データサイエンティストとして副業できる?仕事内容や必須スキルを解説!

データサイエンティストとして副業できる?仕事内容や必須スキルを解説!

「データサイエンス」「データサイエンティスト」という言葉、これはビジネスパーソンでなければ聞き馴染みが無いかも知れません。

データサイエンスとは数字の根拠を持った上であらゆるデータを活かし、社会や企業の課題を解決するアプローチです。

それを職業としている方をデータサイエンティストと言います。

この記事は、そんなデータサイエンティストを副業ですることのメリットデメリットを中心に紹介しています。

この記事を読んでわかること
・データサイエンティストとは?
・データサイエンティストは副業になるのか?
・データサイエンティストを副業にするメリットとデメリット
・データサイエンティストになるための必須スキル
・データサイエンティストを副業としてする方法

「何だか難しそうな気がする…」

このような感想を持ってしまっている方もいるかも知れません。

もしくは、もっと簡単にできそうな副業を探している人もいるでしょう。

そんな方には、まずはスマホで完結する副業を紹介します。

スマホdeマネーはスマホやタブレットがあればできる、比較的簡単な副業を紹介してくれる無料サイトです。

\スマホだけの簡単副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

データサイエンティストとは?

データサイエンティストとは?

データサイエンティストとは、統計学の知識、プログラミングの知識、そしてビジネス総合の知識を組み合わせ、データ分析をするプロのことです。

各企業がビッグデータに注目し、AIが発達している中で、企業から高い注目を集めている職業です。

しかし、「それなら早速データサイエンスの勉強をしよう」と考えるには少し早いかもしれません。

なぜならデータサイエンティストになるには、1つの知識を勉強するだけではなく、簡単になれる職業とは言えないからです。

もしあなたが簡単に始められる副業を探しているのであれば、スマホで完結するスマホdeマネーへの登録をおすすめします。

LINE登録は無料で副業案件を紹介してくれるサイトです。

\スマホだけの簡単副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

データサイエンティストは副業になる?

データサイエンティストは副業になる?

結論から言うと、データサイエンティストを副業ですることは可能です。

多くの企業がデータサイエンティストを求めています。

企業が求める人材であり、相場より安く仕事を受ける覚悟があれば、駆け出しのデータサイエンティストでも副業として仕事を受けられる可能性があります。

データ分析系の求人サイト「BIG DATE NAVI」には、フリーランス案件が多く掲載されていますので、自身のスキルに見合った求人があれば応募してみると良いでしょう。

