Webライターの始め方を優しく解説!未経験でも簡単に稼げる!

Webライターの始め方を優しく解説!未経験でも簡単に稼げる!

最近、Webライターに興味を持ち始めている人が増えてきたように思えます。

文章を書くだけでお金が貰えるので、確かに誰でもできるように思えるかもしれません。

そこで、今回はWebライターの始め方や、どれくらい稼げるのかについて紹介させて頂きます。

この記事を読むと分かること

・Webライターの仕事内容

・Webライターの始め方

・Webライターはどれくらい稼げるのか

・Webライターより稼げる副業

結論から言いますと、Webライターはそこまで稼ぐことができません。

その理由は、初心者のうちは評価や実績が低い為、あまり採用されることがないからです。

更に、仮に採用されても足元を見られて低単価で仕事を依頼されることが多いです。

なので、今すぐ稼げる副業を始めたいのであれば、Webライターではなく副業のすすめ一押しのスマホ副業を始めた方が良いでしょう。

副業のすすめ一押しのスマホ副業であれば、始めてすぐでも20万以上を目指すことが可能です。

特に必要な知識や経験もないので、気になる方は是非副業のすすめ一押しのスマホ副業を紹介しているサイトがあるのでご確認ください。

\副業のすすめ一押し!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

そもそもWebライターの仕事内容とは?

そもそもWebライターの仕事内容とは

Webライターは、ブログやサイトのようなWeb媒体に掲載する記事を執筆することがお仕事です。

文章を書ける能力があれば、比較的誰でもできる職業なので、副業としておこなっている方が多い印象がありますね。

Webライターには、主に2種類のタイプが居ます。

1つ目は、自分自身が運営しているメディアの記事を書くことです。

自分が伝えたいことや好きなことが書けるので、趣味としておこなっている人も多いですね。

また、納期なども存在していない為、自分のペースでまったりと執筆することができます。

その代わり、自分の文章によって結果が全て決まるので、それなりの知識がないと厳しいでしょう。

そしてもう1つのタイプが、依頼された内容を執筆することです。

企業や個人から来た依頼に対して、依頼人が伝えたいこと、求めていることを汲み取り、文章にすることが主な役目です。

Webライターの大半はこのタイプに分類されます。

例えば、ゲーム攻略サイトを運営しているメディアから、「〇〇というゲームの××ダンジョンの攻略記事を書いてくれ」と頼まれた場合

実際にそのゲームをプレイしてみたり、SNSや他のサイトで情報を集めて、自分なりにまとめてから記事にします。

このように、その人の依頼に沿わなければならないので、自分の好きな記事を書くことはできません。

しかし、確実な報酬を得られる為、Webライターとしてしっかりと稼いでいきたいのであれば、人から依頼されるWebライターを目指しましょう。

Webライターは経験がなくても始められる?

Webライターは経験がなくても始められる?

