医師でもできる副業6選を紹介!選び方と始める際の注意点を解!

医師副業

高給をもらっているイメージがある医師ですが、実は副業を行っている人がとても多いのです。

もらっているお給料に比べると、長時間勤務や宿直、緊急対応、職場の人間関係、医療ミスへの細心の注意といったように、求められる条件が非常に厳しく、バランスが取れていないからです。

特に、研修医を始めとする、まだ経験年数の浅い医師の場合、年収もまだ低いままであることが多いため、副業を行うことによって経済的な安定を得ようとしています。

このページを読んでわかること

・医師って副業しても大丈夫なの?
・医師が副業をするメリット
・医師が副業をするデメリット
・医師は非常勤のバイトをすれば稼げる!
・簡単で医師におすすめの副業

そもそも医師が副業をしても大丈夫なのか、するとしたらどのような副業が考えられるのかについて、このページでは解説していきます。

特に研修医や経験の浅い医師にとって、副業は重要な収入源となりますので、当ページでご紹介する手軽な副業も含めて、本業を邪魔しない収入源に挑戦してみましょう。

\スマホだけの簡単副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

医師って副業しても大丈夫なの?

医師の副業大丈夫か

医師のイメージと言えば、「医師は医師の仕事に専念するもの」のように感じられるのではないでしょうか。

他に副業を持っているとしたら意外すぎますし、医師業に集中して欲しいとも思います。

そのために十分な収入をもらっているとも感じられます。

しかし、これは医師に対する誤解であり、患者側の勝手な思い込みだと言っても良いでしょう。

実際には、よほど繁盛している開業医でもない限り決して高給取りではないと言われるのです。

このため、生計維持のために医師が副業するのはもはや当たり前のこととなっています。

つまり、医師が副業を行うことは全く問題ないことなのです。

最も多い副業は病院の掛け持ちで、メインの病院以外にも他の病院で非常勤医として働くケースが見られます。

それだけでも1回あたり数万円稼ぐことができるようですから、副業しているかどうかで月収も随分変わってくるわけです。

ただし、勤務医で勤務先の病院が副業を禁止している場合もありますので、勤務医の方は注意が必要です。。

医師が副業をするメリット

メリット

医師だからと言って、決して高給取りではありません。

むしろ、勤務医の場合は給料が意外と低く、副業せざるを得ないとも言われています。

そんな医師にとって、副業は次のようなメリットを与えてくれます。

時給を上げられる

医師の仕事は過酷な一面があります。

時間の関係なく呼び出されることもありますし、残業もよくあることです。

また、医局を主とした院内の人間関係に苦労するケースもあるようです。

さらに医師は出費が非常に多いと言われており、出張費だけでも給料の多くを割かなければいけないほどです。

そんな医師の毎月の給与を時給換算すると、とても低くなることは明白です。

もし医師が副業を行い稼ぐことができれば、時給単位で考えてもより十分な収入を得ることができるでしょう。

時給単位で金額が上がるということは、月収が良い方向に大きく変わるということなので、医師の副業はもはや必須と言っても過言ではありません。

収入源を分散させることができる

患者側からすれば、医師は医師として集中していて欲しいと考えるものです。

仮にその要望をそのまま受け取った場合、医師自身も医療に集中することができて一見良いように思えますが、実は収入面で問題が出てくるのです。

一番の問題は、収入源が1つしかない心細さにあります。

勤務医の平均的な収入は800万円前後とされており、これは一般家庭からしても十分に高給と言えますが、そこがまさに盲点なのです。

医師は日中の診察だけ行って帰宅するわけではなく、当直、緊急対応、高度な知識や経験の維持といった対応が常に求められており、その一方で休みは取りにくく、経験年数を重ねなければ給与額も立場も上がらないのです。

つまり、経験年数が低い医師ほど年収額も低く、それでいて勤務条件はタイトであることを示していますから、医師の負担と金銭面を中心とした待遇バランスが非常に悪い状態だとも言えます。

