フリーランスとしての副業の始め方|メリット・デメリットとやり方を紹介!

フリーランスとしての副業の始め方|メリット・デメリットとやり方を紹介!

副業は、個人で行う場合はもちろん、企業に勤めている人が行う場合は企業にも個人にも双方にメリットがあることが魅力です。

副業をする側はスキルアップをしたり収入をあげられたり、企業にとっては優秀な人材に転職されるよりも副業をしてもらった方が良いといえるでしょう。

そこで、副業としてフリーランスをすることに関するメリットと、おすすめの副業について詳しく解説します。

フリーランスで副業を始めるならプチ起業というサービスを使って試してみるのがおすすめ。

LINEだけで登録できますので、ぜひ手軽に始めてみてください。

\話題沸騰中!/

プチ起業に
無料で登録する!

副業としてフリーランスをすることは可能なの?

フリーランス副業できるのか

会社勤めをしている人が、副業としてフリーランスになれるかどうかは、会社の就業規則によって異なります。

就業規則で副業そのものが禁止されている場合は、フリーランスで働けません。

しかし、会社の就業規則に明確な記載がない場合は、副業としてフリーランスをすることは十分に可能です。

副業でフリーランスをするメリット

フリーランスの副業のメリット

副業でフリーランスをした場合に、主に3つのメリットを得られます。

収入・お金が増える

副業というワードが一般的になる前から、副業=収入を上げられるということが大きなメリットでした。

特に、会社勤めをしていてもキャリアアップできず給料に不満がある場合は、副業をすれば毎月数万円以上の収入を得られる可能性があることがメリットです。

お金を増やす方法の記事もご参考ください。

スキルアップになる

会社勤めをしている場合、会社の規則や特定の仕事のやり方は身につくものの、他の会社のルールは身につきません。副業をすることで様々な人や企業と関わることにより、新しい知識や情報を得られます。

近年では転職することも珍しいことではなく、定年を迎えるまで1つの企業に勤めることが常識ではありません。

もしも、退職や転職をしなければならない場合に、他の企業で同じように仕事をするためにも、副業を通してコミュニケーションやビジネススキルを身につけてスキルアップすることで、どのような会社でも働きやすくなるでしょう。

スキルアップできる副業の記事もご参考ください。

独立できる

フリーランスとして働く人のなかには、将来独立をするために副業をするといったケースも多いです。

最初に副業で十分な収入を得られることが分かってから退職して独立した方が、退職をしてから独立の準備をするよりも 安全かつ安定した収入を得ることにつながります。

フリーランスでの仕事については「オンノフデザイン」というサイトで詳しく解説されておりますので、合わせてご参考ください。

副業でフリーランスをするデメリット

フリーランス副業のデメリット

副業でフリーランすをすることは、メリットだけではなくデメリットもあります。

デメリットと注意点を確認してから、フリーランスとしておすすめの職業をチェックしましょう。

本業がおろそかになる

会社員の場合、本業がメインであり副業はあくまでも空いた時間に行う作業です。

そのため、本業の就業時間を終えた後や休日に副業を行わなければなりません。

副業をしても問題はないとしている会社であっても、本業に支障が出ないように行うことが条件であるといった会社が多いでしょう。

時間の管理が難しくなる

副業する場合には、プライベートな時間を使って働く必要があります。

そのため、ストレスを発散したり体調管理をしたりと、本業だけで働いていた時よりも様々な面を意識しなければなりません。

副業を始めたために時間の管理ができず、体調を崩したり本業に集中できなかったりしないよう注意が必要です。

さらに、本業が忙しいという理由で、引き受けた副業を中断しないようにしましょう。

副業をする前のチェックポイント

  • 本業に集中できるか
  • 時間の管理ができるか
  • ライフスタイルを見直す

プチ起業などの副業サービスを使うことでスマホだけで手軽に始めることが可能です。

\話題沸騰中!/

プチ起業に
無料で登録する!

