Pythonで副業して稼ぐ方法!仕事の受注方法からコツまで詳しく解説!

Pythonで副業して稼ぐ方法!仕事の受注方法からコツまで詳しく解説!

クラウドソーシングの出現によって、副業としてプログラミングで稼ぐ人々が急増してきているのをご存じでしょうか。

プログラミングと聞くと、難しいイメージを持っている方もいるかと思いますが、今はネットで勉強ができたり安価なスクールが増加している影響で、比較的簡単に始められるようになっています。

技術を取得するまで多少の費用と時間は掛かりますが、プログラミングの案件は高額な報酬が貰えるので、後々十分に回収できると見込んで素人がたくさん参戦してきているようですね。

そこで、今回はプログラミングの中でも比較的稼ぎやすいPythonの副業について紹介していきたいと思います。

この記事を読むと分かること

・Pythonで副業をすることはできるか

・Pythonで副業を始めるメリット

・Pythonの副業は稼げるのか

・Pythonの副業より稼げる副業

結論から言いますと、Pythonの副業はあまり稼ぐことができません。

その理由は、Pythonで副業をする個人が増えてきている影響で、安い価格で買い叩かれてしまうからです。

仮に仕事を貰えても、時給換算するとかなり低い報酬になること間違いなしでしょう。

それならば、スマホdeマネーのようなスマホの副業をした方がよっぽど安定します。

スマホdeマネーであれば、安い価格で買い叩かれることもないですし、1日数分の作業で稼ぐことが可能です。

今なら無料で始められますので、気になる方は是非スマホdeマネーを始めてみましょう!

\スマホだけの簡単副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

Pythonで副業をすることはできるの?

Pythonで副業をすることはできるの?

Pythonで副業と言っても、いまいちピンと来ない方もいるかと思います。

そもそもどうやってPythonを使って副業をするかを説明していきましょう。

今は、クラウドソーシングと呼ばれる、企業と個人をマッチングさせるサービスが発展してきています。

その影響で、プログラマーを雇ったり、IT企業に外注で開発を任せるのではなく、個人に直接依頼してシステム開発を進める企業が増えてきたのです。

企業側は個人に依頼した方が安く済みますし、個人は会社の給料以外で報酬が貰えるので、どちらもwin-winというわけですね。

ここまで説明したらもうお分かりかと思いますが、Pythonで稼ぐのであれば、個人として企業から開発の案件を貰い、その見返りとして報酬を貰うスタイルで稼いでいくことになります。

要はフリーランスみたいなものですね。

クラウドソーシングなどであれば、仕事をしながらでも案件を受けることは可能なので、本業の片手間にフリーランスという器用なことができてしまうのです。

Pythonで副業を始めるメリット

Pythonで副業を始めるメリット

たくさんある言語や副業ビジネスの中で、わざわざPythonで副業を始めるメリットを今から説明していきます。

簡単な言語なので比較的簡単に学習できる

Pythonは簡単な言語なので、比較的簡単に学習できることが最大のメリットと言えます。

C++やC言語など、難しい言語から始めてしまうと素人の場合、間違いなく挫折してしまいますので、まずはPythonなどの言語から始めた方が良いのです。

しかも、副業として始めるのであれば尚更簡単な言語の方が良いでしょう。

本業であれば、ガッツリと勉強できる上に、将来の出世にも繋がるので難しい言語を選んだ方が良いのですが、副業の場合は数年先も同じことをしているか分かりませんし、出世という概念がありません。