Webライターは、執筆の経験がないとできないイメージを持っている方がいるかもしれません。

ですが、実際はそんなことはありません。

それなりに文章が書ける人であれば、全くの初心者でもライターとして活動することができます。

フリーライターとして活動している人の大半は、独学でライターを始めた人ばかりです。

他の職業のように、経験を積んでからライティング業界に入ってきている人の方が少数派でしょう。

ただ、採用側はライターの実績を見て判断してくるので、最初は仕事を取るのに苦労をするかもしれません。

ライティング界では、文字単価が収入の指標となっており、1文字あたり0.1円~3円くらいが一般ライターの相場です。

その中でも、0.1円~0.5円くらいの間であれば、初心者でも採用されることがありますので、まずは低単価で経験を積むと良いでしょう。

低単価で数ヶ月くらい経験を積むと、ある程度の実績もできてきますので、採用される確率も格段に上がります。

Webライターの始め方

Webライターの始め方

経験がなくてもWebライターを始められると分かったところで、早速Webライターの始め方を伝授していきたいと思います。

事前に準備するものはほとんどありませんので、他の副業と比べて簡単に始めることができるでしょう。

それでは、順を追って説明していきますね。

クラウドソーシングサイトに登録する

まずはクラウドソーシングサイトに登録するところから始めましょう。

クラウドソーシングとは、企業と個人をつなぐマッチングサービスです。

個人としてWebライターを始めるのであれば、一番手っ取り早く仕事を受けれるのがクラウドソーシングなのです。

他にもツイッターで案件を募集したり、企業に直接自分を売り込む人も存在していますが、最も成功確率が高いのはクラウドソーシングでしょう。

また、クラウドソーシングであれば、クラウドソーシングの運営会社が仲介してくれるので、トラブルが起こる可能性も低いです。

サイトを仲介せずに個人で仕事を受けてしまうと、報酬が支払われずに逃げられてしまったり、契約内容と違うことになるといった問題が多発してしまいます。

そのようなリスクは出来る限り避けておきたいので、みなさんも最初はクラウドソーシングで仕事を請け負うようにしましょう。

案件を受ける

クラウドソーシングに登録したら、早速案件を受けてみましょう。

クラウドソーシングサイトを見てみると、”〇〇の記事を書いてくれる人募集”といった案件が無数に存在しているので、その中で自分に合いそうな案件に応募します。

評価が低いうちは、なかなか採用されることもありませんので、いろんなところに同時に応募しておくと素早く仕事を得られます。

なお、応募をする際に、自分のプロフィールやアピールポイントを説明すると、より採用される確率が上がるでしょう。

特に実績のない場合は、その応募時の文章を見て採用の判断をされることが多い為、非常に丁寧な分で応募をすると意外と採用されたりするのです。

自分が採用側になったとして、この人ならば信用できるだろうと思わせられるような文章で応募をするように心がけると良いですね。

また、文字単価が低い案件であれば、比較的採用されやすくなります。

最初からガッツリ稼ぎにいくのではなく、まずは実績と経験を貯めることを目的として仕事をしていきましょう。

記事を納品する

無事に採用されたら、次は記事を納品していくことになります。

採用後は、クライアントとメッセージのやり取りをすることができるようになるので、そこでどのような記事を書いたら良いのか、何を目的としているのかを確認しましょう。

事前に確認をしておかないと、記事を書き終わったあとにイメージと違うと言われて書き直さなければいけないこともあります。

しっかりと確認が取れたら、実際に記事を書いていきます。

この時、WordPressに直接執筆するタイプワードで執筆して納品するタイプ、メモ帳に執筆して納品するタイプの3つが主な納品方法になります。

メモ帳は最初から備え付けられている機能なので問題ないかと思いますが、ワードは有料なので持っていない方はブラウザ版の無料のものを利用しましょう。

WordPressは初めての場合だと、やや困惑することがあるかと思います。

特に文字の装飾や、リンクの貼り付けなど基本的な操作は、事前にネットで調べておかないと手間取るでしょう。

もし分からないことがある場合、そのまま納品するのではなく、ネットで調べて解決する癖をつけてください。

そして、記事を納品した後に、問題点や修正点がなければ報酬を受け取って契約遂行となります。

Webライターを始めて稼げる金額

始めて稼げる金額

みなさんが一番気になるのはWebライターで稼げる金額ですね。

Webライターの場合、初心者・中級者・上級者で単価がかなり変わってきます。

なので、順番に説明をしていきましょう。

まずは初心者の場合ですが、始めたばかりだと文字単価0.5円程度が現実的なラインになります。

