minne(ミンネ)で売れない作家を卒業しよう!対策と売れるコツを紹介!

minne(ミンネ)で売れない作家を卒業しよう!対策と売れるコツを紹介!

ハンドメイドマーケットとして非常に有名なminne(ミンネ)を利用して活動している作家さんは、現在では沢山います。

しかし、いかにメジャーなサービスといえどもなかなか売れず、「なんで売れないんだ…」「どうやったら売れるようになるの?」などと落ち込んでしまっている人がいるのも実情でしょう。

そこでこの記事では、minne(ミンネ)で商品が売れない理由や対策などについて解説をいたします。

この記事を読んで分かること
  • minne(ミンネ)で商品が売れない理由
  • minne(ミンネ)で商品が売れない時の対策
  • minne(ミンネ)で商品を売るコツ
  • minne(ミンネ)で商品が売れない時の注意点
  • minne(ミンネ)で商品が売れないことに対するQ&A

なお、副業のすすめが得におススメしている【こちらのサイト】であれば、登録さえすれば副業を紹介してもらえるサイトやスキマ時間で取り組める副業サイトなどが探せますので、収入が安定します。

ミンネでなかなか売り上げが出そうにないのであれば、並行して効率的に稼げる副業を行っていくことが大切です。

気になる方は下記リンクから詳細を確認できますので、チェックしてみてください。

\副業のすすめ一押し!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

minne(ミンネ)で商品が売れない理由

minne(ミンネ)で商品が売れない理由

ここでは、minne(ミンネ)で商品がなかなか売れない理由について整理します。

自分に当てはまっているものがないか、確認してみてください。

minne(ミンネ)の口コミや評判についてはこちらの記事で詳しく解説しているので合わせてご一読ください。

売るための工夫が足りない

まず挙げられるのは、競合や売りたい相手の研究、minne(ミンネ)の機能への理解など、売るために必要な工夫が足りていないことです。

売れるために商品名を変えたり、説明文にこだわったり、写真の撮り方にこだわったりと、minne(ミンネ)で売れている人は細部への気配りを欠かしません

また、自分のジャンルの競合はどのくらいで、売れる作品にはどういった傾向があるのか、自分の作品を買ってくれる人はどんな人かなど、分析も怠らないものです。

作品自体の出来ももちろん大切ですが、自分がこだわって作った作品をどう演出してどう売るかをしっかりと考えることも非常に大切といえるでしょう。

価格設定を間違えている

他にminne(ミンネ)の作品販売で大切なのが、価格設定です。

minne(ミンネ)では300円以上から自由に価格設定ができますが、「安い方が売れやすい」という単純なものでありません。

価格が安い商品に対して、購入する側は「これはそれくらい価値が低い物」として受け取ってしまうものなのです。

普通の人ならば、価値の低いものに対してワザワザお金を出してまで買いたいとは思いません。

逆にあまりに高い価格設定であっても、「この作品でこの値段だったら要らないかな…」と感じてしまうため、適切な価格設定をすることが必要なのです。

すぐに売れると思い込んでしまっている

また、minne(ミンネ)で売れないと感じる際に多いのが、商品を販売すればすぐに売れると思い込んでしまっているケースです。

minne(ミンネ)でもほかのマーケットでもなんでもそうですが、商品を出品してすぐに売れるということは基本的に稀と言えます。

なかなか売れない中で、地道に試行錯誤を繰り返すことで、売れる商品を作れるようになったり適切な販売方法を身につけたりすることができるのです。

すぐに売ることを求めすぎて価格を安く設定し過ぎてしまえば、先ほどお話しした通り売れにくいうえに、たとえ売れたとしても利益に結び付きません。

minne(ミンネ)での販売活動に限らず、コツコツと地道な努力を続けなくてはならない副業は沢山あります。

【こちらのサイト】であれば、始めてすぐに収益が望める副業を見つけることができるためおすすめです。

minne(ミンネ)で売り上げを出していくのはやっぱり大変ですから、【こちらのサイト】で収益を得やすい副業をチェックしてみましょう。

