せどりで儲かるリストの作成方法を紹介!これを見れば儲けがグッと上がる!

せどりで儲かるリストの作成方法を紹介!これを見れば儲けがグッと上がる!

せどりをビジネスとして行っている人には、商品のリストを作って管理し、儲けを出している人も多くいます。

しかしまだリストを作成したことがない、もしくはリストの必要性を感じてこれから作ろうか考えている人にとっては、「商品リストって少し時代遅れ?」「商品リストの作り方は?」など沢山のことが気になるはずです。

そこでこの記事では、せどりの商品リストについてお話をしていきます。

この記事を読んで分かること
  • 「せどりの儲かる商品リスト」の必要性
  • 公開されているせどりリストは使えるか
  • せどりリストの作り方とコツ
  • せどりリストを作れば儲かるか
  • せどりよりもおすすめな副業3選

結論から紹介すると、確かにせどりの儲かる商品リストは作成すべきですが、インターネット上に転がっているリストをそのまま使うのは、おすすめしません。

儲かるせどりリスト作成は自分で行うべきですが、今からせどりを始めるのはあまりおすすめできません。

理由として、せどりを行う人は年々増えており、市場自体が飽和状態にあります。

もし今から副業を始めるのであれば、セレクトのような、ほとんど競合がいな稼げる副業を始めましょう。

セレクトのようなスマホ副業は、自分の好きな時間好きな場所でお金を稼ぐことができるので今話題の副業なんです。

少しでも興味があるあなたは、一度公式HPを確認してみてはいかがでしょうか?

\知識がなくても稼げる!/

セレクトに
今すぐ登録する!

せどりの儲かる商品リストは作るべき?

せどりの儲かる商品リストは作るべき?

まず、どりの儲かる商品リストを作るべきかどうかということであれば、答えは「作るべき」であると言えます。

作業の効率化のためにリストの作成は非常に効果的であり、事業の規模が大きくなるにつれてその重要性は高まっていくでしょう。

しかし事業規模が小さい場合には、話が変わってきます。

特に売上が月1~5万円の場合、リストをつくるメリットは無いと言えるでしょう。

リストとは作業を効率化させるために利用するものであり、作ることそのものに意味がある訳ではありません。

特に月5万円以下の売上の場合には、まず収益を上げることを何より意識するべきです。

売り上げが増えていけば自然と扱う商品も増えていくものであり、そうなった時に始めてリストを作って効率化を目指していきましょう。

また、「最初からリストの作成方法に慣れておきたい」と考えることもあると思いますが、こちらも本来の趣旨からするともったいない行動と言えます。

まず売り上げを出すという経験をすることが重要であり、徐々に規模を拡大していく中で必要になった際にリストの作成に取り組めば良いのです。

そもそもせどりのやり方がわからないあなたは、こちらの記事で詳しく解説しているので合わせてご一読ください。

公開されているせどりリストは使えるの?

公開されているせどりリストは使えるの?

