転売とは?せどりとの違いと定義・意味、仕組みをわかりやすく解説!

転売とは

転売は数ある副業の中でも有名なものです。

転売には悪いイメージをお持ちの方も多いかも知れませんが、きちんとルールを守ってやれば決して悪いことではありません。

ただ、転売をするのは赤字を掘るなどのデメリットもあります。

初心者の方が副業をするならまずは簡単なスマホdeマネーというサービスを使うのがおすすめ。

LINEだけで登録できますので、まだ登録しておきましょう!

\スマホだけの簡単副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

転売とは?

転売とは
転売とは「どこかで購入した商品を他の人に販売すること」です。

よくニュースなどで悪質な転売をしていることがピックアップされているのであまり良い印象をお持ちでない人も多いかも知れませんが、常識の範囲を超えないやり方をしていれば、決して悪いことではありません。

転売で収入を得るためには、安い値段で商品を購入し、その金額よりも高い値段で販売します。

また、限定品などを定価で購入し、多少のプレミア価格をつけて販売するという手法もあります。

仕入れはネット上でいくらでも探せますし、実店舗で購入することも可能です。

いずれにしても常識の範囲内にとどまる値段設定をすることが大切です。

転売の販売方法としてよく使われるのはネットのオークション、フリマアプリなどです。

自分の扱う商品や同じ商品を扱う競合相手が少ないところなど、自分にあったプラットフォームを選ぶとよいでしょう。

プロフィールはできるだけ細かく記載しておいたほうが、購入者の安心感を得ることができます。

転売と普通の販売の違いは?