\副業のすすめ一押し!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

minne(ミンネ)が売れない時の対処法

minne(ミンネ)が売れない時の対処法

ここからは、minne(ミンネ)で売れない時の対処法を共有していきます。

一つずつ改善していけば売れやすさが見違えるほど変わることもありますので、コツコツと取り組んでみましょう。

自己紹介を見直す

minne(ミンネ)で意外と大切なのが、作家のプロフィール欄と言えます。

購入者は皆さん、結構作家の自己紹介を見ているものなのです。

人気作家のプロフィールを見てみると分かることも多く、例えば自分の作家としての実績や経歴、運営しているサイトのURLなど、細かな情報を漏らさず載せています。

いきなり実績を作ったり、サイトを作ったりすることは難しいですから、まずは下記のような部分に注目して、自己紹介を見直してみましょう

  • 箇条書きにする
  • 1行は30文字程度で短く簡潔に
  • ギャラリー紹介と内容が重ならないようにする

読みやすくなるだけで、相手の印象は驚くほど変わるものです。

価格設定を見直す

先ほどのお話しの通り、商品販売において価格設定を見直すことは非常に大切です。

あまりに安すぎる値段では、「作家が自身なさそうな様子」を買い手は無意識に見抜いてしまいます。

  • 作品作りにかかった材料費
  • 作品作りにかかった時間
  • その他接着剤などの経費

上記三つを考慮して、「自分の時給はどれくらい?」という感じで設定をしていくと、具体的にイメージがしやすいでしょう。

おおよそ原価の2~4倍程度で価格を設定すると、適正な価格になりやすいと言えます。

作家として活動するのであれば、自分を安売りせずに正当な対価を受け取ることを意識するようにしましょう。

作品名や写真を見直す

売ることを考えた場合には、商品名へのこだわりも持つようにしましょう。

作品名が「NO.〇〇」であったり、何の特徴もないものだったりすると、数多くある他の作品の中で目立つことができずに埋もれていってしまいます。

少なくとも作り手の愛情を感じられず、買い手にとって魅力的な作品には映りにくくなりますから、作品のコンセプトや良い部分を表現できるような作品名を考えてみましょう。

また、多くの人はminne(ミンネ)内で検索して商品を探しますから、検索に引っかかるような名前にすることも大切です。

説明文を見直す

商品の名前だけでなく、説明文も同様に見直すことが大切です。

作品のセールスポイントを余さず記載し、作品に対する愛情を反映させた説明文にするようにしてみましょう。

ここでも、検索ワードを意識した文章とすることが大切です。

あまり他人と比べ過ぎないようにする

そして最後に大切にしてほしいのが、他人と比べ過ぎない様にすることです。

売れない時期が続くと、どうしても売れている人や作品と自分を比べてしまいます。

売れている人は一部の人や作品だと認識しておかないと、精神的に疲れてしまって挫折の元となってしまうので気を付けましょう。

minne(ミンネ)で売るのはそれほど簡単ではありませんから、【こちらのサイト】で労力に見合った副業も探して、同時にやっていくことをおすすめします。

\副業のすすめ一押し!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

minne(ミンネ)で商品を売るコツ

minne(ミンネ)で商品を売るコツ

ここでは、minne(ミンネ)で商品を売るコツを整理します。

これまでの話を踏まえて、もうひと手間のつもりで取り入れてみてください。

アフターフォローはとても大切

作品を販売する以上、作品の出来と同じかそれ以上に大切にすべきなのが、購入者とのコミュニケーションです。

メッセージや評価などにはなるべく早く反応しすることでファンになってもらえるかもしれません

また、「やり取りがスムーズで感じの良い作家さん」とのイメージを持たれていた方が、作品を売っていく上で有利なのは間違いありません。

季節感も大切にする

季節ごとに商品を変えていくのも、意外と大切な点です。

夏なのに暖かい防寒具のようなイメージのものを販売してはやはり売れにくいですし、クリスマスやハロウィンの時期には、意識した作品をタイミングよく出すことで売れやすくもなります。