さらに金銭面に関して言えば、1つの病院だけに勤務していた場合、何らかの理由が起こり退職せざるを得なくなると急に無収入になってしまいます。

そこで、若手ほど仕事の掛け持ちをして収入源を分散させ、何が起きても経済的に困らないようにしているのが現状なのです。

医師が副業をするデメリット

デメリット

医師の副業は、その能力向上や収入源の分散といったメリットがありますが、状況によってはデメリットも生じやすいのが事実です。

ここでは、特に注意したいデメリットについて説明します。

公的病院勤務の場合、副業規定違反となる

病院は、国立病院や公立病院といった公的性格を持つ病院と、個人や企業等が運営する民間病院に分かれます。

民間病院の場合、医師への待遇は病院自ら決めることができますが、公的病院の場合は状況が異なります。

地方公務員法38条で、「営利を目的とする私企業を営むことを目的とする会社その他の団体」での副業を禁止されています。公的病院の場合はその待遇が公務員に準じることから、給与は民間に比べて低めである一方、福利厚生等の就労環境は整っているのです。

本業に差し支える可能性がある

医師の副業と言えば、非常勤で複数の病院を掛け持ちする方法が挙げられます。

1回あたり3万円から4万円ほど稼げるので、週に2日、3日と働けばそれだけで週10万円近い副収入となります。

しかし、医師は患者に対して適切な医療行為をしなければいけません。

仮に掛け持ちの副業をした場合、疲れから仕事に集中できないと、患者をしっかりと診ることができなくなってしまいます。

また、1つの勤務先についてしっかり学ぶことが難しくなったり、効率的な動き方を把握できなかったりと、何らかのハードルが生じてしまう可能性も出てくるでしょう。

本業として勤めている病院に差し支えるような副業の仕方をしてしまうと、患者のみならず勤務先病院に迷惑を掛けてしまう可能性も出てきてしまうので、細心の注意が必要です。

このようなデメリットが気になる方はスマホdeマネーなどの副業サービスから始めてみましょう。

\スマホだけの簡単副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

医師は非常勤のバイトをすれば稼げる!

非常勤のバイト稼げる

以上のことを踏まえれば、医師の副業は、医師としての本文を忘れ本業を疎かにしなければ基本的にOKであることがわかります。

体調を崩さぬようしっかり自己管理し、本業の病院でも非常勤の病院でも、きちんと患者を診て治療を行うことができれば良いのです。

前述の通り、他の病院に非常勤医師として勤務する副業を行えば、1回あたり3万円前後は稼ぐことができるので、月にすると10万円前後は副収入として入ることになります。

このため、非常勤医としての副業を実際に行っている医師はかなり多いと言われています。

ただし、本業での勤務でさえ大変なところ、他の病院でも身を削って働くのですから、医療ミス等が起こらないよう常に敏感になっておく必要があります。

では、隙間時間に取り組むことができ、相応に稼げる方法があったとしたら、医師にとっては最良ではないでしょうか。

それがスマホ副業と呼ばれるもので、当ページでは特にスマホdeマネーという方法をお勧めしています。

普段のスマートフォン利用の延長線でお金を稼ぐことができますし、肉体的にも精神的にも疲れることがありません。

休憩時間に取り組むこともできますし、余暇は余暇として自分のために使えるようになるので、より楽に稼げるスマホ de マネーに取り組んでみるのも良い選択肢の1つだと言えます。

