転売は儲かるの?儲かる商品・ジャンルと稼ぐコツを紹介

転売儲かる

「転売って儲かるの?」「どうやって儲けるの?」

このような疑問をお持ちではないでしょうか。

ここでは、転売の儲けた方について詳しく解説しています。

転売を始めようと思っている方、いまいち転売のやり方がわからない方には、参考になる記事です!

この記事を読んでわかること

  • 転売で儲かる商材
  • 転売のリサーチ方法
  • 転売に使えるツール
  • 転売のメリット・デメリット

転売をするなら、最初はある程度の元手が必要になってきます。

元手を作るためにおすすめのサービスがスマホdeマネー。

転売を始める一歩としてまずは登録しておきましょう!

\スマホだけの簡単副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

そもそも転売って何?

そもそも転売

転売とは、商品を安く買って高く売り、利ザヤを得る行為のことです。

例えば、商品を100円で購入したとします。

購入した商品を別の場所で200円で販売することで、100円の利益を獲得する、といった行為が転売です。

今では、転売行為を「せどり」という呼び方をしていますが、本来は違います。

「せどり」とは、本の背表紙をみて、仕入れ価格よりも高く売る行為のことを指します。

しかし、今では「転売」=「せどり」です。

この2つは、同じ意味のように使ってもいいですが、本来違う行為だということを頭に入れておいてください。

また、転売は違法となるものもあります。

例えば、チケットの「ダフ屋」なんかがそうです。

ダフ屋は、ライブのチケットなどを事前に買い占め、ネットオークションなどで不当な価格で転売する人のことです。

ダフ行為は、完全に違法などで絶対にやってはいけません。

転売は、基本的には商品を安く買って、別の販売先で高く売るだけの行為です。

違法性はありませんが、違法となる分野もある点には注意しましょう。

転売は儲かる?疑問に答えます!

転売 疑問

果たして転売は儲かるのでしょうか?

結論から申しますと、転売は儲かります。

ただし、正しい方法で攻めればの話です。

正しい方法とは、「リサーチをしてから商品を仕入れる」ということです。

転売は、適当な商品を仕入れても、売れません。

なぜなら、商品に需要があるかどうか、調べていないからです。

商品は、需要があって初めて売れます。

需要とは、お客が欲しい!という願望のようなものです。

例えば、「喉が渇いたから、なんか飲みたい!」みたいな想いが需要です。

そこに、水やお茶、ジュースといったものを販売してみたらどうでしょう?

売れやすくなりますよね?

このように、需要を調べてから商品を仕入れないと、販売しても全く売れずに損を出してしまいます。

転売をするなら、初めにきっちりリサーチをしてから商品を仕入れるようにしましょう。

そうすることで、仕入れた商品が売れて儲ける、といった流れになります。

これを繰り返していけば、まとまった利益を稼いでいくことができるでしょう。

上記のジュースの例は、あくまで一例なので実際にジュースを仕入れたから売れるといった感じにはならないです。

転売は個人ビジネスの中でも難易度が高いと言えます。

難しいと感じたかたはまずはスマホdeマネーなどの簡単な副業から始めてみると良いでしょう。

\スマホだけの簡単副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

転売すれば儲かるの?おすすめの商材5選

転売 商材

転売で利益をあげやすい商材を解説していきます。

これから取り組むジャンルが決まっていない人は、ここであげた商材から初めてみましょう。

家電

家電は、利益が高く売れやすいジャンルです。

家電は、2種類に分類されます。

家電の種類

  • 白物家電…電子レンジや炊飯器、掃除機といった生活に必要な家電
  • 黒物家電…テレビやブルーレイレコーダーといった映像機器

どちらかというと、黒物家電の方が人気が高く、利益がでやすいものが多いです。

いい商品をみつければ、1つ5000円以上の利益がでるなんていうケースもあります。

デメリットは、仕入れ資金が必要だということです。

高額な商品が多い家電は、仕入れる量を間違えてしまうと、あっという間に資金がなくなります。

仕入れの商品の選定に失敗すると、損失が大きくなりやすくなるので注意が必要です。

カメラ

一眼レフなどのカメラですね。

本体やレンズなどがよく売れます。

カメラ転売のメリットは、昔の機種でも普通に売れることです。

多くの商品は、新商品が販売されたときに、古い機種は廃れて値崩れしていくものです。

しかし、カメラは古い機種でも問題なく売れます。

よって、仕入れ価格よりも下回る価格で販売しなくてもよくなるため、安定した利益を確保しやすくなります。

また、カメラ転売は、ある程度覚えるとリサーチが不要です。

カメラ転売は、決まった商品しかないので、一度売れる商品を覚えてしまえば、いちから調べる必要がありません。

商品を覚えた後は仕入れるだけでいいので、リサーチに余計な時間を使わなくてもよくなります。

しかもカメラは、高値で売却されやすいので、利益がでかい!

