ネットショップの仕入れの方法を紹介!一押しサービスとコツを解説!

ネットショップの仕入れの方法を紹介!一押しサービスとコツを解説!

ネットショップの事業をするには仕入れが必要です。

「どのサイトで仕入れるのか?」「どうやって仕入れればいいのか?」などの疑問を抱えている人も多いでしょう。

この記事では上記の疑問に答えつつ、ネットショップの仕入れについて総合的に解説していきます。

ネットショップを始めたいけど仕入れで悩んでいるという人には、特に参考にしていただけるでしょう。

この記事を読んで分かること

  • ネットショップで商品を仕入れる方法
  • ネットショップでの商品仕入れにおすすめのサイト
  • ネットショップで商品を仕入れるコツ
  • ネットショップで商品を仕入れる際の注意点

先に結論を書くと、どこで仕入れてもネットショップのビジネスを成功させるのは難しいものです。

基本的にビジネスの初心者は、物販のようにコストがかかるビジネスをすべきではありません。

初心者でも稼ぎやすいノーコスト・ノーリスクのビジネスは、下のサイトで多く紹介しています。

初期費用などの負担をかけずに稼ぎたいと思っている方は、ぜひチェックしてみてください。

\副業のすすめ一押し!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

ネットショップで商品を仕入れる方法

ネットショップで商品を仕入れる方法

ネットショップで商品を仕入れる方法は、主に3つの手順に分かれます。

ここでは、その3つの手順を解説していきます。

仕入れ先・商品をリサーチする

まず、仕入れ先となる卸問屋などをリサーチします。

そして、その仕入れ先で実際にどんな商品を仕入れられるかをチェックします。

もちろん、先に商品から調べて良い商品が揃っている卸問屋が見つかったら、そこを仕入先にするということもあるでしょう。

どちらにしても、仕入れ先と仕入れる商品を同時並行でリサーチします。

仕入れる(発注・支払いをする)

商品や仕入れ先が決まったら、後は実際に商品を仕入れます。

具体的には発注の手続きをし、支払いをするという作業です。

ネットで完結する卸問屋の場合は、これらの作業がすべてネットでできます。

一般的には支払いが先で発送が後ですが、支払いを後にできる場合もあります。

仕入れにおすすめのサイトはこちらの記事でもたくさん紹介してるので合わせてご一読ください。

発送の手続きをする

支払いまで済んだら、後は発送してもらう手続きをします。

これについては支払いが終わったらすべて問屋任せということが多いでしょう。

ただ、数量や時期、輸送方法などを細かく打ち合わせる場合もあります。

このような細部の調整も含めて、発送の手続きが必要になることもあります。

上記がネットショップで商品を仕入れる方法と手順です。

文字で書き出すとシンプルですが、これらの作業を実際に行うのは大変です。

初心者のうちは、個人事業自体に慣れるために、もっと簡単なビジネスから取り組む方がいいでしょう。

ネットショップより儲かり、リスクの低い稼ぎ方は下のサイトで紹介しています。

\副業のすすめ一押し!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

ネットショップでの商品仕入れにおすすめのサイト

ネットショップでの商品仕入れにおすすめのサイト

ネットショップの商品を仕入れるのにおすすめのサイトは多数あります。

ここでは、特に人気の高い5つのサイトを紹介します。

トップセラー

トップセラー

トップセラーはいわゆる「ドロップシッピング」ができる仕入先です。

  • 在庫を抱える必要がない
  • 仕入れの費用がない
  • 人件費・発送のコストもない
  • 発送・梱包の作業もしなくていい

このように、リスクがほぼゼロとなります。

ドロップシッピングの段落で詳しく解説しますが、商品を宣伝することだけに注力できるのです。

その労力がムダにならなければ(ムダにしないやり方を考えれば)、トップセラーを使った仕入れはノーリスクといえます。

この点は、『さおだけ屋はなぜ潰れないのか』という有名なベストセラーを参考にするといいでしょう。

「リスクがないビジネスは、売れなくても潰れない」のです。

そして「さおだけ屋がメインの仕事を別に持っている」ように、別で利益を出せる仕事のついでに、別の仕事をするというやり方を考えるのが有効です。

NETSEA(ネッシー)

