会社に絶対バレない副業を紹介!注意点やポイントを徹底解説!

会社に絶対バレない副業を紹介!注意点やポイントを徹底解説!

働き方改革がどんどんと進んでいく中、副業が世間でのブームになりつつあります。

しかし実際には副業を禁止しているような会社も多く、「会社に副業バレたらヤバイ?」「どうやったらバレない?」などということが気になっている方も多くいるでしょう。

そこで今回は、副業がバレるとどうなるかや、バレないコツなどについてご説明いたします。

この記事を読んで分かること
  • 副業がバレたらどうなる?
  • 副業がバレる2つの瞬間
  • 副業をばれないようにする方法
  • 会社にバレない副業のポイント
  • 絶対にバレない副業

なお、副業のすすめでは、会社に絶対バレない副業として「スマホdeマネー」をおすすしています。

会社バレの心配をせずに副収入を得ることができますので、詳細を下記リンクからぜひともご確認ください。

\スマホだけの簡単副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

副業がバレたらどうなるの?

副業がバレたらどうなるの?

そもそも、副業そのものを禁止するような法律はなく、違法行為という訳ではありません。

労働基準法上は、本業に支障をきたすなどの理由がなければ、就業時間外に労働者の行動を拘束することは禁じられているのです。

ただし、副業が会社にバレた場合、会社からのあなたに対する信頼が大きく失われます。

サラリーマンにとって、信頼を失うことは想像以上に大きな損害です。

また、場合によっては何らかの処罰を受けることも考えられます。

会社が副業を禁止するのにはそれなりの理由があり、本業に支障を出さないことや社内情報が不当に流出することを防ぐためでもあるのです。

判例上も、経営上の合理性があれば就業規則違反に対し処罰をすることが認められることもあります。

最悪の場合解雇の可能性も否定はできないので注意しましょう。

よくある副業がバレる瞬間

よくある副業がバレる瞬間

ここからは、副業場バレる瞬間として主な経路を2つに分けてご説明します。

たいていの「会社バレ」はどちらかに該当するので気を付けてみてください。

住民税額の会社への通知

まず考えられるのが、住民税額の変化が会社に知られることです。

住民税は前年度の所得を合わせたものに税率をかけて算出され、その住民税決定通知書は給料を最も多く支払っている会社に送られます。

給与と比較して住民税額が明らかに高い場合などは、「副収入を得ているのでは?」ということがバレてしまうのです。

ただし、極端に金額が変わらない限りは、会社側も気付かない可能性もあります。

社内でのうわさ話

意外と多くて怖いのが、社内のが上司や管理部門の耳に入ってしまうことです。

うっかり自分が副業していることを同僚に話したり、副業しているところを社内の人に見られたりして、うわさが広まってしまうことは十分に考えられます。

うわさは想定以上に早く広まってしまいますから、気づいたころにはもう、ごまかしができない状況になっていることも十分にありえるでしょう。

会社に副業をバレないようにする方法

会社に副業をバレないようにする方法

ここからは、会社に副業がバレないようにする工夫について共有します。

副業の選び方にも関わってきますので、一つずつ確認していきましょう。

住民税を自分で払う

そもそも増えた分の住民税額が会社にバレてしまうのは、住民税の徴税方法を給料から天引きして会社経由で納める「特別徴収にしているからです。

確定申告や住民税の申告タイミングで徴収方法欄に「自分で納付」をチェックすることで、送られてくる納付書を使って自分で納める普通徴収に切り替えることができます。

ただし、住民税の納税に当たっては特別徴収を励行している自治体も多くあり、「自分で納付」にチェックをしても特別徴収に切り替えられてるなんてこともありますから注意しましょう。