1つの商品で5000円以上の利益が見込めるものばかりなので、稼ぎたい方にはおすすめのジャンルです。

デメリットは、ある程度カメラの知識が必要となることです。

カメラのレンズを実際に販売してみると、かなりのアクセスを集めます。

注目度が高い商品であれば、なおのことです。

必ずといっていいほど、商品に対して質問がきます。

「レンズに傷はどれくらい?」「撮影に支障ありますか?」

といった感じの質問がたくさんくるのです。

適当に答えて、商品を販売してもいいのですが、後からクレームがきやすくなり、返品してくれ!なんてことにもなりかねません。

また、カメラは仕入れの値段が高いです。

カメラのレンズは、1個2万円以上にもなります。

ごくまれに、レンズが使用不可能という商品を誤って仕入れた場合は、損失になりやすいです。

以上のことから、ある程度知識がある人が行う方がいいジャンルといえます。

知識がある人がやれば、かなり稼げるジャンルなのでおすすめです。

スマホ

スマホは、ほとんどの人が持っている商品ですね。

確実に売れる商品だといえます。

価格も、1万円~3万円ぐらいのなので、家電やカメラよりも仕入れ価格が高くなりにくいのもいいです。

注意点として、赤ロムと黒ロムのスマホを仕入れないようにしましょう。

通信会社がなんらかの理由で、制限をつけている不良携帯です。

普通の中古市場では、正常に動作する「白ロム」ばかりなので問題はありません。

たまに、赤ロムと黒ロムが混じって販売されているケースもあるようなので、信頼できるお店以外では仕入れない方がよさそうです。

ガジェット

ガジェットは、人によって定義が違いますが、デジタル小物などがあげられます。

例えば、携帯ゲーム機や携帯音楽プレーヤーなんかをガジェットと呼びます。

携帯ゲーム機などのゲーム関連用品は、人気が高いです。

販売したとたんに、売れてしまうほどの高回転商品ばかりなので、回転率重視の戦略の方にピッタリの商品といえます。

小物が多いので、仕入れ価格も安い分利益も少な目なのがネックです。

アニメグッズ

人気アニメの関連商品は、売れます。

例えば、ワンピース、ナルト、ドラゴンボールなどが人気作品ですね。

関連商品といえば、漫画本やDVD、フィギュアなんかが売れます。

映画の上映時期と合わせることで、高値で売れやすくなる特徴があります。

また、人気作品のフィギュアは、一部プレミアがつくものもあり、思わぬ高額で販売できるというものもあります。

アニメに詳しい人であれば、人気作品が把握しやすいので、やりやすいジャンルなのでおすすめです。

儲かる商品を見つけるための手順

転売 手順

販売する商材を決めた後は、商品選定をしていきます。

ここでは、具体的な手順について解説していきます。

ネットショップの売上げランキングを確認する

まずは、ネットショップのランキングを見てみましょう。

ランキングをみることで、現在売れているものをみることができます。

つまり、需要があるものです。

ランキング上位にあるものは、需要があるので、販売価格よりも安く仕入れができれば、すぐに売れて利益がでます。

モノレートで確認する

モノレートとは、アマゾンで販売されている商品の動向を詳しくリサーチできるサイトです。

モノレートの情報

  • 新品価格
  • 中古価格
  • ランキング
  • 出品者数

といったものが確認できます。

ランキングをチェックして、仕入れたい商品をみつけたら、モノレートで調べてみましょう。

ランキングが高ければ需要があると判断できます。

また、出品者数が増加傾向の場合は、供給が増えすぎる可能性があるので、販売価格が下落傾向になると推測できます。

モノレートを使えば、商品の需要がわかります。

調べてから、仕入れを行うと、「売れなくて在庫を抱える」リスクを軽減できます。

一つ見つけたら関連商品も確認する

売れ筋の商品をみつけたら、関連商品に売れるものがないか?という視点を持ちましょう。

例えば、売れ筋のゲーム機をみつけたとします。

その周辺機器である、コントローラーなどは売れていないでしょうか?

また、売れ鈴のゲームタイトルであれば、キャラクターのグッズは売れていないでしょうか?

このように、1つの商品から色々想像して、関連商品を探ってみましょう。

芋ずる式に売れているものが、みつかります。

難しいと感じたかたはスマホdeマネーから始めるのがおすすめ。

徐々に個人ビジネスでマネタイズする感覚が掴めてくるでしょう。

\スマホだけの簡単副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

せどりに使えるツール

せどり ツール

せどりに役に立つツールを紹介します。

マカド

マカドは、アマゾンの在庫管理を楽にできるツールです。

主な機能は、アマゾンの在庫の価格を自動修正をしてくれます。

アマゾンでは、価格を一番安い状態にしておくと売れやすいです。

よって、管理画面で地道に最安値に設定するのですが、この作業をすべて手動でやるのは大変です。

マカドを使えば、自動で行ってくれるので、価格設定に時間を使う必要がなくなります。

月で4800円で使用できます。

フリマハッカー

買い切り価格で21800円のツールです。

フリマアプリで利益を出している出品者をみつけだし、仕入れている商品情報を見ることができるツールです。

実際に利益をだしている人の商品を参考にできるので、勉強にもなります。

仕入れの商品に悩んでいる方は、購入してみてもいいかもしれませんね。

モノレート

アマゾンで販売するなら、絶対に使用したいサイトです。

無料で使用でき、商品のくわしい情報を調べることができます。

ランキングで需要があることを調べ、出品者数で将来の価格動向を推測する、といった感じに使っていきます

しつこいようですが、アマゾンで販売するなら、絶対に使用しましょう!

