【必見】せどりのよくある失敗例を紹介!先人の失敗から学ぼう!

【必見】せどりのよくある失敗例を紹介!先人の失敗から学ぼう!

せどりでの失敗って怖いな…

せどりでの失敗類型ってどんなものがあるのだろう…

せどりにチャレンジしてみたいけど中々一歩踏み出せない方の中には、こういったお悩みを抱えている方も多いです。

実際にせどりは、仕入れて売るという単純な作業のため、あなたがオーナーになれば大きく稼ぐポテンシャルを持つ事業性のある仕事です。

でも、いざチャレンジするとなると色々と失敗は知っておきたいところですよね。

そこで、今回の記事では、せどりで失敗する理由について解説しながら、失敗類型についてご紹介していきます。

この記事を読むと、せどりで成功するためには?も分かるので是非最後までご覧下さい。

この記事を読んで分かること

  • せどりで失敗する理由
  • せどりの失敗例7選
  • せどりで失敗しないための対処法
  • せどりでは失敗せずに稼ぐことができるのか
  • せどりよりも稼げるスマホ副業とは??

また、せどりをして失敗してしまった人は、当サイトがお勧めする副業サービスを利用してみましょう!

せどりよりも簡単かつ効率的にお金を稼ぐことができるので、せどりがだめでもこっちならしっかりと儲けることができます。

\副業のすすめ一押し!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

せどりで失敗する理由

せどりで失敗する理由 せどりで失敗する理由はたくさんありますが、特に多いのが計算の前提を間違えてしまい手数料負けをして赤字を出すということです。

また、プラットフォームによっては販売禁止商品などがあります。

例えばメルカリでは、下着を売る際には新品であるということが明確に分からなければ商品ページ取り消しもありえますよ。

高利益商品に限って細かい規約などが存在しており、利益額だけで考えてしまうと仕入れることはできたが、売ることが出来ないという状態に陥ってしまいます。

そして最後に、アマゾンやメルカリなどのプラットフォームで評価を落としてしまって全く売れなくなってしまうというパターンです。

この問題はあなた自身の落ち度であれば納得できますが、モンスターカスタマーや同業者潰しにあってしまう可能性も否めません。

実店舗で売るわけではなく、ネットでの販売となるため評価の面でマイナスがつくと売上に直結してしまいます。

あなた自身の問題ではなくても、こういった理由で撤退を余儀なくされることもあるので注意が必要ですよ。

せどりの失敗例7選

せどりの失敗例7選せどりで失敗する理由には様々なことがありますが、最もメジャーなのは以下の7点です。

  • 価格差にだけ着目してしまう
  • 空箱と実商品が違うものを仕入れてしまい失敗してしまう
  • 販売価格のミス
  • メルカリなどのプラット-フォームから仕入れたら内容と違った
  • 類似商品の発注ミス
  • 副業禁止なのにせどりをしてバレてしまった
  • アマゾンなどの案外高い手数料によって手数料負けしてしまった

この7つがもっともメジャーな失敗例として上げられています。

せどりは特に細かい計算を行って行かなくてはならず、料率の計算などで手数料負けをしてしまうこともあります。

多少の利益が乗ったとしても、手数料の関係でかなり安くでしか売れなかったということはたくさんありますよ。

では、早速細かく確認していきましょう。

せどりの正しいやり方については、こちらの記事で詳しく解説しているので合わせてご一読ください。

差額だけに注目して失敗

特にパソコンなどの利益率は低いが、仕入れ値と売値の差額が大きい商品は回転率が低いことが多いです。

例えば、三ヶ月に一回売れるというような感じですね。

逆に新品の消耗品などは回転率が早く一ヶ月に何回転もしてしまいます。

差額が大きいということは、それだけ消費者にとっても大きな買い物になることが多いので回転率が低いということです。

上手く三ヶ月で回転すればいいのですが、全ては消費者の判断に委ねられているため、こればかりは予測がつきません。

失敗すれば仕入れ値が高い商品を在庫として抱えてしまい、大きな負債となってしまいます。

空箱と実商品が違うものを仕入れて失敗

輸入転売でよくありがちなことですが、箱と中身が若干違っていて失敗してしまうパターンもあります。

これは、何も全てが異なっているわけではなく、アパレル関連であれば、服の模様が若干違っているという具合の間違いが一番多いです。

検品せずにこういった商品を、アマゾンなどのECサイトから転売してしまうと低評価を付けられてしまうため、メルカリなどで訳有商品として低額で売却することをおすすめします。