給与所得以外の収入を得る

住民税が特別徴収されるのは、副業でアルバイトやパートなどをして給与所得を受けている場合です。

しかし、例えば転売やハンドメイド販売、インターネットビジネスなどで「雑所得」「事業所得」を得ているのであれば、話は別です。

それらは別途自分で確定申告をすることになるので、何もせずとも普通徴収にすることができます。

確定申告は欠かさずする

「確定申告をしなければ、税金なんて細かい話をしなくて済むんじゃ…?」と考える人もいるかもしれませんが、確定申告は欠かさず行いましょう。

確定申告が必要なのにしない場合、脱税という法律違反になってしまいます。

最悪の場合勤務先の給与差し押さえをされてしまうようなこともあるのです。

差し押さえ命令が出れば当然会社にはバレますし、それどころかより多くの税金を払うことにもつながってしまいます。

副業をするのであれば、確定申告は必ず行うようにしましょう。

副業していることは誰にも言わない

副業をしていることを安易に周りの人に言わないことも、バレないためには重要なポイントです。

うわさが回るのは想像以上に早いものですし、その手の話を昼休みや飲みに行ったときなどにするのが、会社員は結構好きだったりします。

酔っぱらって口を滑らせることも十分に考えられますから、上司はもちろんのこと親しくしている同僚にも言わない方が賢明でしょう。

在宅の仕事をする

副業をしている姿を会社の人にバレないようにするには、在宅でできる仕事をするものおすすめです。

現代ではインターネットの活用が進んで、昔よりも在宅でできる副業のバリエーションが非常に豊富になり、十分な収益を得られるものもたくさん出てきています。

先ほどおすすめしたスマホdeマネーも、スマホ一台で在宅でできる副業の一つです。

目標次第では100万円の月収も目指せる副業を紹介してくれますので、気になる方は詳細を下記のリンクからご確認してみてください。

\スマホだけの簡単副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

バレない副業選びの5つのポイント

バレない副業選びの5つのポイント

ここまでは、副業がバレないためのコツをご紹介しました。

ここからはそれを受けて、具体的に副業を選ぶときのポイントをご紹介いたします。

給与所得じゃない収入源を

まず大切なのが、給与所得以外の形で副収入を得る事です。

副業を始めてしまった後からでは収入の形態を変えることはできませんから、副業を選ぶ段階で気を付ける必要があります。

「ほとんどの仕事が給与所得なんじゃないの…?」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

転売やアフィリエイトなど、給与所得以外の収入を得る方法には沢山の種類があります

インターネットでできる

在宅で私語をとするのであれば、インターネットを活用するのが現代では一番だと言えます。

アフィリエイトビジネスやクラウドソーシング、フリマアプリを使ったハンドメイド品の販売など、インターネットを使ったビジネスも数えだせばきりが無いほどです。

少なくともこの記事を見つけてくださったあなたになら、きっと最適ビジネスが見つかるでしょう。

ポイントサイトで稼ぐ

給与所得以外の収入としては、いわゆる「ポイ活」もおすすめできます。

ポイントサイトで得た収入も確定申告の対象ではありますが、先ほど説明した通り民税を普通徴収とすれば、会社バレの心配はしなくて済むでしょう。

株式投資やFXも

株やFXなどの投資は、そもそも会社に副業とみなされないことも多いと言えます。

投資を副業に含めてしまうと、社員が自分の会社の株を持つ持ち株制度や確定拠出年金など将来に備えるため投資も禁止することに繋がってしまうからです。

会社にもよるため確認が必要ではありますが、副業に該当する可能性は低いと言えるでしょう。

FXでの副業はこちらの記事で詳しく解説しているので合わせてご一読ください。

時間を取られない副業をしよう

本業の会社に副業がバレないためには、時間をあまりとられない副業を選択することも大切です。

時間や労力がかかりすぎて本業を圧迫してしまっては本末転倒ですし、あまりに影響が出てしまうと会社から疑いの目を持たれるきっかけになってしまいます。

