REPO(ルポ)の評判・口コミは?仕組みや稼ぐコツを詳しく解説!

この記事では、REPO(ルポ)の良い評判や悪い評判、稼げるのかどうかについて徹底解説していきます。

「REPOって本当に稼げるの?」
「実際に利用してみた人の口コミを知りたい!」

このように考えている方へ向けた記事です。

当記事を読むことで、今後REPO(ルポ)を利用していくのかどうかをハッキリさせることができます。

REPO(ルポ)に少しでも興味のある人には役立つ内容なので、是非最後までご覧ください。

この記事を読んで分かること

  • REPO(ルポ)とは・仕組み
  • REPO(ルポ)の特徴
  • REPO(ルポ)の良い評判・口コミ
  • REPO(ルポ)の悪い評判・口コミ
  • REPO(ルポ)で稼ぐためのコツ
  • REPO(ルポ)を使う際の注意点

先に結論から言うと、REPO(ルポ)で稼いでいくことは非常に難しいです。

たしかにREPO(ルポ)は魅力的なサービスではありますが、報酬単価の低い案件が多いからです。

大きな金額を稼ぎ続けていくのは難しいので、ガッツリ稼いでいきたい方には向いていないサービスと言えるでしょう。

できるだけ大きく稼いでいきたいのであれば、他の副業を検討してみた方が手っ取り早いです。

今はREPO(ルポ)以外にも様々な副業がありますので、選ぶ副業によっては本業以上に稼いでいくことも決して難しくはありません。

当メディアがおすすめする副業については、こちらのサイトでまとめて紹介しています。

どれも無料、もしくは少ない資金で始められる副業ばかりなので、興味を持った方はこちらのページを1度チェックしてみてください。

\副業のすすめ一押し!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

REPO(ルポ)とは・仕組み

REPO(ルポ)とは・仕組み

まずは、REPO(ルポ)とは何なのか?ということについて解説していきます。

REPO(ルポ)とは、ライティングの案件に特化したクラウドソーシングサイトです。

そもそもクラウドソーシングとは、オンライン上で仕事のやり取りを行うことができるサービスですね。

「仕事を発注したい人」と「受注したい人を」マッチングしてくれるため、多くの企業やフリーランスが利用しています。

REPO(ルポ)では、オンライン上で簡単なライティングを行うことで、既定の報酬をゲットすることが可能です。

ライティング案件の中でも、説明文や体験談など、様々な形式で案件が募集されているため、自分にマッチした働き方ができます。

文章に自信がない方でも、長期的に案件をこなし続ければハイレベルなライティングスキルを習得することも可能です。

とはいえ、冒頭でも解説した通り、REPO(ルポ)で大きく稼いでいくのは非常に難しいです。

なぜなら、案件の報酬単価が低いためです。

稼いでいくためにはかなりの案件数をこなしていく必要があるため、作業スピードによっては「割に合わない仕事」になる可能性があります。

ガッツリ稼いでいきたいと思っているのであれば、ひとまず他の副業を検討した方が手っ取り早いでしょう。

当メディアがおすすめする副業についてはこちらのサイトでまとめて紹介しています。

スキルがなくても始められる副業が多くラインナップされていますので、気になる方は是非1度チェックしてみてください。

\副業のすすめ一押し!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

REPO(ルポ)の特徴

REPO(ルポ)の特徴

次に、REPO(ルポ)の特徴について解説していきます。

REPOはクラウドソーシングサイトですが、他のサービスとは異なる点が2つほどあります。

REPO(ルポ)の特徴

  • 簡単なライティング作業が多い
  • ライティングサポートが充実している

