【実録】Webライターの収入を公開!たくさん稼ぐコツも紹介!

【実録】Webライターの収入を公開!たくさん稼ぐコツも紹介!

Webライターの収入ってどうなってるの?

在宅副業で結構お手軽ときいているから稼げるから知りたい…

こんなお悩みはありませんか?

Webライターはネットで記事を書く仕事であり、ジャンルも色々と存在します。

あなたの得意分野を活かしてお手軽にWebでお金を稼ぎたいと思ってしまいますよね。

でも、実際にはWebライターがどういった収入を得ているのかというと結構分かりづらいものです。

そこで、今回の記事ではWebライターで活躍し、副業ベースで約20万円を得ている筆者が、Webライターの収入事情を赤裸々に解説していきます。

この記事を読んで分かること

  • Webライターが収入を得る仕組みについて
  • Webライターが稼げる収入の目安
  • Webライターが収入を上げるコツ
  • 実際にWebライターって稼げるの?
  • Webライターよりもおすすめもあります

結論から言うと、Webライターよりも「スマホdeマネー」の方がおすすめです。

手軽にしっかりと稼ぐことができるため、とても効率的にお金を稼ぐことができます。

興味がある方は、ぜひ登録を検討してみましょう!

\スマホだけの簡単副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

Webライターが収入を得る仕組み

Webライターが収入を得る仕組み
ほとんどのWebライターの方が、どの媒体に採用されるかの違いはありますが成果報酬型で働いています。

成果報酬型とは、時給ベースでお金が稼げるわけではなく、成果物、つまりここでは記事を納品し校了が終了した時点で報酬が発生します。

この収入を得る仕組みであれば、例えば1記事仕上げるのに1時間しかかからず、報酬が1万円となっていると時給換算で1万円になるということですね。

でも、逆に同じ報酬額で1記事仕上げるのに10時間かかってしまえば、時給換算では1,000円となってしまいます。

これがWebライターに共通する収入を得る仕組みです。

また、報酬体系には文字単価が採用されている場合が非常に多く、1文字0.1円〜天井なく上げることも可能です。

ただ、文字単価の上昇は専門性や属人性の高度化にもつながっており、文字単価が高い記事を誰もが書けるというわけではありません。

一番多い文字単価層は、0.1円〜2円までの幅で、3円以上になってくると法人のクライアントと長期に渡って継続的にお付き合いしている方が獲得していう印象です。

更に上の単価では、専門性はある程度必要ですが、それよりも知名度がモノを言う世界になってきます。

一部には時給制で働いている方もいますが、そういった方は会社から他の雑務も一任されている傾向もありますよ。

より専門性を活かしたいのであれば、成果報酬型の報酬体系を選ぶのが得策です。

今からWebライターになりたいあなたは、Webライターの始め方を解説した記事もあるので合わせてご一読ください。

Webライターが稼げる収入の目安Webライターが稼げる収入の目安

では一体Webライターが稼げる収入の目安はどれくらいになるのでしょうか。

結論としては、以下の通りになります。

  • 本業なら20万円〜30万円程度
  • 副業ベースであれば0万円〜50万円と幅広い

なぜ、本業の方が報酬額が限定されてしまうのかもここではしっかり解説していきます。

この項目を見ると、専業Webライターは意外と稼げない事実もわかりますよ。

ただ、副業Webライターの場合には、リスクをとって挑戦することができるので、一時的に収入を増やすことも可能です。

では、早速見ていきましょう。

本業でWebライターをやる場合の収入

本業でWebライターを行う場合の収入目安は20万円から30万円程度になります。

これは何故かというと、副業ではなく本業としてライスワーク的な案件をコンスタントに続けて行かなければならないからです。

本業でWebライターをやるとなると、常に案件を継続していなければ生活が苦しくなってしまいますからね。

Webライターを本業として、月に40万円以上稼ぐとなると、SNSなどを運用して一定の集客を見込める、もしくは有名になっている必要があります。

有名になればなるほど記事単価は上がっていきますが、誰でもできるという訳ではありません。

副業でWebライターをやる場合の収入

副業でWebライターを行う場合には、月々の報酬額にかなりの差があります。

副業ベースで行うため、難しい案件に挑戦することができることもあり、一時的に報酬額を引き上げることも可能です。

ただ、そういった案件は単発で終わることが多く、継続して記事を書いていくことができません。

例えば、文字単価2円であなたの専門性を十分に活かすことができ、時給換算5,000円を稼げる案件も存在しますが、こういったジャンルは一度書けばそれっきりということが非常に多いです。