おすすめのフリーランスでの職業

フリーランスにおすすめの副業

フリーランスとして働くのに最適な職業について、職業とそれぞれの仕事の特徴を紹介します。

プログラマー

プログラマーとは、コンピュータープログラムワードを使用してプログラムを組み立てたり色々なソフトウェアやシステムを作成する業務です。

プログラマーが作るソフトウェアやシステムは、企業や家庭など色々な場所で利用されています。

基本的にはシステムエンジニアが仕様書を作り、仕様書を利用してプログラマーがプログラムを作成するという流れです。

詳細はプログラマーとしての副業の記事をご参考ください。

Webディレクター

Webディレクターとは、クライアントの方向性やイメージを掴み、全体像が理想に適した状態になるよう調整する仕事です。


Webディレクターの仕事内容

・クライアントと密にやり取りをする
・作成する現場に必要なスタッフの人数や予算を計算する
・予定を管理する
・ディレクションする際の指示
・クライアントへの報告


Webディレクターは全体を監督する仕事であるため、比較的高い報酬を得られます。

ライター

ライターは、インターネット上や雑誌に掲載する記事を作成して、コンテンツに応じた報酬をもらう仕事です。

フリーランスとして人気の職業であり、人口も増えつつあります。

フリーランスのライターになるためには、ライター専用のサイトに登録したうえで仕事を受注しなければなりません。

ライターの報酬は基本的に1文字○○円といった単価であることから、可能な限り単価が高い案件を受注することがポイントです。

フリーランスのライターとして様々なコンテンツを作成し、実績を積むことで、文字単価が高い案件を受注できるようになります。

ただし、フリーランスのライターが非常に増えていることから、どれほど会社で経験を積んでいたとしても、ライターとしての実績がなければ高額な案件を受注するのは困難です。

そのため、最初は単価が安い案件から数をこなし、実績を積む必要があります。

詳細はWebライターでの副業の記事をご参考ください。

動画編集者

映画やテレビゲームやWebなど、様々な動画を編集する仕事です。

ゲームやWeb作成の場合はCGを利用するケースが一般的であり、最新ソフトウェアを活用するスキルや知識が重要視されます。

ゲームやテレビのいずれの場合であっても動画の時間が決められているので、時間内の動画になるように編集をしなければなりません。

撮影された映像のどの部分を編集することで、クライアントが希望する動画が作成できるのかを検討するのも動画編集者の重要な仕事です。

Webデザイナー

Webデザイナーとは、Webディレクターの指示を受けてフレームワークを作ったり、部分的にパーツや素材を作成したりする仕事です。

Webデザイナーは、基本的にデザインをメインに作成する仕事であり、webディレクターと比較すると作業内容は少ないといえるでしょう。

詳細はデザインでの副業の記事をご参考ください。

フリーランスとして副業をした時の案件の探し方

フリーランス仕事の探し方

フリーランスとして仕事をしたい場合に、どのように仕事を探せば良いのでしょうか。

案件の探し方として、主に3つの方法を紹介します。

クラウドソーシング

クラウドソーシングは、インターネット上で仕事を探せるサービスです。


クラウドソーシングで探せる仕事
・記事の作成
・Webデザイン
・アプリ開発
・データ入力
・テープ起こし

非常に幅広い仕事の中から、自分に適した副業を探すことが可能です。

知識や経験がなかったとしても稼げる、テープ起こしやデータ入力といった仕事もあります。

ただし、副業初心者は案件を高単価の案件を受注するのは難しいことが特徴です。

基本的には、ある程度の知識や経験がある人向けの方法であると認識しておきましょう。

SNS

基本的に、Instagram やTwitterといったハッシュタグで検索できるSNSを使って探す方法が有効です。

しかし、注意点としてはクラウドソーシングといった仲介会社が間に入らない直接契約になるため、報酬の未払いなどのトラブルに巻き込まれる可能性があるほか、違法な副業を斡旋されるケースもあります。

しかし、インフルエンサーを通じて案件を紹介してもらえると可能性もあるので、優良業者と悪質な業者を見極められる人にとっては有効な方法です。

SNSで稼ぐ方法の記事もご参考ください。

友人

フリーランスとして働いている友人や、友人が勤めている会社で必要になった案件などを紹介してもらう方法があります。

友人相手であっても、あくまでもビジネスであることを忘れず、企画書や明細書、契約書といった書類を作成しましょう。

フリーランスとして副業するよりも稼ぐ方法

フリーランスで稼ぐ方法

フリーランスとして副業で稼ぐよりも、より効率良く高い収入を得られる方法を紹介します。

稼げる副業の記事と合わせてご参考ください。

プチ起業

プチ起業

本業を中心に稼ぎながら、余った時間を使って行える起業方法です。

プチ起業は登録が無料であり、登録した際には副業として稼ぐためのノウハウのコンテンツを受け取れます。

そのため、無料登録をしてプチ起業から配信される情報を確認してみましょう。

より詳しい情報を得たいのであれば、有料会員になる必要がありますが、最初の登録が無料であるためフリーランスとして本格的に副業をしたいのであれば登録してみる価値はあります。

\話題沸騰中!/

プチ起業に
無料で登録する!

