ダブルワークが絶対にバレない方法!バレる原因と対処法を解説!

ダブルワークが絶対にバレない方法!バレる原因と対処法を解説!

ダブルワークをしていると「会社にバレる」ということが不安になるでしょう。

どんな原因でバレるのか、バレたらどうすればいいのかなどの点が、特に気になるかと思います。

この記事では、上記の2点に加え「バレないようにする事前の対策」なども解説していきます。

読んでいただくことで、ダブルワークをバレないように行いやすくなるでしょう。

この記事を読んで分かること

  • ダブルワークがバレるシチュエーション
  • ダブルワークがバレる原因
  • ダブルワークがバレた場合の対処方法
  • ダブルワークがバレないようにする方法

なお、一番バレにくいダブルワークとして、当サイトでは「副業のすすめおすすめ副業」をおすすめしています。

スマホ1台で1日5分などの隙間時間から取り組めるものです。

月収50万円や100万円以上も狙えるビジネスなので、ぜひ下のサイトで詳細をチェックしてみてください。

\副業のすすめ一押し!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

ダブルワークがバレるシチュエーション

ダブルワークがバレるシチュエーション

ダブルワークが発覚するシチュエーションは多数あります。

ここでは、その状況の中でも主だったものを3つ説明していきます。

毎年6月頃の住民税決定時期

ダブルワークがバレる時期として最も多いのは、毎年6月の「住民税が決まる時期」です。

この時期には住民税課税決定通知書という書類が、個人や法人に送付されます。

これがあなたの会社に届いたときに、あなたの「本当の年収」がバレて、副業が発覚することがあるのです。

詳しい理由は別の段落で解説します。

職場の同僚や上司がお客さんになった

たとえばあなたが物販のダブルワークをしていたとします。

そして、職場の同僚や上司が顧客として、あなたの商品を買ったとします。

すると、領収書などの明細であなたが販売者であることがバレてしまうのです。

同僚や上司が見落としてくれればいいのですが、気づいてしまうこともあるでしょう。

これを防ぐための自分の名前や住所を完全合法で伏せる方法は、別の段落で解説します。

ブログやSNSで個人を特定できる内容を書いた

ダブルワークのビジネスを盛り上げるために、ブログやSNSを運営することもあるでしょう。

この中で、運営者があなただと特定できる内容をアップすると、ダブルワークがバレることがあります。

文章としてそうした内容を書くだけでなく「写真」にも注意する必要があります。

たとえば「あなたの自宅の写真」だと、家を知っている同僚ならわかる可能性があるでしょう。

また、家に来たことがある同僚がいなくても、ストリートビューであなたの住所を検索すれば外観がわかるのです。

ストリートビューは探偵事務所なども情報収集に使う手段であり、この手法は決して侮れません。

とにかく「どこからバレるかわからない」ので、ブログやTwitter、フェイスブックなどの運用は慎重にしましょう。

むしろわざとダミーの情報を入れて別人と思わせるのがいいかと思います。

何にしても、ダブルワークがバレないようにするのは大変です。

最初からバレにくい「内緒でやりやすい副業」をしていれば、上記のように神経を使う必要はありません。

そのようにバレにくいダブルワークとして、当サイトでは副業のすすめおすすめ副業のスマホビジネスを推奨しています。

スマートフォン1台の簡単な作業で月収100万円以上も目指せるというビジネスです。

興味がある方は、ぜひ下の公式サイトから詳細をチェックしていただけたらと思います。

\副業のすすめ一押し!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

ダブルワークがバレる理由

ダブルワークがバレる理由

ダブルワークが会社にバレる原因は、主に3つあります。

ここでは、その原因・理由を詳しく解説していきます。

住民税の納税方式を「特別徴収」のままにしていた

会社員やフルタイムのアルバイトの場合、住民税は「特別徴収」になっています。

これは会社があなたに代わって住民税を納税するというものです。

本来、住民税は自分で納税するものです。

そのため、自分で納税する方式を「普通徴収」といいます。

これに対して会社が給与から天引きして住民税を納める方式を、特別徴収というのです。

サラリーマンのほとんどは特別徴収で住民税を納めています(フリーターの方も同じです)。

そのため、ほとんどの日本人にとってはむしろ「特別徴収が普通」となります。

しかし、本来は「自分で納めるのが普通」なので、天引き方式は「特別徴収」というのです。

そして、この方式のままにしていると、会社にダブルワークがバレます。

バレる流れを箇条書きすると下のとおりです。

  • あなたが、ダブルワークを含めた年収を2月~3月に確定申告する
  • その金額によって、自治体が住民税を計算する
  • それで決まった税額が6月頃に通知される
  • 普通徴収なら、この通知はあなたに届く
  • しかし、特別徴収では会社に届く