転売と普通の販売の違い
これだけの説明だと普通の販売との違いがいまいちわかりづらいかもしれません。

スーパーなどの小売業者は、一般的な販売は商品を卸業者から購入したり、オリジナルの商品を開発して製品化したものを販売します。

一方、転売は上記のような小売業者やネット上のサイトやオークション、フリマアプリなどから購入した商品を販売します。

大きな違いはこのような商品の仕入れ方法によるものです。

今では多くの小売業もネット販売をしていますし、転売をするのにアルバイトを雇っている場合もあるので、販売方法にはあまり大きな違いはありません。

転売者の種類

転売者の種類
転売には仕入れのやり方は同じものの、取り扱う内容が違うなどで呼び方が違うものがあります。

では、どのような違いがあるのでしょうか。

せどり

せどりとは昔、中古本のタイトルを見て購入し、それを転売することから呼ばれるようになりました。

しかし、現在では中古本だけでなく、玩具やCDなどさまざまな中古品を取り扱うことを指します。

また、購入した商品を小売店に売ることを指す場合もあります。

転売には違いないのですが、新品を扱う場合は転売、中古品を扱う場合はせどりという違いがあると言えます。

せどりとは?の記事も合わせてご参考ください。

転売屋

転売屋はインターネット上で「転ヤー」などと表記されることが多いです。

この場合、多くは馬鹿にしている意味が含まれています。

なぜそのような意味が含まれているかというと、商品を法外な値段で販売したり、商品を買い占めるなどしているためです。

転ヤーのような行為をしていると、購入者から通報されたりプラットフォーム側からアカウント停止などのペナルティを受けます。

評判が落ちると購入者から安心感を得られないためなかなか商品を購入してもらえませんし、アカウント停止になると転売行為ができなくなってしまいます。

転ヤーと言われないためにも、常識から外れない良識ある転売をすることを心がけましょう。

ダフ屋

ダフ屋は入場券や観覧券などのチケット類を法外な値段で販売する転売屋のことです。

チケット類を転売目的で購入する行為や販売する行為は「迷惑防止条例」に違反した行為になります。

迷惑防止条例は各都道府県で懲罰が定められており、多くの場合は罰金刑になりますが、悪質とみなされる行為が続くと懲罰刑に課されることもあります。

また、チケットを購入したときに「自分で使う」のではなく「転売目的」として購入したことが販売元にばれた場合、詐欺罪として訴えられたという事例もあります。

転売をする場合、チケット類を取り扱うことは絶対にしてはいけません。

法律面が気になる方はスマホdeマネーなどの副業サービスを使うのがおすすめ。

まだ登録していない方は今のうちに登録しておきましょう。

\スマホだけの簡単副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

転売をするメリット5つ

転売をするメリット
転売が副業として人気なのは誰でも始めることができることや、そのメリットが高いからです。

では、どのようなメリットがあるのでしょうか。

考える力がつく

転売は商品を購入して売れば必ず収入が得られるわけではありません。

売れる商品はどんなものなのか、いくらで売れば買ってもらえるかをリサーチすることがとても重要です。

自分が好きな商品だから、という理由だけで商品を仕入れても売れないことが多いです。

季節や流行などその時に合ったものや、需要が多いものを仕入れることが大切です。

また、同じような商品を取り扱っているライバルも大勢います。

そのため、競合相手に負けないような販売方法を考えることも大切です。

ただ写真を載せて販売するだけでは売れないこともあります。

売り上げを上げるためには、商品の撮影の仕方、説明文の描き方などを考えることも必要です。

商品販売の基礎とも言える知識が自然と身についてきます。

仕入れの初期費用が比較的安価

販売するものは高いものがよいわけではありません。

例えば中古本など比較的安価に仕入れられる商品を扱っても十分利益を上げることが可能です。

リサーチするときに安価でよく販売されているものを探してみましょう。

その商品が売り切れなかったとしれもそれほど大きなリスクにもなりません。

最初のうちはメリットが大きくリスクの少ない安価な商品を取り扱うことをおすすめします。

特殊なスキルが要らない

転売は安い商品を購入して高く販売するだけのことです。

リサーチはインターネットが利用できれば誰でも調べることができます。

そのため、転売を始めるのに特別なスキルは必要ありません。

転売をしているうちにリサーチや販売方法、梱包方法などは自然と覚えることができます。

回転が早い

転売は売れる商品を調べて販売するわけですから、リサーチ方法を間違えない限り売れ残るリスクはとても少ないです。

そのため、商品を販売すると早ければ数時間後には売れています。

商品が早く売れればその分早く収入を得ることになります。

早く売れる商品を何度も扱っていけば、その分たくさんの収入を得られるわけです。

初めは収入が少なくても回転率の早い商品を取り扱うようにしたほうがよいでしょう。

結果が出るのが早い

副業にはさまざまなものがありますが、転売はその中でも収入を得られるスピードがとても早いです。

例えばアルバイトだと給料日になるまで待つ必要がありますし、クラウドソーシングなどのネットビジネスでも決まった日にならないと収入がありません。

しかし、転売は商品が売れたその時に収入が発生します。

早ければ商品を販売した数時間後です。

そのため、どんな副業よりも最短で収入を得ることができると言えるでしょう。

転売をするデメリット5つ

転売をするデメリット
転売にはメリットだけではなくデメリットも存在します。

転売を始める前にどのようなデメリットがあるのかを知っておくのも大切なことです。

デメリットを踏まえたうえで転売を始めましょう。

仕入れなど準備の手間がかかる