ネッシー

ネッシーは販売者と卸問屋の仲介サイトです。

  • 商品を売りたい人が多数登録している
  • 彼らに卸をしたい卸問屋も多数登録している

という風に、互いのマッチングサービスとなっています。

この点では、在宅ワークやフリーランスの仕事でいうクラウドソーシングに近いといえるでしょう。

多くの卸問屋を直接チェックしなくても、ネッシーでまとめてチェックすることができます。

このため、いい卸問屋を見つけやすくなるのです。

Benishi(ベニシ)

ベニシ

ベニシは輸入雑貨の専門サイトです。

カテゴリを見ると、同サイトで扱われている主力商品がわかります。

  • ガーデン
  • インテリア
  • 生活雑貨
  • フラワーアレンジ
  • 季節商品
  • 生花用かご

その他、2020年4月14日時点で組まれている特集は、ガラス特集・母の日特集などです。

基本的に女性向け、インテリアやガーデニングが好きな人向けのサイトです。

こうした方面の流行や女性の好みがわかる人に向いているといえるでしょう。

TOPWHOLE(トップホール)

トップホール

トップホールは、卸価格で買える会員制通販サイトです。

つまり、無理にネットショップの事業としなくても、個人の通販として使えるということです。

トップホールでは、市販の小売価格のおおよそ半額で仕入れをできます。

物販ならそこからあらゆるコストがかかり、その上で利益も出すという高いハードルがあります。

しかし、個人で着るだけであれば「半額で服を買える時点ですでにお得」なのです。

注意点としては、女性向けの商品のみなので、男性では使えません。

男性でも「女性ものを上手く着こなすファッション」をしているお洒落な方なら使えるでしょう。

ただ、基本的には女性が「まず自分の服を買うため」に登録するのにおすすめです。

トップホールでは、商品の注文は1点からできます。

最低注文金額ももうけていません。

ただ「月額が3000円かかる」ため、3000円以上得する程度の注文を毎月する必要があります。

また、個人で着るだけでなくネットショップのビジネスとするのであれば、仕入れた後どうするのかも考える必要があります。

江綿オンライン(GOMEN)

GOMEN

江綿オンラインは、会員小売店専用の24時間オンライン総合仕入れサイトです。

  • 会員制
  • 小売店専用
  • 24時間営業
  • オンライン
  • アパレル総合

というのが江綿オンラインの特徴です。

トップホールのように個人用に買うということはできません。

完全にプロ向けですが、ある程度実力がついたらこのような仕入れサイトを使うのもいいでしょう。

ネットショップで商品を仕入れるコツ

ネットショップで商品を仕入れるコツ

ネットショップで商品を仕入れるコツは多数あります。

この段落では、その中でも特に重要な3つのコツを解説していきます。

ドロップシッピングを使う

初心者のうちは、ドロップシッピングで取り組むのも一つのコツです。

ドロップシッピングは自分では在庫を持たずに物販をするビジネスです。

  • 在庫は工場などにある
  • その商品の「宣伝」だけをする
  • そして買い手を集め、注文を受ける
  • 注文を受けたら、工場に知らせる
  • 工場が直接、その買い手に発送する

上記のような仕組みです。

在庫なし、仕入れの費用なしということで、完全にノーリスクで取り組むことができます。

代わりに、集客だけはしなければなりません。

  • 楽天市場などにショップを作る
  • そこに商品の情報をアップする
  • 文章やデザインを工夫し、お客さんを惹きつける

上記のような努力は必要になります。

努力しても必ずしも売れるとは限らないため、その労力がムダになるというリスクはあります。

その意味では、完全にノーリスクということではありません。

ただ、特にそのネットショップが「独自ドメイン」だった場合、サイトのコンテンツが増えて、サイト自体が強くなります。

アフィリエイトと組み合わせて1つのドメインをずっと使うという方法も1つの手です。

この場合、労力がムダになるということもなく、完全ノーリスクといえるかもしれません。

(このやり方だと、今度は1一つのドメインにすべて賭けることをリスクと捉える見方も、もちろんあるでしょう)