簡単なライティング作業が多い

REPO(ルポ)は、簡単なライティング作業が多いです。

高度なライティングスキルを必要としない案件がほとんどなので、文章力に自信がない方でも取り組みやすいでしょう。

募集されている案件の形式も様々で、「コラム執筆」や「独自の体験談」、「まとめサイト更新」などがあります。

文字数が少なめの案件も多い点も、クラウドソーシング初心者にとっては嬉しいところです。

ライティングサポートが充実している

REPO(ルポ)でライティング案件を受注した後は、必ず審査があります。

その審査で記事が承認されると報酬が受け取れる仕組みです。

もし、書いた記事が否認された場合でも、スタッフがライティングサポートしてくれるため、心配する必要はありません。

徹底的に初心者抜けに提供されているサービスということが分かりますね。

REPO(ルポ)の良い評判・口コミ

REPO(ルポ)の良い評判・口コミ

REPO(ルポ)の概要を一通り把握したところで、まずはこのサービスの良い評判・口コミを紹介していきます。

REPO(ルポ)を利用している人からは、以下のような良い評判・口コミが見られました。

REPO(ルポ)の良い評判・口コミ

  • 依頼者と直接やりとりしなくても良い
  • 初心者でも簡単

依頼者と直接やりとりしなくても良い

REPO(ルポ)は、他のクラウドソーシングサイトとは違い、クライアントと直接やり取りをする必要はありません。

そのため、人と話すのが苦手だったり、時間があまりとれないという人から好評でした。

サービスを利用しているとはいえ、クライアントとの直接的なやり取りは、トラブルに発展する可能性がゼロとは言えません。

その点、全てREPO(ルポ)の運営事務局とやり取りをおこなえるのはありがたいことですね。

初心者でも簡単

REPO(ルポ)は、ライティング初心者でも簡単に作業ができるという点が好評です。

過去に「承認された記事」と「非承認になってしまった記事」が実例として公開されているため、何がいけないのかを把握しやすいとのことでした。

また、テンプレートも用意されているので、「文章を1から書くのが苦手…」という人でも作業が捗りやすいです。

なお、REPOも含め未経験からWebライターになる方法については「未経験のWebライター」のページでまとめています。

REPO(ルポ)の悪い評判・口コミ

REPO(ルポ)の悪い評判・口コミ

次に、REPO(ルポ)の悪い評判・口コミを紹介していきます。

以下のような欠点を許容できない場合は、REPO(ルポ)の利用を控えた方が良いでしょう。

REPO(ルポ)の悪い評判・口コミ

  • 単価が低くて稼ぎにくい
  • スマホアプリがなくなった

単価が低くて稼ぎにくい

REPO(ルポ)の最大の欠点としては、案件の報酬単価が低い点です。

文字単価の相場が0.3円~0.4円なので、作業をこなしてもそれほど稼げないという声が目立ちました。

初心者には非常に易しいサービスですが、大きく稼いでいくためには向いていないサービスということですね。

ガッツリ稼ぐつもりなのであれば、ひとまず他の副業を探した方が手っ取り早いでしょう。

当メディアがおすすめする収益性の高い副業は、こちらのサイトでまとめて紹介しています。

無料で今すぐ始められる副業が揃っていますので、気になる方は是非1度チェックしてみてください。

スマホアプリがなくなった

REPO(ルポ)にはスマホアプリがありません。

そのため、REPO(ルポ)の運営側とのやり取りはブラウザ上で行うことになります。

ネットが繋がっていない環境ではやり取りができないため、少々不便だという声もチラホラ見受けられました。

REPO(ルポ)で稼ぐためのコツ

REPO(ルポ)で稼ぐためのコツ

では、REPO(ルポ)で稼いでく為には何をどうすれば良いのでしょうか?