よく転売関係のビジネスサイトやメルマガなどで「稼げるリスト」といってせどりリストが無料公開されていたり、商材として販売されていることがあります。

しかしこれらの公開されているせどりリストは情報も古く、また既に多くの人が見ているため情報に価値がないことがほとんどです。

ライバルの多くが既に使っている情報であり、既に市場が飽和状態となっている場合も多いため使うべきでないと言わざるを得ません。

また、リストを作成している側からしても、本当に「儲かる商品」であれば他人に教えたくないと考えるのが自然です。

結果として本当に売れるリストを作ることはまず考えにくく、「それなりの商品」が掲載されたものになります。

仮に儲かる商品のリストを作ったとしてもすぐにライバルが乗り出してしまい、結果として「儲からないリスト」となってしまうでしょう。

やはりせどりリストは自分で経験した結果から作り出していくのがベストと言えます。

せどりのリストの作り方・コツ

せどりのリストの作り方・コツ

ここからは、せどりのリストを作る方法とコツについて説明します。

ビジネスの成功には基本を押さえた行動が大切ですので、一つずつ確認していきましょう。

中古品のみで構成する

作成したリストを長く使用していくためには、中古品のみでリストを構成するのが効果的です。

新商品でリストを作った方が、トレンドに乗って大きく儲けることが出来ると感じるかもしれません。

新商品であれば大きく売れている商品もありますし、人気で品薄になっているような商品が定価で仕入れられる場所が見つかれば、仕入れの難易度も低くなります。

しかしこの場合、「沢山売れる」というのも「仕入れやすい」というのも原因には「新商品であること」が関係している訳です。

時期が過ぎれば、売れない、仕入れにくい商品になってしまうでしょう。

その点、中古品で売れているということは、長年にわたって評価され人気のある商品であるということです。

そういった商品でリストを構成できれば、長年更新せずに利用し続けられる、将来性のあるリストとすることができます。

過去に大きく利益が出たものを含める

リスト作成のコツには、過去に大きく利益が出たものを含めることも挙げられます。

せどりをするうえで、全く扱ったことのない新しい商品を仕入れることはやはり勇気が要ることです。

その点、自分が扱ってきた中で売り上げを多く出した商品であれば、安心して仕入れることができます。

さらに商品をメルカリやラクマ、ヤフオクなどでまだ売れているかどうかを調べれば、再度仕入れをするべきかどうかの判断も付きやすくなるのです。

そうしてリストに入れた商品がまた売れることで、自分の中で計算できるせどりのリストが徐々に仕上がっていきます

こういった行動の積み重ねが自分の経験値となり資産となり、せどりの成功率を上げていくことにもつながるのです。

商品情報は詳細まで記入する

過去の経験を活かすという意味では、リストに記載する商品情報は詳細まで記入することが大切です。

商品名や仕入れ価格、販売価格だけでなく、実際に売れた価格なども記載するようにしましょう。

また、JANコードと呼ばれる13ケタの数字からなる製品コードも控えておくべきです。

製品コードを見比べるだけで本物か否かを判断することが出来るため、製品が届いた際の検品にかかる時間を短縮することにつながります。

価格変動状況をモノレートで調べる際にも、JANコードを入れるだけで良いので便利です。

さらに現在では、Amazonに出品する際のコードであるASINを記録しておくことも大切といえます

ASINをリストに記入しておけば、後で一括商品登録ツールを使用する時にも仕入れリストからコピーするだけで済み、手間を省くことにつながるのです。

そして、先ほど話をした通り過去に売れた商品をリピートすることも大切ですから、商品の販売商況などもリストに記入するようにしましょう。

リストは複数作る

先ほどお話しした通り、中古品のリストを作ることで、長い間安定した収益が見込める優秀なリストとすることができます。

しかしもちろん新品を扱ってはいけないという訳ではなく、今後大きな収益が見込める商品が中にはあるかもしれません。

大切なのはこういった商品の性質を理解したうえでリストを作成することなのです。

そのため、リストを作る際には複数、新製品と中古品とに分けて作成するようにしましょう。

リスク分散の観点からも経験値の観点からも、複数のリストを作ることは合理的であると言えます。

新品と中古品を分けることで、商品の需要を把握することもより簡単になるでしょう。

また、市場によっても商品の売れ行きは異なります。

そのため、よく使うAmazonやメルカリなど、市場ごとにリストを作成し分けることも大切です。

市場や商品性質などによって複数のリストを作成することで、市場分析にも深みが出てくるでしょう。

リストは更新し続ける

リストは「一度作ったらそれで終わり」というものではなく、更新し続けることがとても大切です。

中古品リストのように長期的に安定して稼げるリストを作ることは確かに大切ですし理想的でもありますが、同じ商品でも月日の経過とともに販売状況には変化が生じます。

常に新しい商品や市場状況をチェックして販売経験を重ね、自分独自のせどりリストを更新していくのが大切なのです。

また、上手に利用できるせどりリストを作ることができたのであれば、次には事業拡大のために外注スタッフの利用も検討していくべきでしょう。

商品の仕入れと販売の仕組みさえある程度作ることが出来れば、作業自体は別の人に依頼することで、自分で自由に使える時間を生み出すことができます

そうして作り出した時間を別のビジネスや勉強に充てることが出来れば、さらに大きなビジネスや収入のチャンスにも巡り合えるかもしれません。

せどりはリストを作れば儲かる?

せどりはリストを作れば儲かる?