クライアントとしても、頻繁にこういった仕事をWebライターに手配することが難しいのが実情です。

継続の依頼を受けたが結局全く音沙汰がないというのも日常茶飯事なんですね。

副業ベースのWebライターは、本業で頑張っている限り挑戦し続けることができるので、リスクをとって一時的にお金を得ることはできますが、継続しないのが実情です。

ときには全くWebライター案件がなく、今月の報酬額が0円ということも初心者の頃にはありがちなんですね。

専業のWebライターと比べると、リスクを取ることはできますが収入が安定しないことがネックになってきます。

Webライターが収入を上げるコツWebライターが収入を上げるコツ

Webライターが収入をあげるコツは以下の通りです。

  1. 文字単価を上げること
  2. 記事の執筆数をあげて総収入を増やすこと
  3. 外注化して、ディレクション側に回ること

一つずつ詳細に解説していきます。

まず、文字単価を上げることに関しては、以下のポイントに注力すると良いでしょう。

  • 提示される文字単価が高い案件に応募する
  • クライアントに文字単価アップの交渉を行う
  • 自分自身が有名になり、直接依頼されるようになる

文字単価の高い案件は比較的市場に出回ることが少ないので、クライアントと長期的継続して付き合い徐々に文字単価をあげて貰うことが一番再現性が高い方法です。

また、Twitterなどを利用して、直接依頼がかけられるようになれば比較的高単価のWebライティングを行うことも可能となりますよ。

ただ、繰り返しになりますが、有名になること自体が非常に難しいのであまり再現性が高くないのが実情です。

次に、記事の執筆数を上げる方法についてです。

これは非常に再現性が高い方法ですが、収入に天井がある点に注意が必要です。

案件を多数獲得することを前提に、記事執筆の時間を増やせば単純に売上増につながり収入アップにつながります。

記事作成に慣れてくると、0.5円程度の記事であれば音声入力などを駆使して、1,000文字を15分で書き上げることも可能なので、軽めの記事を大量受注することがおすすめですよ。

ただ、単純に通常のWebライティング活動時間以上の時間を掛けることになってしまうので、体力的問題と、1日に掛けられる時間の総量は24時間と決まっているため、収入を根本的に変えるためには、量ではなく質の改善が必要になってきますよ。

そして最後に、Webライターとディレクターを兼務することでグロスでの収入を増やすことができます

ここでのディレクターとは、あなたとは違うWebライターにあなたの案件を流して執筆してもらい、あなたが最終チェックをして、クライアントに納品する仕事を指します。

少し搦手ではありますが、副業や本業のWebライターで成功をおさめた方は、こちら側に回ることが多い印象です。

人に依頼しつつ、マージンを貰うことで、案件数数が増えれば増えるほど貰えるお金が増えていきます。

更に言うと、ディレクター側に回ることで、時間に余裕ができ更にあなた自身が高単価の案件に挑戦することもできるようになりますよ。

上手くいけば、この方法で事業化することもでき収入を青天井にすることも可能です。

ただ、そういった場合には当然リスクも伴うので要注意です。

Webライターは稼げるの?Webライターは稼げるの?

ここまでの解説でWebライターで豊かに暮らせるようになるためにはかなりの努力と運が必要になってくることが分かりました

実際のところ、Webライターの仕事は仕事を選ばなければ再現性が非常に高く、月5万円のお小遣い程度のお金を得ることは副業で可能です。

また、本業にしたとしても、1ヶ月を生きていくだけのお金を稼ぐ分にはまったく支障がないほど稼ぐことができるのも事実です。

ただ、繰り返しになりますが、世間一般で言うところの『豊か』に暮らすことができるかというとかなり疑問符がつくのではないでしょうか。

それもそのはずで、雑誌のライターと違いWebライターの仕事は個人からも発注されることが多く、あまり予算を掛けられない会社からも発注されることが多々あります。

予算がなければ、あなたがどれだけ努力をしたからといって単価に反映されることはほとんどありません。

だからこそ、Webライターだけで稼ごうとするのではなく、他の副業との掛け算で稼ぐことも重要になってくるんですね。

Webライターとの相性がいい副業というと、ブログやコンサルなどがあげられますが、これらはWebライターとは違い受託ではなく、自ら開発して行かなければならない商品やサービスとなってきます。