特に日本内で販売する場合には、写真と実物に若干の違いがあるとクレームの元となってしまい、返品の対象になってしまう可能性があり、かつ低評価対象となってしまう二重苦になってしまうので、仕入れでのミスはしっかりと自分で消化するようにしましょう。

絶対にあなたが詐欺商品を売ってはいけませんよ。

また、最近ではほとんどなくなりましたが、箱と中身が全く違う商品というものも販売されています。

日本国内のECサイトではほぼありえませんが、輸入転売を行う際にアリエクなどの海外ECサイトを使用すると起こり得る事象です。

こういった場合には英語などの他言語でのクレームを入れる他なく、信頼できる業者を探すことが第一優先となります。

国境を超えた紛争処理は、精神的にも肉体的にもきつい仕事になりかねないのでなるべく避けるようにしたいところです。

販売価格の設定をミスして失敗

意外と多いのが販売価格の設定ミスです。

初心者であればあるほど、値付けの相場観が養われておらず、利益が少し乗るぐらいの価格設定をしてしまいがちです。

でも、モノレートなどの波形を見ればもっと高い値段で売ることもできる商品だったことが後になってわかることが多くありますよ。

常に相場を見守ることは難しいですが、少しでも高い値段で売ることができれば、利益率がかなり異なってくるはずです。

また、そういった初心者が設定した値段は、玄人から見ると丸わかりで、商品がすぐに売れたと思ったら実は業者が買い取ってまた転売していたとなることもあります。

値段を高く付けすぎるといったことはあまり起きませんが、低く付けすぎて損をすることがあると念頭に置いておいて下さい。

メルカリで仕入れたら商品に落書きがあり失敗

日本国内での仕入れ先として、CtoCプラットフォームであるメルカリを利用して仕入れするという方法があります。

こういったプラットフォームを利用すれば、市場に出回っていないような低価格で商品を仕入れることが可能です。

それもそのはずで、メルカリを使用しているユーザー層はせどりという言葉を知らない人もたくさんいるからなんです。

市場調査も行わずに、適当な値付けが行われている商品も多く仕入先としてよく利用するせどらーもいます。

ただ、一点注意が必要なことが、商品の取り扱いをしている人間も素人ということです。

例えば、仕入れた商品に落書きなどがされていたらたまったものではありません。

そういった商品を騙して売るということも往々にしてあるのが、メルカリのようなCtoCプラットフォームであるという点に注意しましょう。

こういった場合の対処法としては、返品処理をするか事務局に問い合わせが効果的です。

返品に快く応じてくれるユーザーであればいいのですが、基本的に落書きがされた商品を平気で売るユーザーはゴネる可能性が高いです。

ゴネる相手との交渉ほど骨折り損になることはないので、事務局に紛争の仲裁を依頼した方が早いです。

これからメルカリを使おうと考えているあなたは、メルカリの口コミや評価をまとめた記事もあるので、必ず合わせてご一読ください。

類似商品を大量に仕入れ発送ミスをして失敗

こちらも輸入転売、特にタオバオなどを使ったBtoBプラットフォームでの大量発注を行った際に起こりがちなことです。

類似商品を大量に仕入れてしまい、少しのデザインの差で違う商品を売ろうとすると発送ミスは意外と簡単に起こってしまいます。

先ほどもお話したように、日本の消費者の目はかなり厳しく宣材写真と少し違っただけでもクレームのもととなってしまいます。

一つ二つの発送ミスであれば、なんとか対応もできますが、それが数百件ともなると対処の仕様がありません。

クレーム処理に忙殺されてしまい、発送業務などの大事な業務でさえ手薄になってしまうと、更にクレームの対応に追われるといった負のスパイラルに陥ってしまいますよ。

発送ミスは事前に確認することでたいてい防ぐことができるものばかりなので、事前チェックを抜かりなく行うようにしてください。

副業禁止の会社にせどりがバレて失敗

続いてせどりが好調故に起こってしまいがちなのが、副業の会社バレです。

これが起こってしまうと、会社側とひと悶着がありあなたの精神的ストレスが高まります。

副業禁止の会社は昨今ではかなり少なくなってきましたが、それでも本業よりも稼ぎが良ければ必ず何かしらのバッシングを受けてしまうでしょう。

どういった経緯で会社バレをするかというと、住民税です。

せどりの副業は大抵の場合、雑所得としてカウントされ、年間で20万円以下であれば確定申告は不要です。

