サイバーエージェントの副業の実態に迫る!日本でも進んだ働き方を解説!

サイバーエージェントの副業の実態に迫る!日本でも進んだ働き方を解説!

日本を代表するIT企業、株式会社サイバーエージェント。

サイバーエージェントは2000年に東証マザーズに上場している企業です。

関連会社、子会社は十指に余るほどあります。

グループ企業全体で見ると業務も多岐にわたり、ソーシャルゲーム事業のCygames、動画配信事業のabemaTVとあらゆるジャンルで結果を残している企業です。

日本の多くの企業が副業解禁の流れにある中、サイバーエージェントは副業をOKとしているのでしょうか?

この記事ではサイバーエージェントの副業事情に関してリサーチしてみます。

この記事を読んでわかること
・サイバーエージェント社員が副業をするメリットとデメリット
・サイバーエージェントの副業形態「Cycle」について
・サイバーエージェント社員におすすめの副業
・サイバーエージェント以外に副業を推進している企業

「今すぐ副業を始めたい」「簡単な副業を探している」という思いでこの記事にたどり着いた方もいるでしょう。

そんなあなたにはスマホひとつでできる副業案内サイト、スマホdeマネーに登録してみるのが良いでしょう。

無料でLINE友達登録をして、稼げる副業案件をゲットしてください。

\スマホだけの簡単副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

サイバーエージェントは副業することができる?

副業することができる?

サイバーエージェントは日本を代表するIT企業です。

サイバーエージェント社員の平均年収は731万円と、日本平均年収をはるかに上回ります。

本業で十分と言える収入を得ているサイバーエージェント社員ですが、副業を認めているかどうか気になる方もいるでしょう

結論、サイバーエージェントは正式に副業を認めている企業なので、サイバーエージェントの社員は堂々と副業をすることができます。

副業に興味があるサイバーエージェント社員はぜひチャレンジしてください。

サイバーエージェント社員が副業をするメリット

副業をするメリット

他社と比較すると、十分な年収を得ていると言えるサイバーエージェント社員。

他企業に勤めていて副業を認められていない社員は嫉妬してしまうかもしれません。

そんなサイバーエージェント社員が副業をするメリットに関してまとめてみます。

サイバーエージェントの社員の方で、副業をするかどうか迷っている方は参考にしてください。

単純に収入が増える

副業をした分収入が増えるのは当然の事です。

向上心のある優秀なサイバーエージェント社員であれば、「もっと稼いでみたい」という気持ちになることでしょう。

現状の給料に満足していないサイバーエージェント社員は、積極的に副業に取り組んでいきましょう

さらに副業で十分な収入を得る事で、将来独立するビジョンが見えてくることもあります。

独立を夢見ているのであれば、単純に収入が増えるという事以外にも副業をすることで多くのメリットを感じることでしょう。

自分のスキルを向上させる事ができる

副業することは個人のスキルアップにもつながります

副業でスキルアップして、そのスキルを自社に還元したいという人もいるでしょう。

個人のスキルアップが自社の成長に繋がるのであれば、サイバーエージェントにとってもメリットは大きいです。

副業をやってみたいと考えるサイバーエージェント社員は、副業に取り組んで見る事をおすすめします。

副業をやってみたいけど、やりたい副業がわからないという方は、スマホでスキマ時間で取り組める副業からスタートしてみるのも良いでしょう。

スキルアップできる副業をまとめた記事もあるので合わせてご一読ください。

スマホdeマネーは公式HPに「スマホ、タブレット、パソコンのどれか1つがあれば大丈夫」と記載があります。

スマホでできる副業を完全無料で紹介してくれるサイトですので、まずはLINE登録をしてみてはいかがでしょうか?

