ソニーで副業解禁!メリット・デメリットとソニー社員向けの副業を紹介!

ソニーは日本で知らない人がいないとされる大企業で、プレイステーションやブラビアなど、多くの製品を生み出しています。

多くの人はソニーの製品を利用しているほど、ソニーは馴染みが深い大企業と言えるでしょう。

そんな大企業について注目していただきたいのが、ソニーの社員が副業できるかどうかです。

副業解禁が全国に拡大しているとはいえ、未だに副業禁止を誇示する企業は多く存在します。

ソニーも副業禁止を誇示している企業なのかと、不安を抱くソニー社員はたくさんいるでしょう。

ソニー社員だけでなく、これからソニーに入社する予定の人達に対し、ソニーで副業できるかどうかについて、解説していきます。

この記事を読むとわかること
  • ソニー社員が副業できるかどうか
  • ソニー社員が副業するメリット・デメリット
  • ソニー社員におすすめの副業


先に結論を書くと、ソニーでは副業が認められています。

そのため、出来るだけ稼ぎやすい副業に取り組み、収入を増やすのがおすすめです。

当サイト「副業のすすめ」が推奨する稼ぎやすいビジネスは下のサイトで紹介しているため、ぜひ参考にしてみてください。

\副業のすすめ一押し!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

ソニーで副業を行うことは可能なの?

ソニーで副業を行うことは可能なの?

ソニーで副業を行うことは可能です。

その根拠はこちらであります。

現在の仕事を継続したままで公募した仕事やプロジェクトに参画することにより、専門性・知見を幅広く活用し、社内ネットワーク拡大にも寄与する「キャリアプラス」という社員の社内“兼業/副業”を推進する制度など、従来の公募制度に新たな仕組みを加え大幅に拡充しています。

引用:ソニージャパン/社員のキャリア開発支援

キャリアプラスという制度を根拠に、ソニー社員は副業を認められているのです。

契約社員や正社員など、社員の身分に関係ありません。

ただし、ソニー社員が副業を行うときは、申請して副業の許可を取らなければならないのです。

無許可で副業を行うと注意されるのですが、ひどい場合は降格や減給や解雇になる可能性もあります。

申請して許可が下りれば、ソニー社員は堂々と副業できるのです。

ソニー内での多様な働き方

ソニー内での多様な働き方

ソニー内で副業など多種多様な働き方が認められているのですが、どうして認められているのか、考えられる理由や根拠を主に3つ挙げました。

その3つの理由または根拠を次に挙げて、内容を解説していきます。

休職キャリアプラス

休職中でもキャリアアップできるように設けられた制度であるのが特徴であります。

実は休職キャリアプラスには、2種類があるのです。

育児や介護などの理由で休職しているソニー社員の場合は、テレワークの業務を周1~2回アセットする「休職キャリアプラス(テレワーク)」になります。

一方、自己学習のために休職しているソニー社員の場合は、研修費用を一部会社が負担し、休職中の自己学習を支援する「休職キャリアプラス(ラーニング)」もあるのです。

副業だけでなく、どのような働き方でも、ソニー社員は安心して働けるというわけであります。

テレワーク制度

テレワークを導入する企業が日本全国に広まっており、ソニーもその企業のひとつで、テレワークを導入しています。

もともとソニーはフレックスタイム制という、社員が勤務時間を決められる制度を導入しているなど、社員それぞれの働き方を受け入れているのです。

ちなみにテレワークとは、そのままの意味にすると「離れた所で働く」となります。

働く場所が自宅であるのはもちろん、移動中や、テレワークに特化したサテライトオフィスなどの施設利用などが挙げられます。

多くは在宅勤務という形でテレワークを行っていると思われるソナー社員ですが、中には移動中にテレワークしたり、自宅だと不便だという理由でサテライトオフィスなどでテレワークを行う人もいるのです。