ただし、住民税の届け出は市町村に対して行わなければならず20万円以下という制限はありません。

つまり、稼いだ額を全て申告しなければならないということです。

住民税は6月に納付額の告知が各自治体から届き、会社の経理部、もしくは社長がチェックを行います。

このときに、現在の給料水準よりも高い金額が出ていたら、『こいつ副業をやっているな』となるわけです。

確かに稼ぐことは悪いことではありませんが、それを快く思わない会社もあるのも事実です。

せどりを始める前に規定を確認して、上司に確認を取ることを徹底すれば回避できることなので必ず実践してみてくださいね。

案外高い手数料を考慮せず失敗

そして最後に、冒頭部分でお話しましたが、案外高い手数料を考慮せずに仕入れを行ってしまい、手数料負けで失敗してしまうことが多いです。

アマゾンや楽天といったプラットフォームは、そこに商品が置いてあるだけで、かなりの人数に見てもらえるサービスを展開しているため、手数料は思っている以上に高いことに気をつけましょう。

逆にメルカリなどは一律売上高の10%程度と決まっており、算定しやすいことが特徴ですよ。

品目毎に体系の違う手数料が適用されるため、できるだけ扱う商品は特化して売る方が損益分岐を計算する上で楽です。

初心者のうちはこういった扱う商品を特化した方が失敗も少ないですが、成長してきたらリスクヘッジのためにも取り扱い商品の多角化をしていった方がいいということは留意しておいて下さい。

せどりで失敗しないための対処法

せどりで失敗しないための対処法せどりで失敗しないための対処法は以下の2点です。

  1. 細かい規約まできちんと確認し尽くすこと
  2. 儲かりそうな商品には裏があることを知ること

まず1点目では、プラットフォームを利用する際には事前に規約をきちんと確認しておいて下さい。

特に手数料体系はかなり細分化される傾向にあり、きちんと抑えておかないと『売れば売るほど損になる』状態が待っています。

また、儲かりそうな商品には裏があると疑ってかかりましょう。

例えば、仕入れ値が以上に安い商品であったりですね。

こういった商品は結局アマゾンで売れなかったりしてしまいます。

一息に大量発注してしまうと、大量の捌けない在庫になる可能性もありますよ。

せどりは失敗せずに稼げるの?

せどりは失敗せずに稼げるの?せどりは失敗を積み重ねて、あなたの経験にしていく事業性のある仕事です。

先ほど解説したように、利益を見積もったり、販売価格を常に考えたりと意外と休む暇はありません。

こういった失敗すればあなたの痛手になるようなものと戦っていかなければいけないので、収入は青天井となりますが、最初期のスキルを貯める時期は厳しいものがありますよ。

でも、せどりで経験を貯める間にできる高収入が期待できる副業もあるので、リスクヘッジの意味も込めて両方に挑戦して欲しいところです。

せどりで稼ぐ方法は此方の記事で詳しく解説しているので合わせてご一読ください。

せどりよりもおすすめのスマホ副業

せどりよりも、おすすめのスマホ副業の記事でも紹介している、当サイトがおすすめする副業サービスを利用したほうが実際にもっと稼ぐことができます。

せどりのように、利益計算や難しい規約の読解などは必要ありません。

しかも、スマホ一つで高額報酬が期待できます。

これ一本でも十分な稼ぎをえることができますが、『どうしてもせどりもやりたい!』という方は繰り返しになりますが、リスクヘッジの意味も込めて両方にチャレンジしてみて下さい。

せどりは仕入れにかなりのお金を投じないといけないため、安定的なキャッシュフローを生み出せるこれらの副業はかなりおすすめですよ!

\副業のすすめ一押し!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

せどりの失敗まとめ

せどりで失敗まとめ今回の記事では、せどりの失敗例について解説しその対処法についてもお話してきました。

せどりでは、様々な規約を見ながら、利益計算をしつつ儲かる商材を常に探さなければいけません。

ただ、収入は青天井に伸びるポテンシャルを持つ事業でもあるため、きちんと対策を考えチャレンジしていってくださいね。

最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

繰り返しにはなりますが、せどりに失敗してしまったという人は、当サイトがお勧めする副業を試してみるのはいかがでしょうか。

\副業のすすめ一押し!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*