ドロップシッピングができるサイトはこちらの記事でたくさん紹介してるので合わせてご一読ください。

「自分が今まで一番よく買ったもの」を売る

これは起業のアイディアを出すときにもよく言われることです。

自分が今まで一番お金を使った分野で起業するというものです。

例えばある人は、数年間ずっとクレジットカードの現金化をしていました。

毎月数十万円のギフト券やノートパソコンなどを買い、自転車操業をしていたのです。

彼がお金を使った分野は圧倒的に現金化であり、彼は現金化をする人間が考えることを熟知しています。

普通の「まともな生活」をしている人にはわからない「現金化する人の買い方・カードの使い方」などをよくわかっているのです。

そのため、この方面で起業したら成功する可能性が高くなります(買取りのための資金が必要ですが)。

一時期世界有数の資産家となった、武富士の創業者・武井保雄氏(故人)も、若い頃は借金取りに追われる側でした。

だからこそ、お金を借りる人の心理を熟知しており、世界有数の消費者金融会社を生み出すことができたのです。

武井氏を含め、これらの例は少々ダーティーなものですが、「自分がお金を使った分野で起業する」ことの意味は、伝わるかと思います。

お金を使いまくったということは、何らかの理由で「買わざるを得なかった」はずです(依存症も含め)。

ネットショップで商品を仕入れるときも(自分がこれまで買いまくった分野があるなら)その分野に焦点を当てるといいでしょう。

「自分が卸売価格で買いたいもの」を扱う

トップホールが好例ですが、自分が卸売価格で買える時点で得する商品を扱う、というのも一つの手です。

この場合、買い物がお得になるというメリットがすでにあるので、売れなくてもデメリットはありません。

ドロップシッピングに近い発想ですが「売れなくても大丈夫」という体制だと、長く続けることができます。

そして、会社など設立年月日が明確にわかる形での事業をしていれば、運営年数が長いだけでも信頼されます。

また、長く生きているうちに何らかのビッグウェーブが来ることもあるでしょう。

2017年の仮想通貨バブルのような波が、物販の世界で来る可能性もあります。

今後でいうと、たとえばアフリカや中東からの輸入ビジネスが、どこかで加熱する可能性が高いでしょう。

アフリカは一時期盛り上がったものの、まだ中国や韓国からの仕入れほど、個人レベルで普及しているものではありません。

しかし、やがて現代でいう中国輸入のように、アフリカ輸入が普通にされるようになるという時代も来るはずです。

「自分が卸価格で買う」などののんびりしたスタイルで生き残りながら、大きな波が来たときに集中的に動く、というスタイルもいいでしょう。

というやり方もあることはありますが、成功するまでに非常に長い時間がかかります。

短期間で成功したいのであれば、大きなリスクをとるか、過酷な努力をしなければいけません。

「それは無理」と思う人も多いでしょう。

ビジネス初心者であればそれが普通であり、もっと簡単なビジネスからまずは「事業をすることに慣れる」べきだといえます。

その点で、下のサイトで紹介しているようなビジネスは、初心者の方におすすめできます。

スマートフォン1台でできるなどの簡単な内容が揃っているので、ぜひ参考にしてみてください。

\副業のすすめ一押し!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

ネットショップで商品を仕入れる際の注意点

ネットショップで商品を仕入れる際の注意点

ネットショップの営業で商品を仕入れるときの注意点は多数あります。

この段落ではその中でも特に大きな注意点を3つ説明します。

中古品のせどりは古物商許可がなければ違法

ネットショップの仕入れの中でも中古品を仕入れる「せどり」をするケースもあるでしょう。

中古品の仕入れは古物商許可が必要になります。

本でもDVDでも、おもちゃなどのその他のジャンルでも、これは共通のルールです。

詳しくは「せどりは違法?」のページを参考にしていただけたらと思います。