\スマホだけの簡単副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

簡単で医師におすすめの副業6選

お勧めの副業

本業を邪魔しなければ、医師も積極的に副業を行って収入源を増やした方が良いでしょう。

ここでは、当ページがお勧めする5つの副業についてご紹介します。

おすすめ副業の記事と合わせてご参考ください。

スマホdeマネー

スマホでマネー

スマホ de マネーは、スマートフォンの作業で、最終的には月100万円を目指すことができる方法です。

タップするだけなので非常に簡単ですし、必要なものはスマートフォンかタブレット、あるいはパソコンの中の1つで良いので、誰でも取り組むことができます。

実践にあたり料金がかかることはなく、完全無料で副業情報を紹介してもらえます。

医師と言えば多忙を極めた存在ですが、このサービスで隙間時間でもできる仕事を探すと良いでしょう。

まずはLINEで友達登録します。すると。さっそく有益な情報が配信されてくるので、思い立ったら少しでも早く取り組んでみることをお勧めします。

\スマホだけの簡単副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

セレクト

セレクト

セレクトなら、知識やスキルがなくても稼げる副業だけを厳選して配信してくれます。

紹介してもらえる仕事は、スマートフォン1台でできるもの、1日5分からで良いもの、希望する作業時間希望に合わせたものもあります。

常に忙殺されている医師であっても、隙間時間はあるものです。そんな時間を上手に活用すれば、一般的な副業よりも効率的に稼いでいくことができるでしょう。

帰宅後や寝る前の5分~10分程度なら誰でも空くものですから、自分の都合に合わせて仕事を選ぶのが賢い使い方です。

月5万円~10万円くらい、毎月数十万円、月収100万円と、それぞれの目標に合わせて頑張っていけば経済的に困ることはないと言えます。

\知識がなくても稼げる!/

セレクトに
今すぐ登録する!

 

不動産投資

不動産投資

自分名義の不動産を持っているか購入の予定があるのなら、不動産を貸し出して家賃収入を得ることもできます。これを不動産投資と呼びます。

不動産投資では、土地建物が利便性の良い場所にあるかどうかで収入が変わってきます。

また、マンションの一室だけを購入して貸し出す方法と、アパート一棟をまるまる購入して貸し出す方法とがありますので、自分に合った方を選択すると良いでしょう。

なお、家賃収入は運用益といい、仮に不動産を売った時に得られるだろう利益を売却益と言います。

安定した収入を得たい場合は、貸し出しによる運用益を狙うのが良いと言われています。

不動産での副業の記事をご参考ください。

株式投資

株式投資

企業がその商品やサービス等について向上を目指すためには資金が必要です。

そこで株式を発行し、購入してくれた人が出資者となって企業を支える仕組みが生まれました。

株式は、企業の業績や貢献度等によって価値が上下し、価値の変化に合わせて株主である投資家は株を売ったり買ったりします。

そんな株式で利益を出すためには、株価が上がった時に持ち株を売ることです。

なお、生活に関わるお金を投資してしまうと、将来損益となる可能性もあるので、あくまでも余剰資金の活用法として株式投資を行うようにしましょう。

FX

FX

世界にはいろいろな通貨が存在していますが、日本円もその1つです。

これらの通貨は互いに連動しており、一定の交換割合によって流通しています。

つまりレートが存在するので、例えば2つの通貨を購入しレート差による利ざやが生じた時に売れば、利益を手にできることになります。

FXには短期的に一気に資金を増やすことを目指す方法と、まとまった額を長期的に運用して利益を貯めていく方法とがあります。

短期的に増やす方法は魅力的ではありますが、その分損が出たときのダメージも大きいので、長期運用の方をお勧めしたいと思います。

YouTube

youtube

最近では医師や弁護士など特筆すべきスキルや経験を持った人がYouTubeに進出する流れが加速しています。

医師YouTuber は競合も少ないですし、健康に関する情報は誰もが気になるものです。

収益化までの道のりは長いですが、一度収益化できれば不労所得として稼ぎ続けることができます。

【まとめ】医師でも副業しても大丈夫なの?

まとめ

特に研修医の場合、その年収はおよそ450万円前後と言われています。

医師は意外と出費が多く、出張費だけでも数十万円かかり、他にも学会費用や医師のための賠償保険料等、収入が高くても出るお金も多いところが特徴的なのです。

だからこそ副業を試みる医師が後を絶たないと言っても良いでしょう。

副業として勤務する場合、一般的には複数の病院で非常勤医として働きますが、週1回1ヶ所あたり3万円稼げるとすれば、1ヶ月で約12万円の副収入を得ることができるわけです。

決して馬鹿にできない金額ではありますが、ただでさえ大変な医師の仕事を増やして稼ぐのですから、決して割の良い方法とは言えません。

だからこそ、先ほどご紹介したような副業を活用して隙間時間に取り組んでいけば、心身共に疲労することなく、月に数万円から数十万円もの金額を手にすることができるのです。

できるだけ本業の医師としての仕事に影響しないよう、稼げるお金を最大限稼いでいくと良いでしょう。

\スマホだけの簡単副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*