そして、会社に届いてどうなるかというと「この税額はおかしい」と、人事や経理の人が思うわけです。

  • ○○さんの給与(年収)は300万円のはず
  • それなら、住民税は○○万円のはず
  • なのに、なぜこんなに多いんだ?
  • 何かダブルワークをしているのでは?

ということですね。

住民税は一律のルールで計算されるので、税額を見ればあなたの本当の年収がわかるということです。

このようにしてダブルワークがバレるのを防ぐためには、確定申告のときに住民税の納税方法を「普通徴収」にする必要があります。

個人情報の公開が必要なビジネスをしている

たとえば輸入ビジネス・せどり・転売などは、個人情報の公開が必要です。

特定商取引法という法律に基づき、住所・氏名などを開示しなくてはいけないためです。

これも、レンタルオフィスを借りるなどの方法で対策はとれます。

しかし、個人情報自体が不要のサイドワークにすれば、そもそもそうした対策も不要となります。

接客業など人と対面するアルバイトをしている

下のような「人と接するダブルワーク」は、会社の関係者と会ったときにバレやすくなります。

  • レストラン・カフェ
  • ゲームセンター
  • パチンコ(ホール)
  • ティッシュ配り

他にも多くのものがありますが、要は人と会う普通のアルバイトはバレやすいということです。

こういったバレやすい仕事ではなく、バレにくいダブルワークを選べば、副業が発覚して問題になることはありません。

下記の副業のすすめおすすめ副業なら会社にバレることなく月収100万円も目指せるので、ぜひ詳細をリンク先で確認してみてください。

\副業のすすめ一押し!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

また、副業のすすめおすすめ副業以外で稼ぎやすい副業も多くあります。

それらのビジネスは「おすすめの副業」のページを参考にしていただけたらと思います。

ダブルワークがバレた時の対処法

ダブルワークがバレた時の対処法

ダブルワークがバレたとき、どのように対応すればいいのか悩んでいる人もいるでしょう。

ここでは、特に重要な対処法を3つ解説します。

副業禁止の会社であれば、まずは謝罪する

副業が禁止されている会社であれば、あなたは社内ルールに違反したことになります。

社内ルールは法律ではないので、守らなくていいと思うかもしれません。

しかし、契約した内容を守ることは、民法によって定められていることです。

つまり、ルールに違反した時点で「民法に違反した」ことになるため、あなたに非があります。

そのため、まずは誠実に謝罪しなければなりません。

会社としても、あなたが反省しているなら、戦力となる人材のクビを切ることはしたくないはずです。

そのため、あなたが今の仕事を続けたいと思っているなら、きっちりと謝罪する必要があります。

場合によっては始末書や顛末書などの書類を書くこともあるでしょう。

何にしても、信頼できる上司や同僚と相談しつつ、その会社の中で一番いい謝罪の方法をとるべきです。

社内規定に副業禁止の文言がないなら、非は認めない

逆に社内規定に「副業禁止」という内容が明記されていないなら、非を認めてはいけません。

というのは、ルールが明記されていない以上、副業は「やっていい」からです。

「暗黙の了解」というのは、法律の世界では基本的に「ないもの」とされます。

暗黙の了解を言い出したら、ありとあらゆることが曖昧なまま決まってしまい、秩序を保てなくなるためです。

そのため、ルールが明記されていないなら「あなたは何も悪くない」のです。