自分で開発するタイプの商品やサービスは世に出した瞬間には、まだ値付けがなされておらず、人々が妥当と思う価格でしか購入されることがありません。

更にあなたが無名であれば、信頼性が担保されず懐疑の声もあがってくることでしょう。

こういった副業はWebライターと兼務すると疲労度が増してしまうので、できるだけ避けたいところです。

そこで、次の項目では、副業のすすめがもっともおすすめする副業を2つに絞って解説しますので見逃さないで下さいね。

未経験でWebライターを始めるあなたは、こちらの記事も合わせてご一読ください。

Webライターよりもおすすめなネット副業Webライターよりもおすすめなネット副業

さて、最後の項目ではWebライターよりもおすすめなネット副業についてを解説していきます。

先ほどもお伝えしたとおり、Webライターは本業や副業をコレ一本で行って行こうと思うと、生活が豊かになるほどしっかりと稼ぐことは難しいです。

そのため、兼業でもWebライターより稼げる副業を行いつつ、より高収入を目指してもらいたいと考えここでは、副業のすすめがおすすめする『稼げる』ネット副業を解説していきます。

おすすめのネット副業は、こちらの記事でたくさん紹介しているので合わせてご一読ください。

スマホdeマネー

スマホdeマネー

『スマホdeマネー』は副業のすすめが一番おすすめするネット副業です。

『スマホdeマネー』では、誰でもできるスマホ副業を紹介してもらい、月収100万円が目指せるサービスとなっています。

Webライターを本業としている人や、その他の職業で働いている人の中には、『結局これだけのお金だと遊べない…』と思っている方も多くいらっしゃるでしょう。

現在の日本社会ではこういった会社が非常に多く、生きていくだけで精一杯ですよね。

でも、月に副収入が100万円もあれば基本的にほとんどの夢がかなってしまうんです。

こういった夢のようなサービスを、副業紹介という受託型のサービスで提供している『スマホdeマネー』は良質なサービスを提供していると言えるでしょう。

これから副業を始めたいと考えている方には必携のサービスです。

\スマホだけの簡単副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

セレクト

セレクト

スマホ1台で、1日たった5分の作業をお金に変えるサービスが『セレクト』です。

毎月の目標額をしっかりと決めて、始めは5万から10万の副業収入を得、しっかりと稼げることを実感したら、次は実際に100万円を目指すことをおすすめします。

知識や経験がなくても簡単に挑戦できる案件ばかりで、Webライティングの知識があるだけでスタートラインが全く違いますよ。

ただし、ノウハウが30名の限定公開となっており非常に募集人数が少ないのがたまに傷です。

今この記事を読んでいる内にももしかすると、参加者が増えているかもしれません…

気になった方はまずクリックして内容をご確認ください!

\知識がなくても稼げる!/

セレクトに
今すぐ登録する!

Webライターの収入まとめWebライターの収入まとめ

今回の記事ではWebライターの収入について色々な角度からお話してきました。

この記事では以下の内容について触れました。

  • Webライターが収入を得る仕組みについて
  • Webライターが稼げる収入の目安
  • Webライターが収入を上げるコツ
  • 実際にWebライターって稼げるの?

実際にはWebライターは再現性が高い副業・本業ではありますが、豊かにクラス収入を得るためには不満も残る職業でしたね。

もし、あなたがWebライターを考えているのであれば、より簡単に高収入を得られる副業をこの記事では紹介してきました。

この情報を見て一人でも多くの方が幸せを掴んでくれたら幸いです。

そして、Webライターをするよりも、「スマホdeマネー」の方がよりおすすめなので、こちらの登録をまず検討しましょう!

\スマホだけの簡単副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*