ラッキーディップの評判・口コミは悪い?本当に当たるか安全性を検証

懸賞サイトの中で特に歴史の長いサイトの一つとして、ラッキーディップ(Lucky Dip!)があります。

「懸賞に興味があるから使ってみたい」と考えている人もいるでしょう。

一方で「本当に当たるのか」「安全なサイトなのか」という点を疑問に思っている人もいるかと思います。

この記事ではごれらの疑問を解消するため、ラッキーディップの評判や安全性について解説していきます。

ラッキーディップの利用を検討している人には、特に参考にしていただけるでしょう。

この記事を読んで分かること

  • ラッキーディップとはどんなサイトか
  • ラッキーディップの特徴
  • ラッキーディップの口コミ・評判
  • ラッキーディップは本当に当たるのか
  • ラッキーディップは安全なのか
  • ラッキーディップを使う際の注意点

結論を書くと、ラッキーディップは安全で信用できるサイトです。

しかし、そもそも懸賞サイト自体がどこもほとんど当たらないものです。

そのため、安定してお金を稼ぐことが目的であれば、自力で行うビジネスで簡単なものをおすすめします。

老若男女誰でもスマホさえあればできるビジネスは、下記のサイトで詳しく紹介しています。

いずれも当サイト「副業のすすめ」一押しのビジネスなので、ぜひチェックしてみてください。

\副業のすすめ一押し!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

ラッキーディップ(Lucky Dip!)とは?

ラッキーディップ(Lucky Dip!)とは?

ラッキーディップは、あらゆるジャンルの懸賞情報を網羅しているサイトです。

サイト上かrあそのまま応募できるものもあれば、自分で別途SNSやハガキなどを使って応募するというものもあります。

ラッキーディップ

1996年から運営しており、特に歴史が長い懸賞サイトの一つです。

毎月「キーワードでプレゼント」という独自の懸賞企画も開催しており、ここでは下のような商品が当たります。

  • クオカード1,000円分
  • JCBギフトカード1,000円分

上記は2020年3月21日~4月20日のものですが、おおむね上記のレベルのものが、10名様に当たるという内容です。

こうした独自懸賞の当選についてはSNSなどでも当選者の方のクチコミが見られ、信用できます。

上記のように全体的に信頼性の高いラッキーディップですが、稼げるかといったらやはり稼げません。

  • 懸賞自体がそもそも当たりにくい(他サイトでも)
  • ラッキーディップ独自の懸賞も1,000円が10名様だけ
  • ラッキーディップ利用者の人数を考えると、これもほぼ当たらない
  • そのため、懸賞は「年で数千円」当てるのが限界

