メルカリとラクマ徹底比較!6つの観点からわかりやすく比較!

メルカリとラクマ徹底比較!6つの観点からわかりやすく比較!

この記事では、メルカリとラクマの違い、フリマアプリは稼げるのかどうかについて徹底解説していきます。

「メルカリとかラクマって本当に稼げるの?」
「そもそもメルカリとラクマの違いって何?」

このような疑問をお持ちの方へ向けた記事です。

当記事を読むことで、メルカリとラクマの違いをハッキリさせることができます。

そして、これらのフリマアプリを今後利用していくのかどうか、判断することができるでしょう。

メルカリやラクマに少しでも興味のある人には役立つ内容なので、是非最後までご覧ください。

この記事を読んで分かること

  • メルカリとラクマってどんなサービス?
  • 【利用者数】メルカリとラクマの違い
  • 【手数料】メルカリとラクマの違い
  • 【安全性】メルカリとラクマの違い
  • 【決済サービス】メルカリとラクマの違い
  • 【発送方法】メルカリとラクマの違い
  • 【使いやすさ】メルカリとラクマの違い
  • 実際にメルカリとラクマと使ってみた感想
  • メルカリとラクマそれぞれおすすめな人を紹介

先に結論から言うと、メルカリやラクマは非常に便利なフリマアプリですが、思ったより稼ぐことはできません。

なので、できるだけ大きな額を稼いでいきたいのであれば、他の副業を検討した方が良いでしょう。

今はフリマアプリ以外にも色んな副業がありますので、選ぶ副業によっては大金を稼いでいくことも難しくはありません。

では、どんな副業がおすすめなのか?というと、スマホ1台で作業ができる「スマホ副業」です。

スマホ副業は簡単な作業をこなしていくだけなので、高度なスキルや知識はいっさい必要ありません。

詳しくこちらのサイトで紹介していますので、既に興味を持った方は1度チェックしてみてください。

\副業のすすめ一押し!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

メルカリとラクマってどんなサービス?

メルカリとラクマってどんなサービス?