ここでは、REPO(ルポ)で稼ぐためのコツについて解説していきます。

今後、本格的にREPO(ルポ)を利用していこうと思っている方は、是非参考にしてみてください。

REPO(ルポ)で稼ぐためのコツ

  • 多くの案件を受注する
  • タイピングを早くする
  • 他のサイトも併用して使う

なお、REPOも含めたWebライターの収入については「Webライターの収入」のページを参考にしていただけたらと思います。

多くの案件を受注する

REPO(ルポ)の案件は報酬単価が低いため、稼いでいくためには作業量をこなすしかありません。

運営側に承認される記事のクオリティを把握し、その基準を満たした記事を量産していくことが求められます。

書く内容のパターンによってテンプレなどを作成し、生産性を高めていくことが1つのコツです。

タイピングを早くする

単純な発想ですが、タイピング速度を速くするのも1つの手です。

やはり作業量をこなしていくためには、スピーディーにタイピングをこなしていかないといけません。

初心者のうちはなかなか早くタイプできませんので、1日10分程度時間をとって練習すると良いでしょう。

他のサイトも併用して使う

REPO(ルポ)に固執することなく、他のクラウドソーシングサイトを利用するのもありです。

「ランサーズ」や「クラウドワークス」といったサイトも利用すれば、報酬単価が高めの案件を受注できる可能性が上がります。

色んな経験を積んでいきたいという方は、他のサイトに登録してみると良いでしょう。

とはいえ、他のサイトに登録しても報酬単価の低い案件しか受注できなければ意味がありません。

その場合は、クラウドソーシングとは別の副業を探した方が賢明です。

例えば、こちらのサイトで紹介している副業であれば、スキルや知識がない人でも簡単に始めることができます。

REPO(ルポ)と同様、無料で登録できる副業を紹介していますので、興味を持った方は是非1度チェックしてみてください。

\副業のすすめ一押し!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

REPO(ルポ)を使う際の注意点

REPO(ルポ)を使う際の注意点

では、REPO(ルポ)を利用していく際には、どんなことに気を付ければ良いのでしょうか?

クラウドソーシングサイトを初めて利用する人は気になるところだと思います。

そこで、ここでは、REPO(ルポ)を使う際の注意点を2つ解説していきます。

今後、REPO(ルポ)で仕事を受注しようと思っている方は、是非参考にしてみてください。

REPO(ルポ)を使う際の注意点

  • 仕事内容をしっかりチェックする
  • 作業に必要なスキルを確認しておく

仕事内容をしっかりチェックする

気になる案件に応募する際は、仕事内容をしっかりチェックするように意識します。

仕事内容をチェックしていないと後にトラブルへ発展する可能性もあるからです。

なので、あらかじめ自分でもできる仕事なのかどうかを確認しておくようにしましょう。

作業に必要なスキルを確認しておく

気になる案件があった時は、詳細をよく確認して「必要なスキル」を把握しておくようにしてください。

必要とされるスキルを持っていない場合は、その仕事を円滑に進めていくことができないからです。

その場合は、次の案件を探す、もしくはそのスキルを身に付けるようにしましょう。

もし、REPO(ルポ)で自分にできそうな案件が見つからない場合は、こちらで紹介している副業がおすすめです。

無料で始められる副業をまとめて紹介していますので、是非1度チェックしてみてください。

\副業のすすめ一押し!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

【まとめ】REPO(ルポ)の評判・口コミ

【まとめ】REPO(ルポ)の評判・口コミ

この記事では、○REPO(ルポ)の良い評判や悪い評判、稼げるのかどうかについて詳しく解説してきました。

REPO(ルポ)は初心者でも簡単に始められる反面、「単価が低くて稼ぎにくい」「スマホアプリがない」といったデメリットがありましたね。

仮にREPO(ルポ)で仕事が見つかったとしても報酬単価が低いので、満足いく収入を得ることは難しいです。

なので、ガッツリ稼いでいきたいという方は、ひとまず他の副業を検討した方が良いでしょう。

当メディアがおすすめする副業については、おすすめのスマホ副業の記事や下記のサイトにてランキング形式で紹介しています。

こちらのサイトで紹介している副業は、スキルや知識、経験がなくても継続的に取り組むことができる副業ばかりです。

また、無料で登録できる副業が多くラインナップされていますので、初期費用などをかけずに始めることができます。

副業でお金を稼いでいきたいという方は、この機会に是非1度こちらのサイトをチェックしてみてください。

\副業のすすめ一押し!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*