もちろん、もっと運のいい人なら「年で数万円」くらい当てられる可能性もあります。

しかし、それは宝くじと同じで「完全に運任せ」であり、本人の努力でどうにかできるものではありません。

その点、自分で行うビジネスだったら、取り組み次第でいくらでも稼げます。

ビジネスといっても難しいものばかりではなく、たとえば「スマホビジネス」なら誰でも簡単にできます。

スマホビジネスとは、スマホ1台の作業のみでできるビジネスです。

いつでもどこでも、隙間時間に自由に取り組めるものですが、それで月収100万円以上も目指せます。

そうしたスマホビジネスも含め、稼ぎやすいビジネスは下のサイトでまとめています。

自宅や好きな場所で、好きな時間に仕事をして稼ぎたいと思っている人は、ぜひチェックしてみてください。

\副業のすすめ一押し!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

ラッキーディップの特徴

ラッキーディップの特徴

ラッキーディップには主の3つの特徴があります。

この段落ではそれらラッキーディップの特徴を説明していきます。

1996年から24年運営する老舗サイト

ラッキーディップは1996年12月に運営を開始しています。

この記事を執筆している2020年4月時点で23年4カ月という長い歴史を持っています。

以前は別のサイト名で、2004年に名称変更をしました。

長い間運営されており、稼ぎやすくはないものの悪評はあまりないので、サイトとしての信頼性は高いといえます。

オープン懸賞とクローズド懸賞がある

ラッキーディップにはオープン懸賞とクローズド懸賞という2種類の懸賞が主に存在します。

オープン懸賞とは、誰でもはがきで応募できる懸賞です。

この記事の執筆時点では、下のような会社の懸賞があります。

  • アース製薬
  • 神戸物産
  • タニタ
  • JA全中
  • アスミック・エース

これらは雑誌などの懸賞情報にも掲載されているものがあります。

つまり、怪しい・危険ということは全くなく、逆に特別おいしいということもないというものです。

一方のクローズド懸賞とは、ラッキーディップや一部の媒体限定で応募している懸賞です。

応募方法は主に下のようなものがあります。

  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Web(ネット)
  • はがき

こちらでハガキによる応募はありますが、一般に広く案件が公開されているかどうかが異なる点です。

SNS懸賞や大量当選懸賞などバラエティ豊か

ラッキーディップには下のようなその他の種類の懸賞もあります。

  • SNS懸賞
  • 大量当選懸賞
  • 現金・金券懸賞
  • 簡単懸賞
  • 超簡単懸賞

特に商品ではなく現金やギフト券が欲しいという人には、現金・金券懸賞などが適しているといえるでしょう。

ラッキーディップの悪い評判・口コミ

ラッキーディップの悪い評判・口コミ

ラッキーディップには悪い評判も見られます。

ここでは、悪いクチコミの中でも特に多く見られる内容を説明していきます。

なかなか当たらない

これは懸賞サイトでは当たり前ともいえるかもしれませんが、ラッキーディップもなかなか当たりません。

基本的に、よく当たる懸賞サイトというのは存在しないのです。

理由は、よく当たるならみんな応募するので、結果的に当たらなくなるためです。

短期間から「よく当たる」サイトも存在するでしょう。

しかし、その評判が広まり次第、すぐに人が殺到してしまうわけです。

そして、他のサイトと同じ当選確率になった時点で、ようやく人の流入が止まるわけですね。

そのため、ラッキーディップも「他のまともなサイトと同程度の当選確率」であり、要は「あまり当たらない」のです。

(懸賞サイトが基本的に当たらないことは、多くの社会人が理解しているでしょう)

ただ、一つだけ「マシ」な点を挙げると「わざと当選を出さないサイト」よりは良いといえます。

「よく当たるサイト」はありませんが「全く当たらないサイト」は存在します。

当選を出すと言っておいて出さないサイトですね。

SNSなどで当選情報を出しますが、もちろんサクラのものです。

これはインフルエンサーのSNS上のプレゼント企画などでもよく見られるパターンです。

ラッキーディップはなかなか当たらないものの、一応「全く当たらない」わけではありません。

その点では「詐欺的なサイトよりは大分マシ」といえるでしょう。

応募したい案件がない

ラッキーディップの懸賞は、現金・金券が当たるもの以外では「商品」が当たる内容になっています。

その商品で欲しいものがないというクチコミも見られます。

これについては好みの問題になるため、必ずしもラッキーディップに問題があるとはいえません。

しかし、ラッキーディップに限らず、懸賞サイトのアイテムが自分の好みに合うとは限らないということは言えるでしょう。

参考までに、この記事の執筆時点で「商品系」で出ている当選アイテムを一部紹介すると下のとおりです。

  • クリーム玄米プラン
  • 鶏肉のレモン漬けのたれ
  • 私のはちみつバター
  • 丸美屋商品詰め合わせ
  • ノザキのコンビーフ

食べ物が多いので「もらっても困る」ということは少ないでしょう。

しかし、嫌いな食べ物が多い、食品にこだわるがあるという人の場合は「欲しいものがない」という確率も高くなるはずです。

そのような人にとっては、ラッキーディップは「応募したい案件がない」といえるかもしれません。

ラッキーディップを語る不審なメールが届く

これはラッキーディップ自体が悪いわけではないので、一種の風評被害です。

ラッキーディップと名乗っているけど実はまったく違うという迷惑メールですね。

ただの迷惑メールならいいのですが、巧妙な詐欺の手口を用いたものもあるようです。

騙される人は少ないとは思いますが、ラッキーディップに応募している場合、騙されてしまう恐れもあります。

このため、ラッキーディップを名乗る人物や組織からメールが届いても、その内容をよく精査するようにしてください。

上記のようにラッキーディップの利用には難点も多く、そもそも当たりにくいのでおすすめできません。

お金を稼ぐことが目的であれば、自力で稼げるスマホビジネスなどを選ぶといいでしょう。

スマホビジネスとはスマホ1台でできるお仕事のことです。

1日5分などの隙間時間を活用して、誰でも効率的に稼げるようになっています。

スマホビジネスも含めた当サイト「副業のすすめ」一押しのビジネスは、下のサイトでチェックしてみてください。

\副業のすすめ一押し!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

ラッキーディップの良い評判・口コミ

ラッキーディップの良い評判・口コミ

ラッキーディップの評判の中には良いものもあります。

ここでは、それらの良い評判・クチコミを紹介していきます。

キャンペーンで当選してJCBギフト券1,000円をもらった

当選したクオカードのデザインが可愛かった

昔から使っているサイトなので信用できる

ラッキーディップが開設された1996年というのは、日本全体のホームページの黎明期です。

Web業界全体を見ても、この時期から続いているホームページは数えるほどしかありません。

そして、ラッキーディップのユーザーの中には、その最初期からずっと利用しているという方も見えます。

そうした方の間では、特に長く使っていて安心できるというクチコミが見られます。

ラッキーディップは本当に当たるの?

ラッキーディップは本当に当たるの?