高単価の求人も多いので、おすすめの求人サイトです。

データサイエンティストを副業にするメリット

副業にするメリット

データサイエンスの知識を武器に副業で活躍している人もいます。

ここではデータサイエンティストとして副業をするメリットを挙げていきます。

需要が高く求人数が多い

データサイエンティストという職業が注目されてきてはいるものの、世間的にはまだまだ特殊な職業と言えるでしょう。

AI時代に突入し多くの企業がビックデータに注目している中、データサイエンティストは貴重な存在です。

データサイエンティストの求人が多いというのは、求人サイトなどを見ると感じるかと思います。

一般的な業種より給料が高い求人も多く、中には週1回の拘束で月30万円を超える求人もあります。

競合が少ない

データサイエンティストは、企業が求めるほどの人材数に足りているとは言えず、現段階では希少な人材と言えます。

現在は需要と供給があっておらず、データサイエンスのスキルを身につけれれば、引く手数多の存在になりえるでしょう。

現状では参入の余地が大いにあると言えるため、データサイエンティストになりたいと考えているのであれば、いち早く勉強をスタートするのが良いでしょう。

データサイエンティストを副業にするデメリット

副業にするデメリット

今やデータサイエンティストに憧れ、勉強をしている方もいるかと思います。

しかし、データサイエンティストを副業にすることによるデメリットもあらかじめ把握しておきましょう。

ここではデータサイエンティストを目指すこと、もしくは副業にすることのデメリットに触れていきます。

スキルがないと始める事ができない

専門分野で特殊なスキルが必要とされるのがデータサイエンティストです。

企業はデータサイエンスのスペシャリストを求めています

課題を抱えていない企業など無いと言っても過言ではありません。

データサイエンティストは、その課題をロジカルに分析するスペシャリストです。

企業が求めているそのスキルがなければ、仕事を委託されることはないことは当然です。

スキルを身に着けられる副業についてはこちらの記事でたくさん紹介しているので合わせてご一読ください。

実務経験がないと案件を獲得し辛い

大企業であればあるほど、実績のあるデータサインティストを求めています

勉強をして知識を得ただけで、多くの仕事ができるとは限りません。

実績を積みステップアップしていくことは、他の業種と変わらないと言えるでしょう。

実務経験を積むことで、さらに大きな案件を依頼されたり、社員としてデータサイエンティストができる道も見えてきます。

まずはいただいた仕事を確実にこなしていき、実績を積んでいきましょう。

このように、簡単に大きく稼ぐというジャンルとは言えません。

片手間でできる副業案件もあるので、並行して進める方も多いです。

スマホdeマネーは副業を無料で紹介してくれるサイトなので、登録してみるのも良いでしょう。

\スマホだけの簡単副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

データサイエンティストを副業にするための必須スキル

データサイエンティストの必須スキル

データサイエンティストになりたいと考えた時、どのようなスキルを身につけるべきかご存知ですか?

ここではデータサイエンスを仕事にする必須スキルをシェアします。

Pythonなどのプログラミングの知識

Python(パイソン)とはプログラミング言語のことです。

知識がない人からすると、0から勉強するにはハードルが高いと思う人が多いかと思いますが、データサイエンスにはプログラミング言語の習得が必須です。

特にデータサイエンティストの世界では「Python」や「R」の知識が必要と考えられています。

どちらも書籍教材、Web教材がありますので、ここの知識はマストと考え勉強をしてください。

もしPythonができるなら、Pythonを使った副業について解説している記事もあるので合わせてご一読ください。

統計学の知見

データサイエンスには数学、特に統計学の知識が必要です。

統計学の資格には、統計検定があります。

データサイエンティストの求人条件に、統計検定の有資格者が必要としている企業もありますので、統計学の勉強にはおすすめです。

統計検定には4級から1級まであり、これを勉強することで基礎から学ぶことができます。

基本的なビジネススキル

データサイエンティストに必要なスキルとして、「ビジネス力」も挙げられます。

これはデータサイエンティスト協会も定めている必須スキルです。

ビジネス力とは何を指しているかわかりづらいかと思いますが、データサイエンティスト協会の公式HPに記述があります。

引用すると、ビジネス力とは「課題背景を理解した上で、ビジネス課題を整理し、解決する力」とあります。

データサイエンティストの副業の仕事内容

データサイエンティストの仕事内容

いざデータサイエンティストになった時、実務はどのようなものになるのか明確にイメージできない人もいるかもしれません。

また、副業でデータサイエンティストとして活躍している方はどのような業務になるのでしょうか?

具体的な仕事内容に迫っていきます

ツール作成

データサイエンスの知見を活かし、企業のデータ分析に貢献するツールを作成する仕事があります。

「データサイエンティストを雇用するまでもないが、お手軽にデータ分析ができるツールが欲しい」と考えている企業も多くあるでしょう。

そのような企業にツールを提供することは、大きな価値提供と言えます。

アプリ開発

データサイエンティストはプログラミング能力を備えているのが条件です。

統計学根拠を持ち、ある分野のビジネスの課題解決の力になるアプリ開発はどの企業も必要としています。

そのスキルを活かしてアプリ開発をするのも良いでしょう。

データ分析

データサイエンティストの仕事はデータ分析をすることと連想する人も多いでしょう。

ビッグデータと呼ばれる様々なシチュエーションの膨大なデータを分析して、企業の課題解決に繋げます。

そのデータは企業がより高度で最適な選択をすることの後押しになります。

データサイエンティストの副業を獲得する方法

副業を獲得する方法

副業としてデータサイエンティストの仕事を受けるためにはどうするべきでしょうか?