せどりリストを作るにあたって、作り方やコツを理解することはとても大切です。

しかし先ほどお話しした通り、せどりリストはあくまでも作業効率向上のためのツールに過ぎません。

せどりリストを作ったからといって必ずしも儲かるという訳ではありませんので、作成に当たっては必ず念頭においておきましょう。

実際には多くのライバルが日々研究と実践を繰り返しており、自分が売れると感じた商品やジャンルはライバルにも気づかれていることが多々あります。

そのため、ストを作れたとしても思うように稼げないことがほとんどと考えておくのが無難なのです。

販売の経験を積む中で正しいリスト作成方法を体得し、研究と実践を繰り返していきましょう。

沢山のトライ&エラーを繰り返しいくことで、せどりリストはあなただけの特別な資産となるのです。

せどりよりもおすすめなスマホ副業3選

せどりよりもおすすめな副業3選

せどりはビジネスを学ぶという意味でもとてもおすすめできる副業なのですが、相当な時間と労力がかかるというのも事実です。

特に本業と並行して行うのであれば、なるべく時間に融通が利く副業を選択しなければ時間的にも体力的にも参ってしまいかねません。

そこでここからは、副業としてせどりよりもさらにおすすめなビジネスを3つに厳選して紹介します。

おすすめのスマホ副業をたくさん紹介している記事もあるので合わせてご一読ください。

セレクト

セレクト

セレクトは、スマホだけで稼げる副業を紹介するサービスとして大変人気です。

スキマ時間に取り組める副業や、ガッツリと時間をとって取り組む副業など、様々な副業の中から自分自身に最適な副業を紹介してくれます。

「スマホ1台・1日5分をお金に換える」とのフレーズの通り、スマホを使って空いている時間に作業をすることも可能です。

また、それだけでなく下記の通り様々な目標を持った人にもおすすめできるサービスです。

  • 副収入で5万~10万円あれば十分
  • 本業に負けず劣らず50万円稼ぎたい
  • 最低でも100万円以上稼ぎたい

スキルや経験、知識も一切不要であり、スマホかパソコンがあればどなたでも取り組むことができます。

公式サイトからLINE登録をするだけで始めることができ、人数限定の特別レクチャーなども随時行っているため、副業を検討している人はまず始めてしまうことがおすすめです。

\知識がなくても稼げる!/

セレクトに
今すぐ登録する!

副業BLOG

副業BLOG

時間に融通が利く副業スタイルとしては、副業BLOGもとてもおすすめできます。

副業BLOGはは特別なスキルや知識は一切不要で、ノルマもなしで副業に取り組むことが可能です。

子育て中でも通勤中でも、自宅でまったりくつろぎながらでも取り組める副業を紹介してくれます。

好きな時間に作業をするだけで300万円を稼ぐことも十分に可能なビジネスも紹介してもらえるため、「ちょっと稼ぎたい」と言う人はもちろん「バッチリ稼ぎたい!」と言う人にもおすすめです。

実際の利用者の声も、公式サイトに下記の通り寄せられています。

  • エルメスのバック購入
  • 高級車を購入
  • 15万円の臨時収入
  • 80万円あった借金を完済

先着順の特別無料レクチャーも実施しているため、登録を迷うくらいであれば早めに登録だけ済ませてしまった方が良いでしょう。

公式サイトからLINE登録するだけで、副業を始めることができます。

\副業のすすめ一押し!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

副業ガイド

副業ガイド

副業ガイドも、無料で最適な副業を紹介してくれるおすすめのサービスです。

  • 経験・知識不問
  • スキル不要
  • 初心者でもOK
  • 在宅でOK

上記の通り、どんな状況の方でも始められるような副業を多数そろえており、専門の担当者がそれぞれに適した副業を選んで紹介してくれます。

副業で成功するまでのサポートもバッチリしてくれるため、どなたでも安心してスタートすることが可能です。

公式サイトからLINE登録するだけで副業の紹介サービスを完全無料で受けることができますから、本業と副業の両立で悩んでいる人はすぐに始めてしまいましょう。

\副業選びに迷ったら!/

副業ガイドに
無料で登録する!

【まとめ】せどりにおけるリストについて

せどりにおけるリストは、業務効率化のために必須のツールです。

作成することそのものに意味がある訳ではなくあくまでも作業効率化が目的ですから、売り上げが5万円以下の場合は作成するまえにうりあげを上げていくことを優先しましょう。

せどりの商品リストの作り方やコツをしっかりと押さえて作成していけば、いずれはあなただけのとても貴重な資産となってくれることでしょう。

ただし、せどりはとても魅力的なビジネスではありますが、すぐに安定した収入を得ることは難しいですし、あまり時間をかけすぎると本業を圧迫することにもなりかねません。

そこで今回紹介したせどり以上におすすめのセレクトのようなスマホ副業を採り入れていただくことで、時間的にも経済的にもゆとりを保ちつつ副業をこなしていくことができるでしょう。

\知識がなくても稼げる!/

セレクトに
今すぐ登録する!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*