【Shinobiライティングの評判・口コミ】案件数は多い?本当に稼げるの?

shinobiライティング

副業をする際に人気な仕事の一つに手軽でできるライティングがあります。

そんなライティングを行っている方は、普段どのような方法で案件を取得しているでしょうか?

もしかしたらライティングの案件を思うように取得できない方もいるのではないでしょうか?

案件を思うように取得できない方は、ライティングの案件に特化したShinobiライティングというサイトはご存知でしょうか?

この記事を読めばShinobiライティングについて、以下のようなことが分かります。

記事での解説

  • Shinobiライティングはどのようなサイトなのか?
  • Shinobiライティングと他クラウドソーシングサイトとの比較
  • Shinobiライティングの良い口コミと悪い口コミ
  • Shinobiライティングで稼ぐことはできるのか?
  • Shinobiライティングよりも楽に稼ぐ方法

結論から言うと、Shinobiライティングを使うよりもスマホdeマネーなどの副業サービスを使った方が効率的に稼げておすすめ。

LINEだけで登録できるので、まだのかたは今のうちに登録しておきましょう!

\スマホだけの簡単副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

Shinobiライティングってどんなサイトなの?

Shinobiライティング

Shinobiライティングとは一体どのようなサイトなのでしょうか?

結論から言うとこのサイトは、ライティング案件専用のクラウドソーシングサイトになります。

案件を依頼する側とライターをマッチングさせる仲介サイトとなっており、この仕組みは他のクラウドソーシングサイトと同じになります。

ただしShinobiライティングならではの特徴なども存在するため、それらについても下記で解説していきます。

Shinobiライティングと大手クラウドソーシングサイトとの違い

他サイト比較

Shinobiライティングは他の大手クラウドソーシングサイトとどのような点が異なるのでしょうか?

今回は大手サイトである、クラウドワークスとランサーズを例に出して比較していこうと思います。

また、副業として行いたいかたはクラウドソーシング副業の記事もご参考ください。

Shinobiライティングの特徴

まずはShinobiライティングの特徴から解説していきます。

Shinobiライティングの主な特徴をまとめると以下のようになります。

Shinobiライティング特徴
  • 報酬が専用のポイント制である
  • 案件はライティングのみ
  • 案件を行う形式はタスク形式のみ

まずShinobiライティングは報酬が専用のポイントになっています。

このポイントは1ポイント=0.5円で換金できる仕組みになっており、現金の他にもギフト券や電子マネーなどに換金をすることができます。

続いての特徴は案件がライティングのみとなっている点です。

他のクラウドソーシングサイトは多種多様な案件を取り揃えておりますが、そういった点ではShinobiライティングは大きく他のサイトと異なります。

もう一つShinobiライティングには、案件がタスク形式のみという特徴があります。

タスク形式とは案件を受注する前に、クライアントとの契約をせずに作業に取り掛かる方式です。

クライアントとの契約の時間がかからないため、すぐに作業に取り掛かることができます。

Shinobiライティングは主にこれら3つの特徴が、他のクラウドソーシングサイトと異なります。

クラウドワークスの特徴

クラウドワークス

ここからは他者サイトと、Shinobiライティングとの比較になります。

クラウドワークスの特徴としては以下のような点があります。

クラウドワークス特徴
  • 多種多様な案件
  • プロジェクト形式が存在する

クラウドワークスは日本最大級のクラウドソーシングサイトであり、ライティングの他にも様々な案件が存在します。

そのためライティングの案件を探す場合は、Shinobiライティングと比較すると少し手間がかかってしまいます。

他にShinobiライティングと異なる点は、タスク形式以外にプロジェクト形式がある点です。

プロジェクト形式とは案件を受注する前に、クライアントとやり取りや面談をして採用をされれば、案件を受注できるというシステムです。

タスク形式に比べて案件を受注する前の手間はかかりますが、その分単価はプロジェクト形式の方が高く設定されています。

ランサーズの特徴

ランサーズ

ランサーズはよくクラウドワークスと比較をされますが、この2つのサイト間に大きな差はありません

あえて差を比較するならば、ランサーズは国内最初のクラウドソーシングサイトなので、知名度はかなり高いです。

しかしクラウドワークスも大手サイトであり、知名度も高いため大きな差はありません。

そのためShinobiライティングとは、案件の種類やプロジェクト形式の有無、報酬がポイントではないといった点が異なります。

Shinobiライティングの良い口コミ

良い口コミ

登録をしているライター数も多いShinobiライティングですが、どのようなメリットがあるのでしょうか?