まずは、メルカリとラクマはどんなサービスなのか?ということについて解説していきます。

これまでにフリマアプリを利用したことがない方は、以下のそれぞれの特徴を把握しておきましょう。

メルカリとは

メルカリとは、月間利用者数1450万人以上、累計流通額1兆円を超えるフリマアプリです。

市場規模が大きい分、すぐに売れやすいことに定評があります。

「らくらくメルカリ便」や「ゆうゆうメルカリ便」といった独自の配送方法を設けており、万が一のことがあっても手厚く保証してくれます。

今現在でも利用者が拡大しているため、フリマアプリナンバーワンと言っても過言ではありません。

関連記事:メルカリの口コミ・評価

ラクマとは

一方で、ラクマとは、メルカリに比べて小規模ではありますが、最近人気を上げてきているフリマアプリです。

商品が売れた際にかかる販売手数料が3.5%とお得なことで人気を集めています。

ラクマでは、楽天スーパーポイントが使えたり、アプリでの売上金を楽天キャッシュにチャージして実店舗で利用したりできます。

特に楽天ユーザーにとっては非常に利便性の高いフリマアプリです。

両者とも便利で人気のあるフリマアプリですが、「稼ぐ」という目的で利用するとうまくいかないことが多いです。

フリマアプリで商品を販売する場合は、在庫を抱える必要がありますし、販売手数料が必ずかかってくるからです。

メルカリやラクマで転売を行う場合は、それなりに売る商品を仕入れなければいけません。

しかし、それらの商品が売れていかないと赤字になってしまう恐れがあるのです。

さらに、商品が売れたとしても送料や販売手数料がかかってくるため、大きな利益を望むことができません。

フリマアプリにはこのような特性があるため、「稼ぐため」というよりは「不用品をお得に処分するため」に利用するべきでしょう。

ガッツリ稼いでいきたいのであれば、他の副業を検討した方が良いです。

おすすめの副業については「副業BLOG」というページで紹介していますので、是非1度ご覧頂ければと思います。

\副業のすすめ一押し!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

関連記事:ラクマの口コミ・評価

【利用者数】メルカリとラクマの違い

【利用者数】メルカリとラクマの違い

ここからは、メルカリとラクマそれぞれの違いについて1つずつ解説していきます。

まずは、両者の利用者数の違いについてです。

2019年の4月に行われた調査のデータによると、メルカリの利用者数は約2,216万人、それに対してラクマの利用者数は1,115万人となっています。

メルカリの方がラクマよりも2倍近くの利用者がいることが分かりますね。

利用者が多いということは、それだけ取引の数も多くなるので、不用品をすぐにでも売ってしまいたい場合はメルカリを利用した方が良いでしょう。

【手数料】メルカリとラクマの違い

【手数料】メルカリとラクマの違い

次に、メルカリとラクマの手数料の違いについて解説していきます。

メルカリの販売手数料は商品価格の10%、それに対してラクマの販売手数料は商品価格の3.5%となっています。

販売手数料の差は約6.5%もあるので、販売する商品が高額な場合はラクマを利用した方が断然お得です。

利益が大きい商品はラクマに出品する、それほど利益が高くない商品は即効性の高いメルカリに出品するという手もありですね。

とはいえ、先で述べた通り、どちらのフリマアプリを使っても大きく稼いでいくことはできません。

転売では、送料や販売手数料、商品の仕入れ費用がかかってくるからです。

商品が売れなければ赤字になってしまうリスクすらありますので、ノーリスクで稼ぎたい方は他の副業を探した方が良いでしょう。

先ほども紹介した「副業BLOG」では、当メディアがおすすめする副業をまとめて紹介しています。

中には、スマホ1台で作業することのできる副業もありますので、興味を持った方は1度こちらのサイトをチェックしてみてください。

\副業のすすめ一押し!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

【安全性】メルカリとラクマの違い

【安全性】メルカリとラクマの違い

続いて、メルカリとラクマの安全性の違いについて解説していきます。

安全性については、メルカリもラクマもさほど違いはありません。

どちらも安全に利用するためのシステムがあるからです。

メルカリは、トラブルに遭った際に相談ができる「メルカリボックス」が用意されています。

これはトラブル発生時や分からないことがあった時に、他のメルカリユーザーに相談できるサービスです。

メルカリ版ヤフー知恵袋のようなものですね。

この「メルカリボックス」を利用することで、大抵の問題は解決することができます。

一方で、ラクマには出品者が購入者を選ぶことができる「購入申請」というシステムがあります。

これは、出品者が購入者を承認することで、初めて取引を進めていくことができるシステムです。

購入者にとっては面倒に感じることもありますが、悪質な購入者との取引を回避する方法として効果的です。

【決済サービス】メルカリとラクマの違い

【決済サービス】メルカリとラクマの違い

続いて、メルカリとラクマの決済サービスの違いを見ていきましょう。

メルカリでは、銀行口座と連携させて自動チャージができるメルペイを利用することができます。

メルカリでの売上金がなくても直接銀行口座からチャージできる為、非常に便利です。

メルペイは、全国のコンビニやスーパーなどの対応店舗の他、一部のECサイトでも利用することができます。

一方で、ラクマでは楽天のオンライン電子マネー「楽天キャッシュ」を利用できます。

ラクマでの売上金を「楽天キャッシュ」することで、全国の対応店舗で利用することが可能です。

【発送方法】メルカリとラクマの違い

【発送方法】メルカリとラクマの違い

続いて、メルカリとラクマの発送方法の違いを見ていきます。

メルカリとラクマはそれぞれ独自の発送方法を用意しており、発送方法によって値段やサイズが異なります。

メルカリでは、日本郵便提携の「ゆうゆうメルカリ便」とヤマト運輸提携の「らくらくメルカリ便」、ラクマではヤマト運輸、日本郵便連携の「かんたんラクマパック」を利用できます。

発送サービスの違い
らくらくメルカリ便 ゆうゆうメルカリ便 かんたんラクマパック
宛名書き不要
全国一律料金
対応サイズの広さ A4サイズ〜160サイズ A4サイズ〜100サイズ A4サイズ〜170サイズ
配送状況がわかる
配送補償
匿名配送
集荷 × ×

出典:ラクマとメルカリを徹底比較、売るならどっちのフリマアプリ?

