副業での農家・農業の始め方|稼げる収入とメリット・デメリットを紹介

副業での農家・農業の始め方|稼げる収入とメリット・デメリットを紹介

IターンやUターンなど、ストレスの溜まる都会での暮らしを離れて悠々自適に地方で働きながら、ノンビリ暮らす生き方が注目を集めています。

東京や大阪、福岡など大都市で働くと、確かに給料水準も高く、お金に困ることはありません。

しかし、長時間残業や会社の人間関係などで体調を壊し、働き続けられなくなるリスクもあります。

そんな現代人に改めて注目されているのが、都会から地方に移住して農業で働きながらストレスフリーで生活する働き方です。

国の政策として働き方改革などと言われていますが、実際には残業は減らず、給料もアップしない。

そんな時代に私たちが手に入れることができる本当の「働き方改革」。農業。

今回は、副業で農業をはじめて、将来的に本業にしてしまうノウハウをご紹介してみたいと思います。

この記事で分かること
・農業で副業からはじめて本業にする方法が分かる
・初心者でも稼ぎやすい作物とは?
・農業をはじめる際に使える助成金や制度

スマホdeマネーなどの副業サービスを使うのがおすすめ。

LINEだけで簡単に登録できるので、今のうちに登録しておきましょう!

\スマホだけの簡単副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

副業で農業をするメリット

農業のメリット

農業と言えば人間関係に苦しむことはなく、自分のペースで仕事ができる一方で、「本当に稼げるのか」「土地がなくてもできるのか?」など、

これまで会社員しか経験したことのない人の特有の悩みがありますよね。

実は、これらの悩みは深刻に考える必要はありません。副業で農業を目指す方が始めやすい様々な制度がありますので、ご紹介します。

国からの補助がある

農業をはじめたい方にとって、最初のハードルになるのが資金です。

農業をはじめるためには機械や農業用具を購入しなければならず、予想以上に出費が必要です。

そんな時に利用できる国の補助金があります。

例えば「農業次世代人材投資資金(経営開始型)」の場合、45歳未満の方が農業をはじめる場合、一定の研修を受けることで、年間最大150万円の補助金を最長で5年間受けることができます。

はじめの頃は農業の知識が薄く、作物が上手く育たなかったりと収入が安定しないこともありますが、この補助金を活用すれば、不安定な収入をカバーできるだけでなく、農業用具の購入の補助になるため、ぜひ、活用したい制度です。

また、地方自治体によっては、移住し就農することで独自の生活補助や助成金を受け取ることができるところも多いので、活用してみると良いでしょう。

もちろん、農業が安定するまでは地元企業で働く方も多く、あくまで農業は副業からはじめて、農業が軌道に乗ってきたら本業にする・・・という方も多数いますので、これらの制度は活用したいですね。

