が大きいため、銀行からの融資がおりやすいのもメリットです。

ある程度の元手があれば、ぜひ不動産投資にもチャレンジしてみるといいでしょう。

弁護士の副業に関するQ&A

弁護士の副業に関するQ&A

弁護士が副業を始めるにあたって疑問に思う点は、基本的に共通しています。

ここでは、弁護士の副業に関する疑問で、特に多いものを紹介していきます。

弁護士に一番おすすめの副業を教えてください!

弁護士に一番オススメできる副業は、スマホ1台でできるスマホビジネスです。

スマホビジネスは「スキルなしでも稼げる」というのが特徴です。

スキルなしでも稼げる仕事に超ハイスペックの弁護士が入っていけば、相当稼ぎやすいというのが、おすすめの理由です。

スマホビジネスは、多忙で時間を確保しにくい弁護士の方でも取り組みやすい時短型の副業です。

当サイト「副業のすすめ」一押しのビジネスなので、ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

\副業のすすめ一押し!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

確定申告は必要ですか?

弁護士の方には説明不要かもしれませんが、年間所得で20万円を超えなければ不要です。

20万円までの副業収入は雑所得という扱いになります。

雑所得は確定申告も納税も不要なので「何もしなくていい」ということです。

ただ、弁護士が副業をするとそのスキルの高さから20万円を簡単に超えてしまうことが多いといえます。

そのため、確定申告が必要になるケースは、嬉しい悲鳴ではありますが多いといえるでしょう。

【まとめ】弁護士におすすめの副業10選

【まとめ】弁護士におすすめの副業10選

弁護士におすすめの副業を紹介してきましたが、やはり一番はスマホ1台でできるスマホビジネスです。

スマホ1台でできる仕事とはいえ、個人事業で簡単な起業経験を積むことは、将来自分の事務所を開業するときにも役立つでしょう。

もともと高収入な弁護士ですが、家調ではさらに追加でお金をもらえる可能性があります。

自分の家を持っているかたは是非家調に相談してみてください。

そして、当サイト「副業のすすめ」一押しのビジネスは下のサイトでまとめているので、こちらもぜひ参考にしていただけたらと思います。

\副業のすすめ一押し!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*