せどりをする際に使えるサービス

せどり アプリ

商品を仕入れたら、つぎは販売先を決めましょう。

主な販売先は、次の3つです。

メルカリ

メルカリ

株式会社メルカリが運営するフリマアプリです。

ユーザー数は、2200万人!

多くのユーザーが出品した商品をみてくれるので、売りやすいプラットフォームといえます。

詳しくはメルカリ評判の記事をご参考ください。

Amazon

アマゾンは、日本最大のオンラインショッピングサイトです。

利用者は5000万人にもなるとか。

利用者が多いだけあって、需要がある商品は一瞬にして売れるほど、商品の回転率が高いです。

本格的に転売をするなら、アマゾンを利用するのがいいでしょう。

デメリットとして、手数料15%がかかるという点です。

ヤフオク

株式会社ヤフーが運営するオークションサイト「ヤフオク」。

市場規模はでかく、約8000億円にものぼります。

オークション方式で販売するので、思わぬ高値で取引されるケースもあるので、プレミア商品の販売に向いているプラットフォームです。

また、オークション方式なので、以外と商品が安く購入できる場合があります。

そのため、仕入れサイトとしても使用できます。

転売をやるメリット

転売 メリット

転売のメリットについて解説していきます。

商売の基礎が身につく

商売の基本である安く買って、高く売る、という基礎が学べます。

利益を出すには、どのような商品を仕入れればいいのか?

どうやれば利益を上げられるのか?

どうやったら、お客さんを喜ばせられるか?

といった商売に必要なことを、転売を通して学べます。

市場感覚が身につく

転売で儲けるための商品をみつけるコツでもありますが、次の需要予測をする、といった方法もあります。

「次はどんなものが売れるのか?」「どんなものが人々は必要とするか?」

このような視点が必要になってくるんです。

マーケットの動向をいち早く察知する能力を転売を通して、養うことができます。

儲かる

上手くいけば、転売はあっさり儲けます。

しかも、即金性があるので、儲けている感覚が実感できます。

転売をやるデメリット

転売 デメリット

メリットばかりのようですが、デメリットも存在します。

ここでは、デメリットについて解説していきます。

在庫を抱えるリスクがある

商品選定を誤ると、商品は売れません。

どんどん在庫としてたまっていきます。

家でやっている場合は、部屋を圧迫していくでしょう。

在庫になってしまうと、資金も拘束されて利益があげづらくなってきます。

初期投資が大きくなってしまう

特に家電やカメラといったジャンルを行うと、初期投資がかさみます。

上手くいけば、利益もでかくなりますが、商品選定に失敗すると損失もでかくなるデメリットがあります。

時間が取られる

転売は時間がかかります。

転売の作業

  • 商品をリサーチする時間
  • 商品を仕入れるまでの時間
  • 商品を出品する時間
  • 商品を発送する時間

1つの商品を販売するだけで、これだけの作業を裏で行っています。

転売は、簡単に利益をあげているように思いますが、やってみると結構な重労働です。

転売よりもおすすめのサービス

スマホdeマネー

転売は、上手くいけば儲けますが、損失のリスクもかなりあります。

また、作業時間がとても長いので、結構シンドイです。

そこでおすすめなのが、「スマホdeマネー」のような、スマートフォンでできる副業です。

スマホdeマネーは、送らて来た情報をもとに、ポチポチ作業するだけで報酬が入ります。

稼げる金額は、作業しだいにもよるので一概にはいえませんが、スマホdeマネーの方が圧倒的に長続きしやすい副業です。

なぜなら、隙間時間を利用するだけで稼げてしまうからです。

転売であれば、本業が終わってからも夜中まで作業をしなければなりません。

そのような状態を続けていては、本業に確実に支障をきたします。

その点、スマホdeマネーの場合は、通勤時間や休憩時間といった隙間時間を利用して稼ぐだけです。

家に帰ってからわざわざ副業をしなくてもいいので、楽に続けていくことができます。

興味のある方は、公式サイト「オススメ副業を始める」から無料で登録してみましょう!

\スマホだけの簡単副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

【まとめ】転売は儲かる?について

まとめ 転売

いかがでしたでしょうか。

転売は儲かりますが、在庫リスクや損失のリスクもある副業です。

リスクなく、副業をしたいのであれば「スマホdeマネー」から始めてみましょう。

\スマホだけの簡単副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*