ラッキーディップの懸賞に応募しようとするとき、多くの人が一番気にするのは「本当に当たるのか」ということでしょう。

結論を書くと、当選確率は低いものの、当たりは確実に出ているといえます。

下のツイートのように「実際に当たった」というクチコミが多数のユーザーさんの間で見られるためです。

もちろん、このようなツイートを見て「サクラではないか?」と思う人もいるでしょう。

その可能性もゼロではないものの、下の理由からおそらく「ラッキーディップにはしっかり当たりが混ざっている」と考えられます。

  • サイトの歴史が約24年と長い
  • ↑(詐欺をこれだけの長期間続けるのは難しい)
  • 当選した人のアカウントがそれぞれリアルである

たとえば、日産やフォルクスワーゲンのような超のつく大企業でも、長期間に渡って不正を働いていたケースはあります。

そのため、必ずしも上記の根拠だけで信用できるとは限りません。

しかし、こういった「信用できる条件」を揃えるのもそれなりに大変なことです。

そのため、条件が揃っている時点で、比較的高い確率で信用できるといえます。

このようにある程度信頼できるものの、やはり懸賞自体がもともと当たりにくいものです。

高確率で稼ぎたいのであれば、下のサイトで紹介しているようなビジネスに取り組んでいただくのがいいでしょう。

\副業のすすめ一押し!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

ラッキーディップは安全?

ラッキーディップは安全?

ラッキーディップを利用するに当たって「安全なのか」という点は特に気になるでしょう。

ここでは、2つの側面からラッキーディップの安全性を検証していきます。

運営会社・ラッキーコーポレーションは信用できる

サービスの安全性を見るには、運営会社を見ることが重要です。

ラッキーディップの運営会社は、株式会社ラッキーコーポレーションで、同社の会社概要は下のとおりです。

会社名 株式会社ラッキーコーポレーション
代表取締役 末続 美恵子
設立年月日 平成25年5月1日
取引銀行 十八銀行・親和銀行?
本社所在地 長崎県諫早市馬渡町5-49
電話番号 0957-26-2271

まず、平成25年(2013年5月)設立ということで、2020年4月時点でほぼ7年経過しています。

会社としての業歴が長いことに加え、サイト自体は1996年開設と、歴史が長い点で信頼できます。

ちなみに、初期のラッキーディップは「N&M何でも屋さん」というサイト名でした。

2004年12月から、現在のサイト名「ラッキーディップ」に変わっています。

【参考】http://lucky.co.jp/company.html

消費者センター・国民生活センターなどへの相談事例もない

懸賞サイトも含めて、消費者向けのサービスで詐欺を働いているところは多くあります。

その場合、被害報告が消費者センターや国民生活センターに寄せられているものです。

しかし、ラッキーディップではそうした情報が、探しても見つかりません。

20数年運営してそうしたネガティブ情報がないという点でも安全といえます。

ラッキーディップを使う際の注意点

ラッキーディップを使う際の注意点

ラッキーディップを使うときには、注意すべき点が2つあります。

この段落では、その2つの注意点を解説していきます。

メールアドレスで応募する案件は捨てアドを使う

ラッキーディップの懸賞には、メールで応募するものも多くあります。

その場合、捨てアドを使うことをラッキーディップの公式サイトが推奨しています。

流石に「捨てアド」という言葉は使っていませんが「メインで使っている重要なメールアドレスは、懸賞応募には使用しない。」と書かれています。

【参考】https://lucky.jp/c.htm

ラッキーディップの公式サイトが許可どころか推奨しているので、少なくともラッキーディップの懸賞は全て捨てアドで応募していいということです。

(このように、ユーザー側に配慮した説明を設けている点でも同サイトは信用できます)

公式サイトの「詐欺メール注意喚起」を確認しておく

ラッキーディップを名乗る詐欺メール・フィッシングメールは多くあります。

公式サイトではその内容を把握しており、「このような内容の詐欺メールがある」という注意喚起を随時行っています。

【参考】https://lucky.jp/careful-mail.html

新しいものから順に迷惑メールの件名を並べていくと下のとおりです。

  • もう一度確認してから、あなたのアカウントを利用してください
  • 【お知らせ】あなたのAppleIDアカウントはロックされています
  • 【祝当選確定のご案内】おめでとうございます!

最後の「当選確定」以外はラッキーディップと関係ありませんが、このようなものが特に多く届くと報告されているようです。

懸賞を出していたどこかの業者がメールアドレスを流したのかどうかはわかりません。

何にしても、公式サイトがこのような注意喚起を定期的にしているので、不審に感じることがあれば公式サイトの最新情報をチェックしましょう。

ラッキーディップの利用の注意点は上記のとおりですが、こうした点に気を遣うのもそれなりに負担がかかるものです。

そして、その負担に見合ったメリットがあるかというと「あまりない」(当たらない)というのが、当サイトの率直な感想です。

お金を稼ぐことが目的であれば、自力で簡単に稼げるスマホ副業などに取り組む方がいいでしょう。

スマホ副業も含めた稼ぎやすいビジネスは下のサイトでまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

\副業のすすめ一押し!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

【まとめ】ラッキーディップとはどんなサイト?

【まとめ】ラッキーディップとはどんなサイト?

ラッキーディップは懸賞サイトの中では歴史が長く、信頼できるサイトです。

しかし、そもそも懸賞自体がその仕組み上当たりにくいものです。

お金を稼ぐことが目的であれば、より確実に稼げるビジネスに取り組むべきでしょう。

誰でも簡単に高確率で稼げるビジネスは、下のサイトで確認していただけたらと思います。

\副業のすすめ一押し!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*