スマホdeマネーは、スキマ時間でいつでもどこでも取り組める副業を無料紹介してくれますので、おすすめです。

詳細は下記リンク先からご確認ください。

\スマホだけの簡単副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

絶対にバレないおすすめの副業3選

絶対にバレない副業3選

ここまでの情報を踏まえて、ここからは絶対にバレないと言える副業を3つに厳選してご紹介します。

本業との両立にもうってつけの3つですので、ご確認ください。

おすすめの副業はこちらの記事でたくさん紹介しているので合わせてご一読ください。

スマホdeマネー

スマホdeマネー

スマホdeマネーは、スマホを使ってスキマ時間にできる副業を無料で紹介してくれる、副業のすすめが特におススメするサービスです。

スマホやパソコン、タブレットがあればスキマ時間の活動で月収100万円も目指すことができます。

実際に利用している方の声も、下記の通り沢山公式サイトに寄せられているのです。

  • 高級車を購入
  • 財布の中には常に100万円
  • 日本を離れて海外生活
  • 毎月行ける海外旅行

公式サイトからLINE登録するだけで、副業を無料紹介してくれます。

特別な時間は必要なく、給与所得にもならないため、会社バレしたくない方にはもってこいの副業でしょう。

\スマホだけの簡単副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

プチ起業

給与所得以外の収入を得るには自分で起業してしまうのも一つの手です。

「そんなの、ハードルが高い…」と思う方におすすめなのが、「プチ起業」です。

自分にこれといった自信がないという方でも、自分だけの独占市場を作る仕組みをレクチャーしてくれます。

現状では公式サイトからLINE登録するだけで無料レクチャーしてくれるようなので、気になる方は今のうちに始めてみてしまいましょう。

\話題沸騰中!/

プチ起業に
無料で登録する!

どこでもビジネス

どこでもビジネス

こでもビジネスは、スマホやパソコンで簡単にできる副業術を無料紹介してくれる人気のサービスです。

自分にぴったりの副業を見つけられますし、辞めたくなったらいつでもやめられますので、気軽に取り組むことができます。

自分に自信がない方や特に知識やスキルがないという場合でも、十分に取り組める副業を紹介してくれるのです。

コチラも公式サイトからLINE登録するだけで無料利用できますから、副業で悩んでいるのであればとりあえず登録しておくのが良いでしょう。

\次世代在宅ワーク!/

どこでもビジネスに
無料で登録する!

バレない副業に関するQ&A

バレない副業に関するQ&A

ここからは、副業の会社バレに関して多い質問とその回答を共有いたします。

多くの人がつまづく部分ですから、事前にしっかりと押さえておきましょう。

確定申告を自分でやればバレないって本当ですか?

先ほどお話しした通り、確定申告をする際に「自分で納付」を選択すれば普通徴税となり、会社に増えた分の税額が通知されることはありません。

しかし、自治体によっては「自分で納付する」を選んでも特別徴税に変えられてしまったり、そもそも普通徴税が選択できない場合もあるため、注意が必要でしょう。

手渡しで給料を貰えばバレませんか?

手渡しであれば銀行の口座にも記録が残らず、バレないのではないかと思うかもしれませんが、実は、バレることもあり得ます。

手渡しをする側が企業である場合、現金で手渡しをしたとしても企業には税務署に報告をする義務があります。

また、同僚からの密告でバレる可能性も否定できませんので、特に外に出て行う仕事の場合は注意しましょう。

【まとめ】絶対にバレない副業3選

副業を会社が禁止している場合、バレないようにする方法はいくつかあります。

住民税の問題や同僚からの密告に対策を打つことができれば、会社にバレにくいようにすることは十分にできるでしょう。

特に給与所得以外の収入を在宅でスキマ時間の作業で得られる形が一番バレにくいと言えますので、今回ご紹介したスマホdeマネーのようなスマホ副業を中心にお試しいただいてみてはいかがでしょうか。

\スマホだけの簡単副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*