\スマホだけの簡単副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

サイバーエージェント社員が副業をするデメリット

副業をするデメリット

サイバーエージェントが副業OKなのであれば、副業をやることにデメリットなどあるのか?と考えてしまうかもしれません。

しかし、副業をしてトラブルがあったという話があるのは事実です。

ここではサイバーエージェント社員が副業することによるデメリットを紹介します。

副業を始める前にデメリットを把握しておくことで、回避できるトラブルもあることでしょう。

本業に支障をきたす恐れがある

かつて多くの企業が副業を禁止としていました。

その最も大きな理由が「本業に支障をきたす恐れがある」ということです。

副業を禁止とする謳い文句の印象もありますが、副業をすることで本業に支障がきたすのであれば、企業が困るのは理解できます。

せっかく高収入のサイバーエージェント社員になっても入っていても、または副業でスキルアップをして企業に還元しようと考えても、それにより本業が疎かになってしまっては元も子もありません

企業から見たときに、明らかに本業の妨げになっているようであれば、企業との関係性も悪くなってしまうことでしょう。

企業や他の従業員からの目が厳しくなると、当然社内での居心地は悪くなってしまいます。

サイバーエージェントは副業をOKとしているわけですから、副業をやるのであれば本業をしっかりとこなすというのは意識して取り組むようにしましょう。

副業を開始するのに申請が必要

サイバーエージェントは副業を認めておりますが、副業をスタートする前に申請をする必要があります。

事前申請をするのは、副業をOKとしている多くの企業でも共通なので、デメリットとまでは言えないかもしれません。

申請が通らないケースの情報はほとんど見当たりませんので、サイバーエージェントにとってよほどデメリットがある案件でなければ、副業は認められると予想できます。

こそこそと副業するのもストレスになりますので、申請してから副業をするようにしてください

サイバーエージェントの副業形態「Cycle」とは

副業形態「Cycle」とは?

2019年、サイバーエージェントは独自の副業システム「Cycle/サイクル」を導入しました。

Cycleがどのようなシステムなのかは、サイバーエージェント社員でもなければ、多くの方は知らないはずです。

ここではCycleの仕組みや詳細を解剖していきます。

仕組み

サイバーエージェント独自の副業形態をCycleと言います。

Cycleの仕組みとは、サイバーエージェントのグループ会社内で循環させる副業形態です。

今まで外部企業に委託していた外注案件を、グループ企業内で回すということです。

例えば、サイバーエージェントのクリエイターが、ゲーム関係の子会社CygamesのゲームCGを作成するなどが挙げられます。

これはグループ企業全体のスキルの底上げに繋がることです。

サイバーエージェントの子会社だけでも30社以上は確認できます。

業務も多岐にわたり展開しているので、自身のスキルを活かせる副業案件も見つかる可能性が高いです。

社員にとっても企業にとってもメリットがあり、画期的なシステムと言えるでしょう。

対象者

サイバーエージェント独自の副業形態「Cycle」の対象者は、サイバーエージェントグループに勤務していることです。

サイバーエージェントは副業をしたい社員と副業案件のマッチングできるポータルサイトを開発しています。

副業をしたい社員は、このポータルサイトから副業したい案件や副業をするタイミングなどをチョイスすることができます。

サイバーエージェント社員におすすめの副業

おすすめの副業

サイバーエージェントは申請をすることにより副業可能です。

また、独自の副業形態Cycleにより、自社グループ企業の副業を受けることもできます。

このように副業の選択肢が多いサイバーエージェント社員におすすめの副業をシェアします。

おすすめの副業の記事と合わせてご一読ください。

スマホdeマネー

スマホdeマネー

独自で副業を始める、だけど何から初めて良いかわからないというサイバーエージェント社員には、スマホ1つでできる副業をおすすめします。

スマホでできる副業であれば、通勤時間などのスキマ時間を使って副業をすることができます。

完全無料で登録可能なスマホdeマネーは、登録をすると案件を紹介してくれるシステムです。

公式HPにはスマホがあればできると謳っています。

登録後に副業案件の案内がありますので、それを見て判断するのが良いでしょう。

\スマホだけの簡単副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

クラムスクール

クラムスクール

写真や動画を送信して報酬が発生するシステムなのがクラムスクールです。

写真や動画はスマホで撮影したもので良く、スマホ1つで完結する副業です。

LINE登録をすると詳細が送られてくるので、まずは登録して案内を受けてください。

クラムスクールは無料ではなく有料の情報になりますので、情報を見てから自身に合っているかどうかの判断をするのが良いでしょう。

\片手間で稼げる!/

クラムスクールを
今すぐ確認する!