多様な社員を受け入れる

ソニーは多様性のある社員を受け入れている傾向が強いです。

グローバルに展開しているソニーですが、海外企業との競争を勝ち抜き続けるために、多様の社員を積極的に受け入れています。

多様の社員について、もう少し具体的に説明するために、以下にまとめました。

多様の社員とは

  • 女性管理職など女性活躍推進の取り組みと受け入れ
  • 障がい者の雇用
  • LGBT社員の雇用

「男は仕事、女は家庭」という昭和的な意識が今でも根強く、日本に残っています。

ソニーはその意識を全面的に否定するかのように、女性を管理職に登用するようになってきました。

障がい者の雇用やLGBT社員の雇用の受け入れも、ソニーによる多様性受け入れの方針のひとつです。

多様の社員を受け入れることで、通常では目に見えない部分が見えてくるようになっていきます。

その目に見えない部分が、ソニーの業績拡大の要因となるでしょう。

ソニーで副業を行うメリット

ソニーで副業を行うメリット

ソニー社員が副業を行うメリットは、スキルを活かして収入を得られるのと、自由な働き方のサポートをソニーがしてくれることにあります。

この2点のメリットを次に挙げて、内容を詳しく解説していきます。

スキルを活かして収入を得る事ができる

ソニー社員が副業するということは、本業とは他に副業の収入を得ることを意味します。

ソニー社員が持つスキルを活かせる副業が数多くあるので、そういったスキルが求められる副業を行うと、収入を得やすくなるのです。

もちろん、スキル外の副業を選んでも問題ありません。

業種やスキルとは全く関係ない副業を行うことで、視野を広げられるでしょう。

スキルを活かして収入を得られるだけでなく、視野が広げられるなど、副業を行うだけで様々なメリットが得られるのです。

副業に必要なスキルなこちらの記事でたくさん紹介しているので合わせてご一読ください。

自由な働き方のサポートをしてくれる

ソニーは副業を認めているだけでなく、副業している社員をソニーはサポートしてくれます。

「キャリアプラス」という独自の制度を基に、ソニーは副業する社員のサポートを行っています。

従来の副業は、企業が認めているとはいえ、何があっても自己責任であるのが普通です。

本業の時間に追われて、なかなか副業できないという人は、スマホを利用した副業がおすすめであります。

まとまった時間が取れなくても、通勤時間などの隙間時間に副業できるでしょう。

\副業のすすめ一押し!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

ソニーで副業を行うデメリット

ソニーで副業を行うデメリット

逆にソニー社員が副業を行うデメリットは主に2つあります。

そのデメリットを次に挙げて、解説していきます。

本業に影響が出ることも

ソニー社員が副業するのは悪いことではありませんが、副業の内容によっては、本業に影響が出る可能性があります。

主にどういった影響が出るのかについて、以下にまとめました。

副業すると本業に与える影響

  • 労働時間が増える
  • 労災の対象外
  • 確定申告が必要(年間収入20万円未満なら申告不要)
  • 自己責任

本業に携わっている人は、勤務後や休日に副業を行うのがほとんどです。

副業を行うということは、その分の労働時間が増えることを意味します。

労働時間が増えると、満足に休息を取る時間を取れなくなります。

その結果、集中力低下や寝不足などで、本業に悪影響を及ぼす可能性が出てくるのです。

労災についても、対象外になると考えてください。

ソニーなど会社の命令で副業を行っている社員であれば労災が出る可能性は高いかもしれませんが、自分の意思で副業を行っている身なので、労災は対象外になります。

確定申告についても、これは義務なので確定申告を行わなければなりません。

しかし、年間の収入が20万円未満だった場合、確定申告は不要となります。

自分の判断で副業を行っているので、いくらソニーのサポートがあるとはいえ、副業は自己責任であると考えましょう。

就業規則の範囲内でしかできない

いくら副業が認められているとはいえ、就業規則の範囲内に限定されます。

就業規則の範囲外で副業を行うと、ソニー社員に対する処分が下される可能性がありますし、ソニーという会社自体もリスクがあるのです。