季節ギリギリに出すのではなく、少し早めに出品できるよう、スケジュールと戦略を立てていきましょう。

検索機能への理解を深める

検索機能に対して理解を深めることも、とても大切です。

自分だったらどんな風に検索をして、あなたの作品にたどり着くかを想定して作品名や説明文を作るようにしましょう。

作品名にオリジナリティがありすぎると、どんな風に検索してもヒットしなくなってしまいます。

minne(ミンネ)で商品が売れない時の注意点

minne(ミンネ)で商品が売れない時の注意点

minne(ミンネ)で商品が売れないという人が、気づかない間に陥ってしまっていることがあります。

ここでは、minne(ミンネ)で商品が売れない時に気を付けたい注意点をご紹介します。

競合が多すぎるジャンルじゃないか

いくら良い商品を作っても、競合が多すぎるとなかなか売ることができません。

他の作家さんや作品と比較されてしまい、作品の出来はもちろん価格設定や作家さん自身の評価などでシビアに比較されてしまうため注意しましょう。

苦手意識で委縮してしまわないようにする

作品を作る時も作品の説明文を作る時も、苦手意識を持ち過ぎないことが大切です。

特に始めたばかりの人であれば、「自分なんてまだまだ…」などと委縮してしまい、プロフィールの情報が少なすぎるようなことも多くあります。

作品や説明文を通じて、作家であるあなた自身を最大限表現するように努めましょう。

顧客設定をあいまいにしてはダメ

作品を商品として売る以上は、「どんな人に買ってほしいのか」という顧客像を必ず想定して販売するようにしましょう。

顧客設定をはっきりさせることで、作品自体はもちろん説明文などを書く時にもポイントを押さえやすくなります。

minne(ミンネ)で稼ぐと一口に言っても、このように比較的多くの労力が必要になりますから、【こちらのサイト】を利用して、もっと効率よく稼げる副業を並行して行うことがおすすめです。

\副業のすすめ一押し!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

minne(ミンネ)で商品が売れないことに関するQ&A

minne(ミンネ)で商品が売れないことに関するQ&A

ここでは、minne(ミンネ)で商品が売れないことに対しよくあるQ&Aを共有します。

疑問に感じる方が比較的多い点ですから、ご確認してみてください。

minne(ミンネ)と他のサービスを併用してはいけないの?

ミンネと他のサービスを同時並行して利用するのはもちろん問題ありませんが、同じ作品を同時出品するのは違反行為となってしまうので気を付けましょう

ルール違反なだけでなく、もし両方に同じ作品を載せていて両方同時に売れてしまったら誰かに迷惑がかかってしまいます。

プロじゃなきゃminne(ミンネ)で稼げないの?

プロの作家でなくても、ミンネで稼げている人は確かに存在します。

ただし、これまでお話しした様な細かい気遣いやこだわりを持って取り組まなければ、通常の作品は他のライバルたちの作品の中に埋もれてしまいます。

多くのポイントを整理してクリアーしていかなくてはならないものではありますから決して甘くはなく、若干労力に見合っていないと感じる人もいるのが実情でしょう。

その点、【こちらのサイト】であれば知識・スキルが無くても稼げる副業を紹介してくれるためおすすめです。

\副業のすすめ一押し!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

【まとめ】minne(ミンネ)で商品が売れない時の対処法

minne(ミンネ)で沢山の作品を売っている人は間違いなく存在します。

しかしそこにいたるまでは、沢山のポイントを押さえた工夫を凝らしていかなくてはいけません。

甘い気持ちで始めると嫌な思いをしたり、すぐに挫折してしまう元となりますので、おすすめのネット副業で紹介しているような副業や、【こちらのサイト】を利用してみて、稼ぎやすい副業を並行して行っていくようにしましょう。

\副業のすすめ一押し!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*