Everyday

Everyday

スマホで2択に答えて報酬を受けとるEverydayを紹介します。

公式HPには最短30秒という謳い文句がありますので、スキマ時間を活用してできる副業と言えるでしょう。

最短翌日に口座へ入金ともありますので、側近性の高いビジネスモデルのようです。

公式HPを見る限りだと、まずはLINEで友達登録をしてから詳細を知る流れになります。

LINE登録は無料なので登録をして情報を確認してからスタートしてください。

\即日稼げる!/

everydayを
今すぐ確認する!

サイバーエージェント以外に副業を推進している企業

副業を推進している企業

サイバーエージェントは副業を容認しているだけではなく、独自の副業形態も用意している企業です。

日本の企業は今、副業解禁の風潮があり、サイバーエージェント以外にも副業OKな日本企業も増えてきています

ここではサイバーエージェント以外に副業を推進している企業をシェアします。

副業OKの企業への転職を考えている方も知っておいて損はしないでしょう。

ソフトバンク

ソフトバンクは電気通信事業などをメインに成長してきた日本を代表する企業です。

携帯電話のキャリアとして知らない人はいないでしょうし、2005年から福岡のプロ野球チーム「ソフトバンクホークス」としての歴史をスタートと、ビジネスパーソンで無くても認知されている企業と言えるでしょう。

このような歴史を持つソフトバンクは2017年に副業を解禁しています。

副業により単純に収入を増やすことを進めているわけではなく、副業をする条件として「従業員の成長に繋がること」があります。

従業員の成長がソフトバンクの成長に繋がるという考えが見て取れます。

事前申請は必要なので、ソフトバンク社員は申請をした上で副業をするように注意してください。

ソフトバンクの副業について解説している記事もあるので合わせてご一読ください。

ソニー

日本の電化製品の最大手ともいえるソニー/sonyも副業を解禁している企業です。

2015年以降、ソニーは兼業&副業を推進する姿勢を取っています。

副業を推進することで優秀な社員の離職率を下げるという効果もあるようです。

Route Design合同会社の代表、津田賀央さんのケースはその代表的な例とも言えます。

津田賀央さんはソニーの社員として東京で週3回の勤務をこなしながら、勤務以外の日はRoute Design合同会社の所在地、長野で自身の会社の仕事をこなしています。

津田さんは理想のライフスタイルを送るため、企業にプレゼンをしてこの勤務形態を勝ち取りました。

ソニーの社員として企業貢献をしつつ、自身の好きなライフスタイルを楽しめるのも、ソニーの副業推進制度によるものです。

富士通

富士通は日本の総合電子機器メーカーで、業界最大手とも言える企業です。

富士通も2017年に厚生労働省が発表した副業解禁の流れを汲み、副業を解禁している企業です。

実際に富士通に席を置きながら活躍している起業家、フリーランスの方がいます。

副業をするには事前の申請が必要なので、その点はおさえておきましょう。

【まとめ】サイバーエージェントは副業を推進している

副業を推進している

この記事ではサイバーエージェントの副業事情の実態をリサーチしました。

サイバーエージェントは副業をOKとしていますし、独自の副業形態「Cycle」もあるため、非常に副業をやりやすい企業です。

サイバーエージェントの社員は優秀な方も多いでしょうし、積極的に副業をしてより良い人生を歩んでください

今あるスキルを活かして副業を探すのも良いですし、興味のある分野の勉強をして副業にするのも良いでしょう。

「副業をやってみたいけど、何から初めてよいのかわからない」という方もいるかと思います。

スマホで簡単にできる副業もあるので、やりたい副業が見つかるまでの間にでも、片手間でできる副業からスタートしてみるのはいかがでしょうか?

スマホdeマネーは登録無料で副業を紹介してくれるサイトです。

\スマホだけの簡単副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*