庭やいらない土地を有効活用できる

次に問題になるのが土地の問題です。

都会に住むサラリーマンの方で、すぐに農業をはじめられる土地を持っている方は少ないでしょう。

そんな時に活用できるのが、「シェア畑」など、農業用地をレンタルできる仕組みです。

週末だけ副業として農業をやってみたい・・・そんな方にオススメのサービスで、すでに2万人以上が利用していると言われています。

また、高齢化が進んだ地方で、農地を手放したいと考えている方から農業用地を買収する場合に助成金がもらえる「事業継承補助金」という制度も存在します。

はじめはレンタル農地で経験を積んで、ゆくゆくは本業にしたいという方は活用したい制度の一つですね。

ポイント
・公的助成金を使えばはじめやすい
・高齢化した農家から土地を買うこともできる

副業で農業をするデメリット

農業のデメリット

意外と農業を副業にするためのハードルは高くないことはご理解いただけたと想いますが、デメリットがないワケではありません。もちろん、デメリットも存在します。

次に農業を副業にするデメリットについてご説明したいと思います。

休みがない

一般的なサラリーマンの場合、週休2日で祝日も休みな働き方が一般的ですが、農業は人ではなく作物を相手にする商売です。

毎日、水をあげたり農薬を散布したりと、手塩にかけて育てなければ、販売できる作物は育ちません。

もちろん放置すれば、せっかく育てた作物が枯れてしまい、農地ではなく荒れ地になってしまいます。

そのため、決まった休みがないのが農業の苦しいところです。

ただし、例えば夏野菜は春から夏にかけて作業が必要で、冬は休業などという働き方もできるので、必ずしも「休みがない」わけではありません。

自分の働き方や利益の出し方によって栽培する作物を選択するとよいでしょう。

特に副業として農業を考えている方は、通年で農業を行うのではなく、本業の閑散期に農業を手がけるなどローテーションを組むスタイルがオススメです。

天候に左右される

作物の生育は天気次第・・・。自分で利益をコントロールしにくい点も農業のデメリットの一つです。

例えば冷夏で農作物の生育が悪い・・・。台風でせっかく育てた農作物が全滅してしまった・・・。

そんなことが起こりえます。

毎年、決まった収入が入るわけではないので、ある程度、将来のリスクを見越して作物を栽培しなければならないのも農業のデメリットになるでしょう。

ネットに乗っていない情報もある

農業は生き物を相手にした仕事です。種を蒔いて水をあげれば自動的に育つわけではありません。

方や育てた作物を高値で販売する方法は、プロの農家でなければ知り得ない情報もたくさんあります。

つまり、インターネットで調べた情報だけでは簡単に稼げるわけではない点も農業の辛いところです。

定期的にプロの農家と交流するなど横のネットワークを築く必要があります。行動力も農業をする上では大切なマインドになってきます。

ポイント
・収入が天候に左右されやすい
・休みが不定休になりやすい
・プロ農家と横のつながりが必要

副業で農業をするときにおすすめの作物

お勧めの農作物

では、早速、農業を副業にしたい!そう考えた時にオススメしたい作物をご紹介したいと思います。

トマト

トマトは夏野菜ですが、実は通年で稼げる作物の一つです。

もちろん、夏場は生育状況が良ければ比較的育てやすい作物になりますが、害虫に食べられやすい作物になりますので、農薬散布など、手入れの方法をしっかり学ぶ必要はありますが、育て方を学べば初心者でも稼ぐことができます。

また、ビニールハウス栽培ができれば冬場も育てることができるので、短期間に生育し通年で出荷することが可能です。

加えて糖度の高いトマトなど、工夫次第ではブランド化しやすい作物なので、スーパーの価格競争に巻き込まれない作物に発展させられるポテンシャルもあります。

もやし

もやしは1週間程度で生育できる高サイクルな作物の一つです。

ご存じの通り、スーパーで激安販売されており、なかなか利益につながりにくい作物なため、もやし農家は減少傾向にありますが、最近では1袋200円以上する高価なブランドもやしも登場しています。