おすすめの3つの方法を紹介します。

クラウドソーシング

クラウドソーシングのサイトで検索することをおすすめします。

例えばクラウドソーシングで「データ 分析」などのキーワードで検索していきます。

多くの案件が出てきますので、副業でできる範囲の仕事に応募してみましょう。

受注に繋がり、そこで企業が満足する仕事ができれば、継続で依頼される可能性もあります。

当然のことながら、責任を持って仕事をしてください。

クラウドソーシングでの副業についてはこちらの記事で詳しく解説しているので合わせてご一読ください。

求人サイト

求人サイトでもデータサイエンスの求人情報は多くあります

検索すればわかりますが、とても待遇の良い求人も多いです。

副業としてできるかどうかは確認をする必要がありますが、それほど多くのデータサイエンティストが求められているということがわかります。

求人サイトの中でも「BIG DATE NAVI」というサイトは、データ分析に特化しているため、多くの案件が見つかります。

求人サイトで迷ったら、「BIG DATE NAVI」から探す事をおすすめします。

知人からの紹介

データサイエンスに限った話ではありませんが、知人からの紹介してもらえるのであれば、それは大きな近道になります。

特に最初の績がない状態では、なかなか企業に目をつけてもらえません

再現性があるかどうかは別ですが、可能であれば知人からの紹介はメリットしかないでしょう。

また雇用契約では無く単発の仕事の場合、そこで企業に認められる仕事をするのが良いです。

認められる事により、次の案件も依頼したくなるのは当然の事ですし、そこから紹介してもらうことにも繋がるかもしれません。

データサイエンティストの副業はおすすめ?

データサイエンティストの副業はおすすめ?

副業でデータサイエンティストというのは、なかなかイメージしづらいかも知れません。

データサイエンス専属の部署を設けている企業もある為、イメージが沸かないのもしょうがありません。

実際に副業としてデータサイエンティストをしている方はいます。

ここではデータサイエンティストを副業とするのはおすすめかどうかの説明をしていきます。

経験があればおすすめ

副業でデータサイエンティストして活躍することは、決して簡単なことではありません。

データサイエンスの、ある種特殊とも言えるスキルを持っていなければならないからです。

しかし、データサイエンスの知識を持ち、それを仕事としたという経験があることは大きなアドバンテージになります。

簡単では無いからこそデータサイエンティストが足りていない訳で、経験があるならば多いに活かすべきです。

データサイエンティストは、他の職種と比べ報酬が高い案件が多いので、経験を活かして稼いでください。

稼ぐだけならスマホ副業がおすすめ

データサイエンティストになるには、1つの知識だけではなく総合的な実力が必要です。

そのため、初めての副業としておすすめとは言い難いです。

「副業をやったことが無いけれど、副業で少しでも収入を増やしたい」という副業初心者の方には、まず簡単な副業から取り組むことをおすすめします。

おすすめの副業はこちらの記事でもまとめているので合わせてご一読ください。

スマホdeマネーは、スマホだけでできる副業を紹介するサイトです。

登録無料なので、まずはどのような副業があるのか、登録することをおすすめします。

\スマホだけの簡単副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

【まとめ】データサイエンティストの副業は難易度が高い

データサイエンティストは難易度が高い

データサイエンティストは、今企業が注目している職業です。

AIの発達により、この流れはまだ続くことが予想されています。

今のうちにデータサイエンスの勉強をすることは、時代の流れにも合っているし、スキルアップにも繋がるため、良い判断と言えるでしょう。

しかしデータサイエンスとしてのスキルを得るのは難しく、簡単に稼げる副業とは言えません。

データサイエンティストとして大きく稼ぐには、さらに難易度が高くなります

それを踏まえ、データサイエンティストを副業でするのかどうかの判断をしてください。

とにかく簡単に副業をやってみたいという方は、スマホだけでできる副業からスタートしてみるのが良いでしょう。

\スマホだけの簡単副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*