具体的にどのようなリスクがあるのかと言いますと、企業機密の漏洩にあります。

企業機密の漏洩は、会社の業績悪化につながるだけでなく、信用問題にもつながるのです。

ソニー社員が就業規則の範囲内で副業することが無難でかつ堅実的であります。

ソニー社員におすすめの副業

ソニー社員におすすめの副業

ソニー社員が持つスキルを活かせる副業はたくさんあるのですが、なるべく稼ぎやすい副業を選びたいのが本音でしょう。

実は、稼げる見込みがあるおすすめの副業が主に3つあります。

その3つのおすすめの副業に特別な知識やスキルは基本的に必要ありません。

加えて、本業顔負けの収入を得られることを目指せる可能性も、紹介する副業の中に秘めています

そこで、ソニー社員に向けて、おすすめの副業を3つ紹介いたします。

おすすめの稼げる副業はこちらの記事でたくさん紹介しているので合わせてご一読ください。

スマホ副業

副業BLOG

数多くある副業の中で、こちらの副業サイトの利用がおすすめです。

なぜおすすめなのかと言いますと、スマホひとつでかつ作業時間5分程度だけで、月収100万円以上が目指せることにあります。

作業内容は、LINEに登録し、その副業サイトから送られる情報を基に操作するだけです。

特別な知識やスキルは必要なく、登録料は無料となります。

短期間で月収100万円以上は目指せるのが、大きな魅力です。

\副業のすすめ一押し!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

ブログ

ブログ

ブログを副業にしている人はたくさんいるのですが、ブログそのものを本業にしているという人も中にはいます。

ブログで収入を得る方法は主に2つ、アフィリエイトとGoogleアドセンスです。

どちらも自身が運営するブログに広告を貼り付けて広告収入を得る仕組みであります。

アフィリエイトは、ひとつのジャンルに特化したブログサイトに向いており、比較的稼ぎやすいです。

Googleアドセンスの場合は、クリック報酬型広告なので雑記ブログに向いていますが、人気が出ないと稼げないのが難点であります。

効率良く稼ぐためにはWordPressの利用がおすすめですが、ロリポップ!など格安レンタルサーバーでもWordPressに特化したサービスを提供しているので、そういったレンタルサーバーの利用が堅実的です。

WordPressの設定がわからない場合は、WordPressの設定代行を行っている業者を利用しましょう。

料金は安いとは言えないのですが、クオリティの高いWordPressの構築ができるなら、コスパは高いと言えます。

どのくらい稼げるかはその人次第ですが、中には月収100万円以上を稼ぐという人もいるので、夢がある副業と言っても過言ではないでしょう。

\簡単にサイトを作れる!/

WordPlusを
今すぐ確認する!

WEBライター

WEBライター

インターネット上に記事を書いて掲載し、報酬を得るのが、WEBライターの主な仕事です。

WEBライターになる方法は多くあるのですが、未経験の場合だと、クラウドワークスなどクラウドソーシングの利用をおすすめします。

クラウドソーシングでライティングの案件が募集されているのですが、未経験者でも応募できるような案件も数多くあるのです。

書いた分だけ稼げるので、多く稼ぎたい場合は、多くの記事を書くことが求められます。

【まとめ】ソニーでも副業を行うことはできる

【まとめ】ソニーでも副業を行うことはできる

ソニー社員は副業できますが、ソニーに申請して通らないと副業できないというデメリットがあります。

無断で副業してしまうと注意はされますが、最悪の場合は降格または解雇になってしまう可能性もあるのです。

しかし、ソニーはキャリアアップという独自の制度を基に、副業している社員のサポートを行っています。

ソニー社員はソニーのサポートを受けながら副業を行えるというわけです。

ソニーの副業に関してはこちらの副業オタクの記事でも、詳しく解説しているので合わせてご一読ください。

そのような環境の中で副業をするときも、やはり稼ぎやすいビジネスを選ぶべきです。

当サイト「副業のすすめ」が推奨する稼ぎやすいビジネスは下のサイトでまとめているので、ぜひチェックしてみてください。

\副業のすすめ一押し!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*