転売をするためには売る商品を仕入れなければいけません。

どんな商品を仕入れていくらで販売するのか、どこで商品を仕入れれば安く買えるのかを調べる必要があります。

実店舗で購入するのであれば、その場所に行く必要があります。

転売で商品を販売する場合、多くはネット上のオークションやフリマアプリなどですが、購入してもらうために写真を撮ったり、文章を考えなければいけません。

このように商品を転売するためには結構手間がかかるものなのです。

一人では大きく稼げない

転売は「仕入れ」「出品作業」「梱包」「発送」といった作業を全て行う必要があります。

そのため、1人でやるとかなりの時間と手間がかかってしまいます。

副業として大きく稼ぐのは難しいと言えるでしょう。

しかし、この手間を惜しむと転売の収入を得ることはできません。

大きく収入を得たいのであれば、アルバイトを雇うなど人手を増やすか、本業をやめるしかないかもしれません。

まずは一人でどのくらいの収入を得られるか、一人でやるとどのくらいの時間が必要になるのかなど、しばらくは様子を見てみるとよいでしょう。

梱包が面倒

実は商品の梱包作業というのは結構手間のかかるものです。

商品を購入していただいたお客様に送付するわけですから、ただ段ボールに詰めればよいわけではありません。

商品の大きさに見合った段ボールを探し、傷がつかないように緩衝材を入れ、できるだけきれいな状態の商品をお客様の手元に送ります。

慣れないうちはかなり時間がかかってしまうことも考えられます。

売れなければ在庫を抱える

売れる、と思って仕入れた商品であっても、必ず売れるとは限りません。

リサーチ時には売れていたものだとしても、出品してみないと売れるかどうかはわかりません。

かなり売れることもあれば、全く売れないことも考えられます。

そうなるとせっかく仕入れた商品であってもただの在庫になってしまいます。

そうならないためにも、最初のうちはあまり場所を取らないような大きさの商品を少量取り扱ったほうが良いかも知れません。

始めに大きく赤字を掘る

転売は先に商品を購入する必要がありますから、誰でも赤字からのスタートになります。

安いから、と大量に仕入れてしまうと、売れなかった場合に大きな赤字を抱えることになります。

そうならないために「無在庫転売」という販売できたら商品を仕入れて販売する方法もあります。

しかし、多くのプラットフォームでは無在庫転売を禁止しており、違反したらアカウント停止になることもあります。

無在庫転売はやらないほうがよいでしょう。

大きな赤字にならないためにも、高額な商品の取り扱いや多くの在庫を準備しないほうがよいでしょう。

元手が足りない方はスマホdeマネーなどの副業サービスを使ってまずは稼いでみるのがおすすめ。

まだ登録していない方は今のうちに登録しておきましょう!

\スマホだけの簡単副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

転売って違法なの?

転売は違法?

転売、という行為自体は違法ではありません。

しかし、場合によっては違法になることもあります。

どのようなことが違法になるかというと、

  • 古物商許可の取得がないのに中古品の転売をしている
  • チケット類の転売
  • 衛生マスクの転売
  • 酒類の転売

などです。

違法行為を行うと罰金刑や禁固刑に処される可能性があります。

また、刑事罰として起訴されなかったとしても、プラットフォーム上でアカウント停止といったペナルティを受ける可能性もあります。

せどりなど中古本や中古CDなどを転売するのであれば、古物商許可を取得しておきましょう。

古物商許可は法務局で書類を準備し、記入したら警察に提出するだけの簡単なもので、誰でも取得することが可能です。

自分のやろうとしている転売が違法行為に当たらないか、事前によく調べてから取り組むようにしましょう。

転売違法の記事もご参考ください。

転売よりもおすすめなネットビジネス

スマホdeマネー

転売は人気高い副業ですが、リサーチや販売、梱包、郵送など手間も時間もかかるものです。

また、収入は少し高くした値段の分になるので、大きな収入を得るためには同じ行為を何度も繰り返さなくてはいけません。

副業はできるだけ時間も手間もかからないものをやりたくはありませんか?

おすすめネットビジネスの記事でも解説していますが、一番のおすすめはスマホdeマネーです。

スマホdeマネーは副業の紹介をしてくれるサイトです。

しかも、副業の紹介料は一切かかりません。

スマホdeマネーが紹介してくれる副業はスマホ1台あればできるものばかりで、月収100万円かせぐこともできるものです。

スキルや経験なども一切必要ありませんので、初めて副業をやる、という方にもおすすめです。

スマホだけでなくタブレットやパソコンを使った仕事もあります。

スマホdeマネーを始めるためにはLINEで友だち登録をするだけです。

誰でも簡単にお金を稼ぐことができるので、ぜひ試してみてください。

\スマホだけの簡単副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

【まとめ】転売について

転売まとめ
転売は特別なスキルの必要がない、誰でも始めることができる副業です。

商品のリサーチ、商品の仕入れ、出品、梱包、郵送の繰り返しです。

コツをつかむことができれば、まとまった収入を得ることも可能な副業です。

しかし、手間や時間がある程度かかってしまうことは覚悟しておいたほうがよいでしょう。

転売を始める前に自分の家にある不用品をネットオークションやフリマアプリなどに出品してみることをおすすめします。

そうすることで商品の販売方法や梱包方法などを理解しておくことができます。

お手軽に副業をやりたいのであれば、スマホdeマネーを試してみるとよいでしょう。

\スマホだけの簡単副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*