その為、手軽に始められるPythonこそが副業に最も向いていると言えるのです。

在宅で稼ぐ事が可能

Pythonで副業をするメリットとして、在宅で稼ぐことが可能なことも挙げられます。

プログラミングはパソコンさえあれば、どこでも開発することが可能なので、在宅でも問題なく作業をすることができます。

その為、わざわざ外出をする準備をしたり、クライアントと打ち合わせをして人間関係を気にする必要なく稼ぐことが可能です。

今は大企業もリモートワークで在宅ワークを推奨してきている時代なので、在宅で稼ぐことこそ今の時代に合った働き方だと言えるでしょう。

また、在宅で働く場合、自分のペースで作業をすることもできます。

もちろん、納期はあるのである程度のペース管理は必要ですが、”今日はしんどいから、その分明日頑張ろう”といったペース配分を自分で決めることは可能です。

本業だとどうしても毎日決まった時間働かなければいけないので、この自由な働き方はかなりのメリットと言えるでしょう。

Pythonで副業を始めるデメリット

Pythonで副業を始めるデメリット

Pythonで副業を始めるにあたって、デメリットも存在しています。

このデメリットを理解していないと、勉強する時間が無駄になってしまうので、是非参考にしてみてください。

Pythonだと実はあまり稼げる副業ではない

Pythonは正直言ってあまり稼ぐことはできません。

と言うのも、クライアントが個人に仕事を依頼するのは、開発費を安く抑えたいからです。

高い報酬を払っても良いのであれば、そもそも個人には依頼せずにシステム開発の企業に外注するでしょう。

つまり、個人で受けられるPythonの案件は報酬が非常に割安なのです。

更に、クラウドソーシングの台頭で、副業としてPythonを利用するワーカーが増えてきており、価格競争が始まってきています。

少しでも稼ぎたいワーカーが、非常に安価で案件を請け負うので、市場の相場がどんどん低下してきているのが現状です。

その為、今からPythonの副業を始めても、安価な案件しか請け負うことができないでしょう。

稼げる副業をまとめた記事もあるので合わせてご一読ください。

それならが、スマホの副業を始めた方が賢明です。

わざわざプログラムなんて学ばなくとも、スマホさえ使えれば稼げてしまうのですから、スマホ副業の方が良いのは言うまでもないでしょう。

特に最近はスマホdeマネーと言った、割安ではない副業があるので、Pythonと違ってがっつり稼ぐこともできてしまいます。

\スマホだけの簡単副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

完全初心者が始めるにはハードルが高い

完全初心者が始めるにはハードルが高いのもデメリットの1つです。

既にPythonが使える人ならば問題はないですが、今から勉強をしようと思っているのであれば少々厳しいでしょう。

まず、副業としてPythonを使うのであれば、1から10まで解決できるレベルまで成長しなければいけません。

個人として依頼されるわけですから、もし分からないことが出てきても全て一人で解決する必要があります。

その為、本業として働くよりも、副業としてPythonを利用する方が難易度が高いのです。

今から勉強してそのレベルまで到達しようと思うと、最低でも数年は掛かることでしょう。

初心者におすすめの副業はこちらの記事でまとめているので合わせてご一読ください。

それならば、始めてすぐに稼ぐことができるスマホdeマネーを始めた方が賢明です。

スマホdeマネーであれば、スマホさえ操作できれば問題ないので、今から始めてもすぐに報酬を得られるでしょう。

\スマホだけの簡単副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

Pythonで副業を始めるための条件

Pythonで副業を始めるための条件

ここからは、Pythonで副業を始めるための条件を解説していきます。

Pythonを理解している

まずは当たり前ですが、Pythonを理解している必要があります。

企業から依頼された開発を全て自分一人の力で完成させなければいけないので、生半可な知識では企業から怒られてしまうでしょう。

納品する以上、些細なミスも許されませんので、完璧な技術を提供しなければなりません。

その為、Pythonを深く熟知していなければ、スタート時点に立つことすらできないのです。

仕事の依頼を受けるくらいの時間はあるか

Pythonで副業を始めるには、時間に余裕がなければいけません。

一人でシステムを開発するとなると、かなりの時間が必要になってきます。

企業側も早い納品を求めているはずなので、忙しい本業の合間に仕事を受けることはかなり厳しいでしょう。

その為、仕事を受ける前に十分な時間を確保できるか確認しておかなければいけません。

Pythonで副業を具体的に始める方法

Pythonで副業を具体的に始める方法

条件が整ったら、早速副業として始めてみましょう。

ここからは、Pythonで副業を具体的に始める方法について解説していきます。