主なShionbiライティングのメリットはライティング力が向上する、報酬をすぐに受け取れる、好きな時に好きな場所で作業ができるといったような点です。

下記ではそれぞれのメリットについて詳しく解説していきます。

ライティング力が向上する

Shinobiライティングは作成した記事に対するチェックを厳重にされ、修正箇所が存在する場合は修正が求められます。

さらにshinobiライティングには誤字脱字の判定機能が付いているため、見落とした誤字脱字を防ぐこともできます。

他にもクライアントから内容の構成等について修正が入る場合もあります。

そのため記事を確認してもらい修正を繰り返しているうちに、ライティング力というのは向上してきます。

ライティング力を向上させながら報酬を貰えるという点はメリットの一つになります。

案件を受注するまでの手間がかからない

これは上記の大手クラウドソーシングサイトとの違いでも解説しましたが、Shinobiライティングはタスク形式のみのため、案件を受注する手間がかかりません

プロジェクト形式ならばクライアントと面談などを通して、契約が成立次第ようやく案件を受注できます。

しかしタスク形式ならばクライアントとの契約までの過程を飛ばして、案件を受注することができます

そのため案件をすぐに受注できるというメリットが存在します。

好きな時に好きな場所で作業ができる

このメリットは他のクラウドソーシングサイトなどにも当てはまりますが、Shinobiライティングの案件は受注さえすれば、好きな時に好きな場所で作業をすることができます

Shinobiライティングの案件を行う際に必要となるものは、インターネット環境とパソコンのみです。

そのため少し空いた時間に自宅などで作業ができるのはメリットとなります。

ただし案件には納期が存在するため、その納期はきちんと守るようにしましょう!

Shinobiライティングの悪い口コミ

悪い口コミ

Shinobiライティングのメリットを解説してきましたが、実はShinobiライティングにはデメリットも存在します。

メリットとデメリットの両方を把握しておき、Shinobiライティングを使うようにしましょう。

主なShinobiライティングのデメリットは、単価が低い、不採用判定がある、案件の量に波があるといった点です。

それぞれについて詳しく解説していきます。

単価(報酬)が低い案件が多い

Shinobiライティングにはタスク形式しか存在しませんが、プロジェクト形式に比べてタスク形式は手間がなく案件を受注できる代わりに、単価が低く設定されていることが多いです。

1文字=0.5円以下(例1000文字の記事で500円以下)の文字単価の記事もShinobiライティングには多く存在するため、少し単価が低いように思われます。

ただしShinobiライティングには独自の制度であるアドバンスライターというものが存在します。

アドバンスライターに承認されると、単価が高い記事の案件を受注できるようになるといった仕組みもあるため、単価が低い案件しか受けれないといったことはありません!

タスク形式のため不採用になる可能性がある

タスク形式の案件はクライアントとの契約の段階を省いているため、クライアントが求めている記事のレベルに達していない記事というのが出てきます。

これらの記事は不採用判定というものを受けてしまいます。

不採用判定を受けてしまうと、頑張って書いた記事に報酬が支払われないのです。

そのため記事を書く際は指定された文字を書けば良いだけではなく、できるだけ質を高めるようにしましょう。

案件の量に波がある

プロジェクト形式は同じクライアントから案件を長期間に渡り受注可能ですが、Shinobiライティングはタスク形式のためそれができません

そのため常に新しい案件を探す必要がありますが、Shinobiライティングの案件量は日にちや時期によれば少ない場合もあります。

さらにShinobiライティングは案件を手軽に受注しやすいシステムであるため、案件が発注されてもすぐに他のライターに取られることもあります。

そのため上手く案件を受注できずに、思った金額の報酬に達しないといったことが起こってしまうのが、Shinobiライティングのデメリットです。

Shinobiライティングってどれくらい稼げるの?