緑豆もやしなど、特色のあるもやしを生育できれば、高サイクル高単価の商品に仕上げることもできるので、挑戦してみたい作物の一つです。

アスパラガス

アスパラガスは知る人ぞ知る稼げる作物の一つです。

というのも、4月から10月まで安定して栽培できる作物であり、売価も安定しています。

加えて、天候に強い作物なので手間がかからないと言われています。

年収1000万円を超える農家もあるなど、アスパラガス一筋で経営している農家があるほどなので、ガッツリ稼ぎたい人には、ぜひ、挑戦していただきたい作物ですね。

みょうが

農業をはじめたばかりの頃は大きな土地を取得してスケールメリットを活かした農業は難しいでしょう。

そんな時にオススメしたいのが、ミョウガ栽培です。

ミョウガは、10ヘクタールほどの小さい農地でもはじめることができ、単価も高い作物です。

多少、生育の方法を学ぶ必要はありますが、競合が少ないため安定すれば稼げる作物と言われています。

なすび

茄子は、手入れが簡単で初心者でも育てやすい作物と言えます。

比較的、初心者でも育成することが可能で、作業時間も多くないことから副業ではじめたい方にはピッタリの作物と言えるでしょう。

自宅に広い庭がある方は、1年間育ててみて感覚をつかんだら、農地を借りて一気に面積を広げることも可能です。

また、安定的に需要がある農作物でもありますから、育てたけど売れなかったという失敗もしにくい作物の一つです。

ポイント
・はじめは栽培が簡単な作物を選ぶこと
・土地が狭い場合はミョウガなど、狭い土地で栽培できる作物を選ぶこと
・アスパラガスなどマイナーな野菜も狙い目

農業よりもおすすめの副業

農業よりもお勧め

農業はストレスフルなサラリーマンにとって確かに魅力的な仕事ですが、作物が生育しない。土地の取得など初期コストがかかるといったデメリットも存在します。

ある程度、貯金があって余剰資金ではじめるならOKですが、まずはリスクヘッジをした上で取り組む方が現実的かもしれません。

そこで、農業以上に簡単に利益を出しやすい副業もご紹介しておきたいと思います。

おすすめ副業の記事と合わせてご参考ください。

スマホdeマネー

スマホdeマネー

スマホdeマネーは、LINEに登録しておくことで稼ぎやすい副業の情報が届く、簡単に稼ぎたい方に人気のサイトです。

スマホだけで稼げる案件もあるので、まずは資金集めに登録しておきたいサイトでしょう。

\スマホだけの簡単副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

アフィリエイト

将来的に農業をはじめた場合に困るのが、農作物の販路です。

農協経由で販売できれば良いのですが、それ以外の方は直販に頼ることになります。

その場合、専用のホームページを開設し自分の農作物の売り込みを図る必要がありますが、そのための練習になるのがアフィリエイトです。

自分のブログに広告を貼り付け、広告経由で商品が販売できれば広告料が手元に入る仕組みなので、ホームページの集客方法を事前に勉強しておきたい方にはオススメです。

副業BLOG

LIVE

LIVEは、スマホ1台でサクッと稼げる副業専門のサービスです。

ITの知識は必要なく、LINEから日々送られてくる指示に従って作業をするだけでお金が稼げると人気です。

中には何百万も稼いだなんて人もおり、もしかしたら農業で稼ぐよりも簡単だった・・・なんてことが起こりえるサービスです。

もちろん、真面目に農業で稼ぎたい方の軍資金にもなるサービスなので、農業をはじめる前にぜひ登録しておきたいですね。

\副業のすすめ一押し!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

不用品販売

自宅にある不要品って、案外、お金に換えられることをご存じでしょうか?

例えば、壊れたパソコンも部品を再利用して使いたい方に需要がありますし、古くなったスマホも、安いスマホでOK!な方が買ったりします。フリマアプリで不要品を売って貯金を増やすのも一つの選択肢です。

副業ガイド

副業ガイド

在宅でスキマ時間を活かしてお金を稼ぎたい!副業をはじめる時間がない!

そんな方に人気なサービスが副業ガイドです。

副業ガイドは、LINEさえ使っていれば誰でもできる副業で、稼ぎやすい副業の情報がどんどん届くので、スキルなし、時間なし、面倒なことはしたくない!そんな方は登録しておくべきサービスです。

スマホ1台だけあれば稼げる案件もあるので、すぐにお金が欲しい方には活用していただきたいですね。

\副業選びに迷ったら!/

副業ガイドのLINE@に
無料で登録する!

副業でする農業に関するQ&A

FAQ

確定申告は必要ですか?

農業で商品を販売し、利益が出れば確定申告は必要になります。

ただし、農業はコストがかかるビジネスです。従って、利益とコストを相殺することができるので、納税金額も安い農家は多いと言われています。

注意したいことは、農業で必要な機械類は減価償却をしなければならないこと。単年で超すとに参入することができないので、機械ごとに決まった年数で減価償却を計算する必要があります。

また、日々購入する農薬や腐葉土などの資材もコスト計算しなければならないので、農業はパソコンスキルゼロでOKと考えていると大失敗します。

日々発生するコストと利益を正しく帳簿付けし、確定申告するための事務作業が必要になるため、普段、確定申告する習慣のないサラリーマンの方でも、正しい納税知識を身につけるようにしましょう。

農業だけで生活は成り立ちますか?

農業は1年を通じて作物を育て、順調に作物が生育すれば利益のでるビジネスです。

先ほどご説明した通り、天候や経験によっては利益にならないこともあり、はじめから生活費を稼げるわけではありません。

つまり、農業の副業にはリスクがあるということです。

リスクヘッジをするためにも、副業ガイドを活用して他に収入源を確保しておくことをオススメします。

【まとめ】副業で農業をするメリット・デメリット

サラリーマンをやめて農業で働きたい。その準備として副業はじめる方も増えていますが、はじめは上手く作物が育たなかった!作物は育ったけれども販路が開拓できずに売ることが出来なかった!など失敗のリスクも多いのが農業のデメリットです。

一方で、しっかり勉強し作物が順調に生育すれば普通のサラリーマン以上に稼ぐことも可能です。

はじめは他の副収入を確保しリスクヘッジをしながら稼ぐ方法をオススメします。

他に収入源があれば、本当の意味でストレスフリーな働き方ができることは間違いなしですね。

\スマホだけの簡単副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*