スマホdeマネー

スマホdeマネー

スマホdeマネーは、スマートフォンを使って簡単に収入を得られるサービスです。

スマホdeマネーを利用している人のなかには、月収100万円以上を得ているケースもあります。

多くの人がスマートフォンを使って稼ぎますが、パソコンやタブレットでも作業できることがメリットです。

さらに、登録や利用は無料であるためランニングコストはかかりません。

まずはLINEでスマホdeマネーを友達追加しましょう。

インターネット上でも非常に高評価を得ている副業の方法であり、スピーディーに稼げる方法の1つです。

\スマホだけの簡単副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

クラムスクール

クラムスクール

クラムスクールとは、本業がある正社員や主婦、学生からも注目を集めているサービスです。

会社員がフリーランスで副業をする場合、本業が忙しいと十分な時間を確保できないケースも多いでしょう。

しかし、クラムスクールであれば、隙間時間を使って毎月数万円程度の報酬を得ることが可能です。

副業に十分な時間を割ける場合には、月20万円以の収入を得られることもあります。

\片手間で稼げる!/

クラムスクールを
今すぐ確認する!

Everyday

Everyday

フリーランスになったり副業をしたりといったことに興味はあるものの、十分な時間を確保できないという場合には、Everydayをする方法が有効です。

スマートフォンを持っていれば誰でも始められる副業として、人気を集めています。

通勤時間やランチタイム、帰宅後の空いた時間に報酬を得られるシステムです。

スマホを操作するだけで簡単に収入を得られることで人気を集めており、副業初心者であっても稼げます。

\即日稼げる!/

everydayを
今すぐ確認する!

副業ガイド

副業ガイド

副業には様々なジャンルがあり、どの副業が自分に適しているのか分からないという人も多いでしょう。

全ての副業をチェックすることは難しいですが、どのような副業があるのか、情報を収集したいという場合には、@副業ガイドに登録する方法がおすすめです。

複数の副業情報を案内してもらえるため、自分に適した副業を選んで働くだけで報酬を得られます。

利用が無料なので、LINEから会員登録をして詳細を確認してみましょう。

\副業選びに迷ったら!/

副業ガイドのLINE@に
無料で登録する!

フリーランスの副業に関するQ&A

フリーランス副業の疑問

フリーランスで副業をする際に注目したい確定申告や、おすすめの副業について紹介します。

確定申告は必要ですか?

会社員が給料をもらう場合、企業で源泉徴収を行うので確定申告は必要ありません。

ただし、源泉徴収をしていない場合や継続した収入がある場合には、確定申告をしなければならない可能性が高いです。

会社の本業がありながら隙間時間で副業をしたりフリーランスとして働いたりしているのであれば事業所得を得ていることになるため、確定申告をしなければなりません。

一般的に、副業をしている人は確定申告をしなければならないと認識しておくと良いでしょう。

しかし、確定申告は20万円というルールがあり、本業があり給料をもらっている人がフリーランスの副業をしている場いい、所得が20万円以下の場合は確定申告をしなくても問題はありません。

そのため、確定申告をしたくないという場合には、経費を差し引いて所得が20万円以下になるように調整するという方法もおすすめです。

一番稼ぐことができる副業は何ですか?

プチ起業であれば、アドバイザーに相談をしながら案件を決められるので、フリーランスとして副業したい人や本業がありながら副業を検討している人に最適です。

また、@副業ガイドは簡単なステップで登録をするだけで、自分にできる仕事を副業を検索できるサービスです。

いずれも非常に簡単な仕組みであり、誰でもこなせるような簡単な副業ばかりのため、経験やスキルは必要ありません。

副業のバリエーションも多いので、自分に適した仕事を見つけやすいことがメリットです。

登録は無料であり、自分が費用を支払うことはありません。公式サイトから詳細を確認してみましょう。

\副業選びに迷ったら!/

副業ガイドのLINE@に
無料で登録する!

【まとめ】フリーランスの副業

フリーランスの副業まとめ

起業はハードルが高く、自分にはできないと考えている人も多いでしょう。

しかし、自分のスキルや知識を活かしたり、物を販売したりといったプチ起業であれば誰でもできます。

税金を支払わなければならない20万円以上の所得を得るのであれば本格的な事業になるものの、20万円以下に抑えられるような収入はプチ起業と呼べるのです。

自分の実力次第で最も稼げる副業は、プチ起業だといえるでしょう。

近年では、会社勤めやアルバイトの他に、フリーランスで副業をしているケースも多いです。

おすすめの副業のなかから、特に人気のある@副業ガイドやプチ起業に会員登録をして、収入アップを目指しましょう。

\話題沸騰中!/

プチ起業に
無料で登録する!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*