写真のイメージより低品質な商品が届くこともある

特に服の着心地など、写真ではわからないことが多くあります。

そのため、まとまった取引をするのは、品質がいいことを確かめてからにしましょう。

初回だけ安心させるために良い品物を送って来る卸業者も存在します。

一定期間取引をし、長期的に質の高い仕事をしてくれると判断できたら、大口の取引をするようにしましょう。

一定の現金を常に残しておく

仕入れをしていて「これが売れる」とわかったら、一気に買い込みたくなることもあるでしょう。

実際、それで全部売れればいいのですが「突然止まる」こともあります。

たとえばその商品の販売がグレーゾーンの行為だったなどのケースです。

具体例をあげると、2019年にチケットの転売が違法になったため、事前に買っていたチケットは売れなくなりました。

まとめて買い込みをしていた転売屋の方々は、かなりの損失を出したはずです。

このような失敗をしても立ち直れるよう、一定の現金は必ず手元に残しておきましょう。

上記がネットショップで仕入れをするときの注意点ですが、いずれも守って利益を出すのは難しいものです。

逆に初心者でも利益を出しやすいビジネスは下のサイトで紹介しているので、ぜひこちらをチェックしてみてください。

\副業のすすめ一押し!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

ネットショップでの商品仕入れに関するQ&A

ネットショップでの商品仕入れに関する

ネットショップでの商品の仕入れに関して、多くの人が疑問に思う内容は共通しています。

ここでは、そういったネットショップの仕入れに関してよくある質問と答えをまとめていきます。

物販の副業では確定申告や納税が必要?

ネットショップなどの物販を副業として行う場合、利益の金額によって確定申告と納税が必要です。

年間の利益が20万円以上というルールになります。

あくまで利益なので「経費を差し引いてそれ以下の金額」になった場合は申告も納税も不要です。

詳しいルールは「物販の副業」のページをご覧ください。

Ebay転売などの輸入ビジネスはどう?

Ebay

ネットショップの商品を海外から仕入れるという選択肢もあります。

そのときに考えるのが、Ebay(イーベイ)のような越境ECサイトを使うことでしょう。

当記事で紹介した中でも、たとえばベニシのように「海外からの輸入品を扱う卸問屋」もあります。

しかし、自分で直接輸入すれば、さらに利益が大きくなると考える人もいるでしょう。

これは理論的にはそうなのですが、そう簡単ではありません。

というのは、簡単なら誰もが卸業者として成功しているはずだからです。

実際には、卸業者として生き残るどころか、そもそも「なることすらできない」人がほとんどです。

そのため、自分で直接輸入するというのは、ほとんどの人にとってかなり難しいことといえます。

このようなデメリットや困難さも含めて、イーベイでの転売については「Ebay転売」のページで詳しく解説しています。

Ebayにしても国内のサイトにしても、仕入れをしてネットショップで利益を出すのは難しいものです。

このように難しい仕事よりも初心者におすすめできる仕事は下のサイトに多く紹介されているので、こちらを参考になさってみて下さい。

\副業のすすめ一押し!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

【まとめ】ネットショップで商品を仕入れる方法

【まとめ】ネットショップで商品を仕入れる方法

ネットショップで商品を仕入れる方法は多くあります。

しかし、どの方法を使ってもやはり素人が利益を出すのは難しいものです。

ビジネスの素人でも簡単に収益を上げることができるのは、スマホビジネスなどの事業です。

スマホビジネスも含めた素人が稼ぎやすいビジネスは、下のサイトを参考にしていただけたらと思います。

\副業のすすめ一押し!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*