非を認めたらその後の立場が不利になるので、一切認めないようにします。

そして、弁護士や社会保険労務士などの専門家に相談するようにしましょう。

会社がこの副業を理由にあなたを辞めさせようとするなら「不当解雇」として訴えることもできます。

こうした法的な対処も含めて、どうするのが最善かを専門家に相談するようにしてください。

そのまま副業の方を本業にする

ここまでは「本業を続ける」という前提で書いてきました。

しかし、副業の方がすでに稼げているというケースもあるでしょう。

その場合、無理に本業にこだわる必要はありません。

会社をきっぱりと辞め、ダブルワークにしていた仕事の方に専念するというのもいいでしょう。

副業として片手間にやっていても、本業より稼げたわけです。

そのダブルワークを本業にして専念したら、さらに稼げることは間違いありません。

そのように稼ぎやすいダブルワークとしては、ここまでも紹介してきた副業のすすめおすすめ副業がおすすめです。

当サイトの「副業のすすめおすすめ副業」のページでも詳しく紹介していますが、スマホ1台で月収100万円以上も目指せるビジネスです。

下の公式サイトからLINEのアカウントを友だち登録するだけで始められるので、ぜひ気軽にリンク先をチェックしてみてください。

\副業のすすめ一押し!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

ダブルワークを絶対にバレないようにするには?

ダブルワークを絶対にバレないようにするには?

ダブルワークを「ほぼ絶対バレないようにする」方法はあります。

ここでは、その中でも特に重要な3つのポイントを説明していきます。

事業用にレンタルオフィス・バーチャルオフィスを借りる

特定商取引法に基づく表記などに自分の住所を記載すると、そこからバレるリスクがあります。

  • 会社はあなたの住所を知っている
  • あなたの住所を検索すれば、ネットショップなどのURLがヒットする
  • 名前を出していなくても事情を聞かれる
  • ダブルワークが発覚する

という流れです。

これを防ぐために表に出す住所では、自宅の住所を使わないようにすべきなのです。

レンタルオフィスを借りることは、費用はかかりますが一番良い方法です。

次に住所だけを借りるバーチャルオフィスですが、一応これもありです。

一応というのは「以前は、特定商取引法に基づく表示でバーチャルオフィスを使ってはいけない」というルールがあったためです。

しかし、平成30年6月以降は「現に活動している住所」であれば、どこでも良いことになりました。

「バーチャルオフィスは、現に活動していないのでは?」と思うかもしれません。

その通りですが、それを言うなら「デスクなどがあるレンタルオフィスも、本当に活動しているとは限らない」わけです。

一応個室を借りているけど、実際に活動している場所は自宅ということもよくあります。

そのため、バーチャルオフィスでも「実際に活動しているかいないか」は、税務署や警察が調べて初めてわかるのです。

よほど悪いことをしていなければ、そこまで調査されることはありません。

そのため、限りなくホワイトに近いグレーなのですが、バーチャルオフィスの住所を特定商取引法に基づく表記に使うことも「一応あり」となっています。

ただ、下の点で信用を得にくくなるので、理想をいうと「個室のレンタルオフィス」を借りるべきです。

  • 事業用口座を開設するときの審査で落とされる
  • 商工会などに参加するときの審査で落とされる
  • 消費者が住所を検索したとき、同じ場所が多くヒットするので「バーチャルオフィス」とわかる