クラウドソーシングで案件を発注する

個人として案件を受ける場合は、クラウドソーシングを利用するのが一般的です。

クラウドソーシングはいくつか種類がありますが、ランサーズやクラウドワークスなどが有名です。

ここでは、企業がシステム開発の依頼をたくさん出していますので、そこから自分の受けたい案件を選んで応募をしてみましょう。

応募をして無事採用されたら、クライアントとメッセージのやり取りをして、具体的な仕事内容を決めていきます。

そして話がまとまったら早速案件を遂行することが可能です。

クラウドソーシングで副業をしようと考えているあなたはこちらの記事も合わせてご一読ください。

友人から受注する

友人から仕事を受注するのも1つの手です。

友人からの場合、クラウドソーシングと違って割安な価格で買い叩かれない安心感があります。

しかも、問題が起こっても柔軟に解決しやすいので、友人から仕事が貰えるアテがある場合は、優先して仕事を貰えるよう説得をしてみてください。

Pythonでの副業の仕事内容

Pythonでの副業の仕事内容

Pythonで副業をすると言っても、仕事内容がよく分かっていない方もいるかと思います。

そこで、Pythonでできる仕事内容をいくつかピックアップして紹介していきます。

WEBアプリ開発

一番オーソドックスなのは、WEBアプリ開発です。

今はスマホの普及で、WEBアプリの需要が非常に高まってきています。

その為、WEBアプリ開発に関する案件も、需要に比例して増えてきているのです。

Pythonで継続的に稼いでいきたいのであれば、是非WEBアプリ開発に関する勉強をしていくと良いでしょう。

データ分析ツール開発

データ分析ツール開発も仕事内容の1つです。

企業が利益をあげるには、データ分析をしてマーケティングをする必要があるので、データ分析ツールは結構需要が高いです。

やや難しい印象があるかと思いますが、アプリ開発と違って、一度データ分析ツールのテンプレートを自分で作ると、あとは企業ごとに少し改変するだけでいいので、後々楽をしながら稼ぐことが可能でしょう。

ディープランニング

今は人工知能に関する依頼も増えてきています。

かなり難易度の高い分野ではありますが、その分ライバルも少ないですし報酬も弾みます。

その為、自分の技術に自信がある方は、ディープランニングに関する勉強をすると大きく稼げるかもしれませんね。

Pythonで副業を始める際の注意点

Pythonで副業を始める際の注意点

Pythonで副業を始める際に、注意しなければいけない点がいくつかあります。

ここからは、そんな注意点について紹介していきます。

自分のレベルに合ったものを引き受ける

一番注意しなければいけないことは、自分のレベルに合ったものを引き受けることです。

もし、自分の技術では対応できないレベルの案件を受けてしまうと、相手も自分も困ってしまうことになります。

特に、副業の場合、先輩や同僚の助けを得ることができませんので、全て自分の力で解決していかなければいけません。

それなのに、レベルの高い案件を受けてしまったら精神的に非常に苦労することでしょう。

それならば、自分に見合ったレベルの案件を引き受けて、サクサクこなしていった方が安定します。

稼ぐだけならスマホ副業がおすすめ

Pythonで副業をするのであれば、稼ぐことを目的にするのではなく、自分の技術をあげることを目的にした方がよいでしょう。

と言うのも、やはりクラウドソーシングを利用すると、安価で案件を振られることがほとんどなので、まともに稼ぐことができません。

もし、稼ぐことだけを目的として副業をするのでしたら、スマホdeマネーのような副業に特化したサービスを利用した方が賢明です。

スマホdeマネーであれば、安価で案件を振られることもありませんし、一回辺りの作業時間も数分程度なので、忙しい人でも稼ぐことができます。

\スマホだけの簡単副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

【まとめ】Pythonで副業を始めることはできる

Pythonまとめ

今回はPythonの副業についてまとめさせていただきました。

Pythonは、アプリの開発などで利用される為、クラウドソーシングで依頼を引き受ければ副業として稼ぐことが可能です。

しかし、クラウドソーシングで依頼をしてくる企業は、安くすることを目的としているので、安価で依頼されることが多いでしょう。

その為、ガッツリ稼ぎたいのであれば、Pythonではなくスマホの副業アプリを始めた方が賢明です。

例えば、副業のすすめがオススメしているスマホdeマネーであれば、Pythonのように安価で案件を振られることはありません。

うまくいけば、仕事をしながらでも月20~50万を目指すことができる為、稼ぐことを目的としているのでしたらスマホdeマネーに切り替えた方が良いでしょう。

今なら無料で始めることができるので、気になる方は是非スマホdeマネーを始めてみてください。

\スマホだけの簡単副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*