自分が出品する商品に適切な発想方法を選択すると良いでしょう。

どちらも使い勝手がよく、利用しやすい発送方法となっています。

【使いやすさ】メルカリとラクマの違い

【使いやすさ】メルカリとラクマの違い

最後に、メルカリとラクマの使いやすさの違いについて解説していきます。

メルカリは、商品を出品する際に定型文を登録できる「テンプレート機能」があるため、作業を効率化することができます。

また、利用者が多い分、出品してからのアクションも速いです。

一方で、ラクマは商品画像を簡単に加工できる「フォトエディター機能」が搭載されています。

購入者は商品の写真を見て詳細をチェックするため、うまく使いこなせばユーザーの興味を惹けるかもしれません。

実際にメルカリとラクマと使ってみた感想

実際にメルカリとラクマと使ってみた感想

では、メルカリやラクマの利用ユーザーは、これらのサービスについてどのように思っているのでしょうか?

これからフリマアプリを利用するか検討している方は気になるところだと思います。

なので、ここでは実際にメルカリとラクマと使ってみた感想を紹介していきます。

メルカリ

「出品をしたらすぐに売れたので良かったです!」
「キャンペーンが頻繁に行われるので嬉しいですね」

メルカリは利用者が多い分、購入までのアクションが速いです。

また、キャンペーンが多く行われていることに対しても好意的な意見が目立ちました。

メルカリが稼げるのか詳しく解説してる記事もあるので合わせてご一読ください。

ラクマ

「購入者を選べるから安全」
「手数料が安いから嬉しい!」

ラクマの強みはやはり販売手数料の安さです。安全に取引できる点も好印象のようでした。

ただ、どちらのフリマアプリも大きく稼ぐ手段としては向いていません。

理由は先ほど述べた通りです。

なので、本格的に稼ぎたいのであれば他の副業を検討した方が良いでしょう。

先ほどから紹介しているページでは、簡単に取り組めるおすすめの副業を紹介しています。

大きく稼ぎたい方にはお勧めなので、気になる方は1度チェックしてみてください。

メルカリとラクマそれぞれおすすめな人を紹介

メルカリとラクマそれぞれおすすめな人を紹介

最後に、メルカリとラクマそれぞれおすすめな人を紹介していきます。

メルカリがおすすめな人は以下の通り。

  • すぐに商品を売ってしまいたい人
  • 効率よく作業したい人
  • 出品数が多い人

一方で、ラクマがおすすめの人は以下の通りです。

  • 販売手数料を安く抑えたい人
  • 安全に取引を行いたい人
  • 商品画像を加工したい人

上記を参考にして、自分に当てはまる方を利用していくと良いでしょう。

とはいえ、何度も言いますがフリマアプリでは、本格的に稼いでいくことはできません。

なので、副業としてガッツリ稼ぎたい方は他のビジネスを探した方が良いです。

当メディアがおすすめする副業については、こちらのサイトでランキング形式で紹介しています。

無料で始められる副業ばかりなので、気になる方はチェックしてみてください。

\副業のすすめ一押し!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

【まとめ】メルカリとラクマどちらがおすすめ?

【まとめ】メルカリとラクマどちらがおすすめ?

この記事では、メルカリとラクマの違い、フリマアプリは稼げるのかどうかについて詳しく解説してきました。

メルカリとラクマの違いは様々ありますが、どちらを使ったとしても大きな額を稼いでいくことは難しいということでしたね。

なので、手っ取り早く稼いでいきたいのであれば他の副業を検討した方が良いでしょう。

そこで、誰でも手軽に取り組める副業として、おすすめのスマホ副業の記事などで紹介している「スマホ副業」をもう1度おすすめしたいです。

「スマホ副業」は物を販売するわけではないので、出品や発送といった面倒な作業をせずに済みます。

登録料や利用料はいっさいかかりません。

当メディアおすすめの副業についてはこちらで詳しく紹介していますので、興味を持った方は1度チェックしてみてください。

\副業のすすめ一押し!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*