これを見て「全然ダメじゃん」と思う人もいるでしょう。

実際、ある程度まともに経営に取り組んでいる事業者であれば、当初はバーチャルオフィスを借りていても、途中から普通のオフィスに移行するものです。

ただ、ダブルワーク程度のビジネスであれば、そこまでレベルが高くなくても大丈夫なので、当面はバーチャルオフィスでも十分といえます。

法人登記もしくは商号登記をする

法人登記とは会社設立のことです。

そして、商号登記とは「個人事業主の屋号と登記する」ことです。

これはもちろん、開業届とは違います。

開業届は税務署が管理するものですが、商号登記は法務局が管理します。

個人事業主の屋号であっても、正式な商号として法人のように認められるわけです。

いわば「レベルの高い個人事業」になるわけですね。

そして、法人登記や商号登記をすると特定商取引法に基づく表記で個人名を出す必要がなくなるのです。

これは、消費者庁の公式サイトにも書かれています。

「個人事業者の場合は戸籍上の氏名又は商業登記簿に記載された商号」が必要という文言です。

屋号(商号)であっても、商号登記をして「商業登記簿に正式に記載されていればいい」のです。

逆に商号登記をしていないただの屋号では、屋号だけの記載は認められません。

氏名を併記する必要があり、その氏名も当然本名でなくてはなりません。

「通称や屋号、サイト名のみを表示することは認められない」と、やはり消費者庁の公式ページに書かれています。

家族・配偶者を代表者にする

法人登記も商号登記もハードルが高いと感じる人もいるでしょう。

その場合、代表者を家族や配偶者にするという手があります。

こうすれば、本名であっても自分の名前を出していないので、会社にバレにくいわけです。

もちろん、会社の人が奥さんの名前などを知っているということもあるでしょう。

たとえば、会社の保険で奥さんが扶養に入っているなどのケースでは、名前が把握されていることもあります。

その場合「○○さんの奥さんがビジネスをしている」ということは、会社にバレる可能性があります。

しかし、奥さんがビジネスをすることは自由なので、そこまで会社が干渉することはできません。

あなたの本業に影響が出ていない限りは、会社も何もいえないのです。

逆に本業に影響が出ていたら、あなたがダブルワークをしていると疑われる可能性もあります。

そのため、くれぐれも本業に問題が生じないように、ダブルワークをするようにしてください。

このように「バレないようにダブルワークをする」というのは、相当に大変なことです。

最初からバレにくい副業のビジネスをしていれば、上記のような神経を使う必要はありません。

バレにくいビジネスとしては、ここまでも紹介してきた副業のすすめおすすめ副業が特におすすめできるものです。

詳しい作業内容や始め方などは、下の公式HPで確認していただけたらと思います。

\副業のすすめ一押し!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

ダブルワークがバレることに関するQ&A

ダブルワークがバレることに関するQ&A

ダブルワークがバレることに関しては、多くの疑問点があるでしょう。

ここでは、特に多数の人が疑問に思う内容を2つ説明していきます。

会社の副業禁止に違反すると、どの法律に触れるのですか?

これは民法415条の「債務不履行による損害賠償」という内容です。

債務とは借金の返済が代表ですが、「契約した責任」全般のことです。

「副業をせずに本業に専念する」というのは、当初の「契約した責任」だったわけです(ルールが明記されているなら)。

その「債務」を履行しなかった(果たさなかった)ということで、この条文に抵触します。

ダブルワークでクビになった裁判の判例は?

これは、下の3つが特に有名です。

東京貨物社事件 2000年11月10日
阿部タクシー事件 1967年8月25日
永大産業事件 1957年11月13日

いずれも解雇は正当として、会社側が勝訴したものです。

こうした判例があるのを見ると、副業をするのが怖くなるかもしれません。

しかし、よく見ると「戦後70年でそうした裁判がほとんど起きていない」ということが、年数の間隔でわかります。

また、それぞれの内容は会社員側が相当に悪質だったものです。

たとえば、2000年の事件は勤務先会社と競合するビジネスで、自分の会社を立ち上げていたのです。

これはもう完全なスパイ行為であり、ダブルワークというレベルではありません。

むしろ「解雇だけで済んでよかった」と言ってもいいレベルでしょう。

ここまで酷いことをしなければ、仮に解雇になるにしても、酷い形にはなりません。

ただ、やはり「バレるのではないかと不安」という方は多いでしょう。

そうした方には、自宅でもどこでも好きな場所・好きな時間にできて、バレにくいダブルワークをおすすめします。

ここまでも紹介してきた副業のすすめおすすめ副業なら、自分の個人情報を全く出さずにできるため、バレることはまずありません。

詳しい仕事内容などは、下の公式サイトで確認していただけたらと思います。

\副業のすすめ一押し!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

【まとめ】ダブルワークがバレる理由と対処法

【まとめ】ダブルワークがバレる理由と対処法

ダブルワークがバレる理由は、法律や税金の知識不足が主なものです。

加えてそもそも物販などのバレやすいビジネスをしていたということが大きな原因といえます。

逆に、副業のすすめおすすめ副業のような「ひっそりできるビジネス」に取り組めば、ダブルワークがバレる確率は限りなくゼロに近づきます。

バレないようにダブルワークをしたいと考えている方は、ぜひ下の副業研究所おすすめのサイトをチェックしてみてください。

\副業のすすめ一押し!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*