どのくらい稼げるか

ではShinobiライティングはどれ程稼げるのでしょうか?

結論から言うとShinobiライティングは、月に多くの時間を使っても2.3万円程にしかならない方がほとんどです

やはり文字単価が0.5円以下がほとんどのため、時給計算で言うと200円~300円程になってしまいます。

つまり月に60時間(1日平均2時間)働いてようやく2万円前後になります。

ただShinobiライティングにはアドバンスライターという制度が存在します。

この制度に承認されて上手く案件を貰うことができたならば、時給換算でも1000円を超え月に5万や10万といった収入も可能になってきます。

Shinobiライティングよりも楽に稼げるネット副業

今回はshinobiライティングについて解説をしてきましたが、案件の少なさや単価の低さから稼ぐのは少し難しそうと感じたかもしれません。

そう感じた方向けに、実はShinobiライティングよりも簡単に稼げる方法があるのです。

おすすめネット副業の記事と合わせてご参考ください。

スマホdeマネー

スマホdeマネー
スマホdeマネーは名前の通りスマホ一つさえあれば始めることができる副業サイトです。

さらに登録は無料で公式サイトでは、月100万円を稼ぐことも可能と宣伝しています。

気軽に始められる副業の一つとなります。

\スマホだけの簡単副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

トレンドナビゲーション

トレンドナビゲーション

こちらもスマホ一つでできる簡単副業サイトであり、最短で24時間以内に報酬を受け取ることも可能です。

作業ステップは紹介された新着情報をチェックして、その中から自分に合った仕事を選ぶだけの簡単なものになっています。

こちらも登録費は無料となっています。

\コツコツ稼げる!/

トレンドナビゲーションに
今すぐ登録する!

Everyday

Everyday

こちらの副業サイトは報酬受け取りまでが早く、最短で30秒で報酬を受けとることができます

行う作業はスマホ一つで、2択の内どちらかを選択するだけ

スマホの画面タップさえできれば大丈夫な、簡単な作業です。

\即日稼げる!/

everydayを
今すぐ確認する!

クラムスクール

クラムスクール

こちらのサイトはLINEでのやり取りさえできれば稼げるサイトになっております。

貯蓄術を提供しており、月に1~3万円までならすぐに稼げ、月100万円も目指せると公式サイトでも紹介されています。

\片手間で稼げる!/

クラムスクールを
今すぐ確認する!

セレクト

セレクト

こちらの副業サイトはスマホ1台1日5分から作業ができると公式サイトでも紹介されています。

今なら先着で30名様限定でLINE追加をすれば、稼ぎ方を教わることができます

\知識がなくても稼げる!/

セレクトに
今すぐ登録する!

【まとめ】Shinobiライティングってどんなサイトなの?

今回はShinobiライティングについて様々なことを解説してきました。

今回解説したことをまとめると以下のようになります。

まとめ
  • Shinobiライティングはライティング案件専用のクラウドソーシングサイトである
  • 特徴としては案件がライティングのみ、タスク形式のみ、報酬がポイント制といった点がある
  • メリットとしてはライティング力の向上、案件を受注するのに手間がかからない、好きな時に好きな場所で作業ができるといった点がある
  • デメリットとしては単価が低い、不採用判定がある、案件の量に波があるといった点がある

Shinobiライティングは登録者も多い人気のクラウドソーシングサイトですが、デメリットも存在します。

始める前にはメリットとデメリットの両方を把握して始めるようにしましょう。

ライターとして初心者の方は特に、スマホdeマネーなどの簡単に稼ぎやすいサービスから使い始めるのがおすすめ。

まずは公式サイトをご一読ください!

\スマホだけの簡単副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*