さらに採用確率も非常に低いので、常に仕事がある状況にはならないでしょう。

そう考えると、月3万円程度が初心者における目安になってきます。

そして、1年~2年以上ライターを続けて中級者になると、文字単価が1円程度になってきます。

この頃になると、自分の売り方次第では常に仕事を受けられる状況になるので、比較的楽に月10万円程度を達成することができるでしょう。

更にそこから経験を積んで、SEO対策などを意識できるようになってくると文字単価2円以上の仕事も舞い込んできます。

このクラスになると、月に20万円程度を稼ぐことも夢ではありません。

ただ、いくら年数を積んでも、人を惹きつける文章やSEO対策ができない人もいますので、上級クラスになれるのは一握りでしょう。

Webライターを始める際の注意点

始める際の注意点

Webライターを始める際に注意しなければいけない点がいくつかあります。

どれもWebライターからすると基本中の基本ですが、恐らく今から始めようとしている方は知らないと思いますので、今回はその注意点を紹介していきます。

初心者だからといって超低単価の案件には申し込まない

Webライター初心者にありがちな行動が、超低単価の案件に申し込んでしまうことです。

“初めてだから自信が無いし、まずは安い案件に応募しよう…。”

そんな弱みに付け込んで、超低単価でライターを募集している案件が沢山存在しているのです。

このような案件を受けてしまうと、時間を浪費してしまうだけではなく、”ライターって全然稼げないじゃん!”と感じて辞めてしまうきっかけになるので、絶対に引き受けないようにしましょう。

尚、超低単価な案件というのは、おおよそ文字単価0.2円以下の案件を示します。

文字単価が0.2円を下回ってしまうと、時給換算しても200円いくかどうかの大変非効率な労働になってしまいます。

特にありがちなのが、最初は0.2円だけれど頑張り次第では文字単価を上げるといった募集です。

本当に文字単価を上げてくれるクライアントも居ますが、大抵の場合は口先だけでライターを使い捨てする気満々なことが多いので気を付けてください。

なので、最低でも文字単価0.3円~0.5円を目安に、案件を引き受けるようにしましょう。

簡単に始められる分辞めやすいが、稼ぎたいなら継続する

Webライターは簡単に始められる一方で、三日坊主で終わる可能性が非常に高いです。

特に始めたばかりの頃は稼げない為、どうしてもモチベーションが上がらないのです。

Webライターとして本格的に稼げるようになるのは、1年以上経験や実績を積んでからになりますので、稼ぎたいのであればそれまで辛抱して継続するようにしてください。

Webライターよりも始めやすいネットビジネス

始めやすいネットビジネス

Webライターも始めやすい方ではありますが、更に始めやすく稼げる副業が世の中には存在しています。

特に今はスマホが主流になってきているので、パソコンで稼ぐよりもスマホで副業をした方が稼げる時代になってきているのです。

そこで最近話題になっているのが、おすすめのネットビジネスの記事でも紹介している、副業のすすめ一押しのスマホ副業と呼ばれる副業紹介サービスです。

この副業のすすめ一押しのスマホ副業は、堅実な副業サービスなので、初心者が副業をするのであれば是非利用した方が良いでしょう。

ここで紹介して貰える副業は、Webライターと違って始めたばかりでもかなりの額を稼ぐことができます。

月3万~10万なんて枠には収まらず、うまくいけば20万~50万を叩き出すことも不可能ではありません。

始め方も、アプリに登録するだけと非常に簡単なので、Webライターから副業のすすめ一押しのスマホ副業に切り替えるユーザーもいるほどです。

\副業のすすめ一押し!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

Webライターの始め方まとめ

Webライターの始め方まとめ

今回はWebライターについてまとめさせていただきました。

Webライターは、経験を積むとある程度稼げる副業ではありますが、初心者の場合だとなかなか案件を獲得することができません。

仮に案件を獲得できたとしても文字単価が低い可能性が高く、最初の1年くらいは思うように稼げないでしょう。

そんなWebライターを始めるくらいであれば、始めたばかりでもすぐに稼ぐことができる副業のすすめ一押しのスマホ副業を始めた方が賢明です。

副業のすすめ一押しのスマホ副業であれば、特に経験や知識が無くとも簡単に収入を得ることができます。

しかも、アプリに登録するだけでその日から始められるので、大変お手軽です。

副業のすすめ一押しのスマホ副業、是非みなさんも始めてみてください。

\副業のすすめ一押し!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*